超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】「明日も明後日もずっと笑顔でありますように」 – 『温泉むすめ』発のアイドルグループ「SPRiNGS」2ndライブは「70億分の9の奇跡」の物語

2018/3/15


 全国各地の温泉をキャラクター化し、ライブ・イベントで日本中を盛り上げるプロジェクト『温泉むすめ』より誕生したグループ「SPRiNGS」の2ndライブ「NOW ON☆SENSATION!! Vol.2” 〜聖夜にワッチョイナ!!」が2017年12月24日(日)、なかのZERO 大ホールにて開催された。出演者は草津結衣奈役の高田憂希、箱根彩耶役の長江里加、秋保那菜子役の高橋花林、有馬輪花役の本宮佳奈、道後泉海役の篠田みなみ、登別綾瀬役の日岡なつみ、下呂美月役の遠藤ゆりか、有馬楓花役の桑原由気、奏・バーデン・由布院役の和多田美咲。

 超! アニメディアでは本イベント昼の部・夜の部についてレポート。夜の部では現9人で最後となったライブという点にフォーカスをあてて、聖夜のひとつの物語を紹介する。

(左から)道後泉海役の篠田みなみ、登別綾瀬役の日岡なつみ、有馬輪花役の本宮佳奈、秋保那菜子役の高橋花林、草津結衣奈役の高田憂希、箱根彩耶役の長江里加、下呂美月役の遠藤ゆりか、奏・バーデン・由布院役の和多田美咲、有馬楓花役の桑原由気

「SPRiNGS」のパフォーマンスの魅力を中心に記載した昼の部のレポートはこちら→https://cho-animedia.jp/event/40560/

みんな、大好き!

 夜の部のスタートは昼の部と同じく、「純情 -SAKURA-」から。9人それぞれがキャラクターの動きを意識したパフォーマンスで魅せた。その後の自己紹介では高田がお決まりの挨拶である「チョイナ!」と併せてライブの開幕を声高らかに宣言。それに呼応するが如くぽか旦那・ぽか女将も「チョイナ!」と返した。この時の歓声の量は昼の部の2倍にも、3倍にも大きくなっているように感じた。

 「この9人の最後の舞台を見届ける。最後まで楽しむ」という気迫と熱気が会場を包み込むなか、ライブは進行。昼の部と同じく「Ambition」、「SPRiNGS」グループ内ユニット・雪月花の「SILENT VOICES」、そして『温泉むすめ』の紹介と続いた後に披露されたのは「粉雪フレンズ」だ。昼の部ではアンコールまで温められていた本曲では、随所で9人がそれぞれのキャラクターになり切ったパフォーマンスをみせる。なかでもセクシーなポーズを取ることが多い綾瀬を体現していた日岡に思わず目を奪われた。

 続いて披露した「おんくり」では会場がクリスマスカラーのペンライトで一色に染まる。その様子を見て嬉しそうなメンバーたちの顔を見ているだけでほっこりした。

 ここで、昼の部同様に「クリスマス、何それおいしいの? 新しい楽曲を作ろう」と題した朗読劇が挟まれる。朗読劇では「Hop Step Jump!」が誕生するまでの秘話が描かれ、9人のキャラクター性、得意なこと、そしてSPRiNGSとはどういうグループなのかを凝縮したストーリーが繰り広げられた。なお、夜の部では昼の部にはなかった「ライブで実際に『Hop Step Jump!』を披露する」という後日談が追加される。後日談ではメンバーが結衣奈のことを信頼していること、それを受けた結衣奈が「みんな、大好き!」と応える一幕も。この「みんな」にはぽか旦那・ぽか女将も含まれている、それが分かるくらいに高田は「みんな」という言葉を強調し、何度も繰り返していた。

9人の奇跡の物語は1曲を残すのみ

 朗読劇の後は「SPRiNGS」のグループ内ユニット「しゃんぷーはっと」による「ロマンスの林檎」と「SPicA」による「おはようジャポニカ」、続けてこれまでの『温泉むすめ』の活動についての振り返り映像が流れる。

 そして、「私たちの飛躍の物語は続いていく」、その言葉と共に白を基調にした学生服風の衣装を着た9人が登場し、先ほどの朗読劇で完成秘話が語られた「Hop Step Jump!」を歌い上げた。本曲は「SPRiNGS」にとってメジャーデビューを飾る楽曲となったもの。「飛躍」をテーマに作られた本曲では間奏で一人一人のセリフが入るのだが、その言葉にはありったけの想いが込められていると感じた。

 いよいよライブも終盤。新衣装・朗読劇などについて振り返るMCを挟んだ後には「さよなら花火」、「青春サイダー」の2曲を歌唱した。「青春サイダー」はタオルを使って会場と一緒に9人も盛り上がる楽曲。コール&レスポンスも相まってボルテージも最高潮に達しつつある会場に、なんと9人がサイン付きタオルを投げ込む。応援してくれている方々への感謝、そして心からのサービスをする、「温泉むすめ」たちのおもてなしが会場を一層沸かせた。

 ゲーム『温泉むすめ ゆのはなこれくしょん』が2018年初夏にリリースされること、2018年5月19日(土)にかつしかシンフォニーヒルズ・モーツァルトホールにて、『温泉むすめ』3rdライブの開催が決定し、「SPRiNGS」のほか他ユニットも参戦することなどの告知が行われた後には、「SPRiNGS」の始まりの楽曲である「未来イマジネーション」を9人が熱唱。温泉への想いが込められた曲を感慨深そうに歌い上げた。歌唱後に舞台袖へとはけていく9人。しかし、アンコールの声が鳴りやまない。まだあの曲を聴いていないのだから。

明日も明後日も、ずっと笑顔でありますように

 「アンコール」の歓声が響いた後、再び「SPRiNGS」が舞台へと登場。新衣装について触れた後には、遠藤がこの日で「温泉むすめ」の表舞台に立つのが最後になることの発表が改めて行われた。高田が粛々とそのことについての言葉を述べた後には、駆け付けたぽか旦那・ぽか女将から寄せられたメッセージが遠藤に贈られる。サプライズに驚く遠藤には続けて、スタッフ・キャスト陣から花束もプレゼントされた。これらの温かいサプライズに対して遠藤は「ありがとう!」と何度も繰り返した。

 そして、ライブはいよいよフィナーレの瞬間を迎える。この時、この瞬間に歌う曲は一つしか思い浮かばない。9人が出会えた奇跡、そしてこのコンテンツと出会えたことへの奇跡を想いにのせて、9人が歌い上げたのは「70億分の9の奇跡」だ。曲が始まるとどうしても涙を抑えきれないメンバーがいるなか、桑原は笑顔を浮かべ、むしろ他のメンバーを支えていた。彼女はこれまでのライブなどで感極まり涙することが多かった。しかし、これだけ様々な想いがこもった特別な空間で彼女は笑顔だったのだ。そういった姿からは「9人で歌う最後のこの歌は笑顔で!」という意志をハッキリと感じられ、感動以外の言葉が見つからなかった。

 ほかのメンバーも想いをかみしめて歌い上げ、ぽか旦那・ぽか女将もこれ以上ないほどのレスポンスで応える。この時、この瞬間でしか成立しなかった奇跡の歌がコンテンツの歩みを象徴しており、涙せずにいられなかった。

 そんな中、曲が終わると同時にスライドに映されていたのは下呂美月が花束を持ち、「ゆりしぃありがとう」と書かれたイラスト。このサプライズに再び驚き、感極まる遠藤だったが、最後まで笑顔は絶やさないようにしていた。アンコールで登場した後、遠藤は「下呂美月ちゃんはこれからも舞台に立ち続けます」と応えていた。きっと彼女は、最後の瞬間まで下呂美月が舞台で歌っているということを大切にしたかったのだろう。彼女の一つ一つの行動、言葉には惜しみない拍手と「ありがとう!」という感謝の言葉が送られた。

 大切で、かけがえのない時間もいよいよ終幕の時間。最後は9人それぞれが思い思いの言葉を述べていく。堪えていた涙を流し遠藤への感謝の言葉と併せて「寂しい」「けど誇りに思っている」と言葉にした桑原、遠藤への想いと併せてぽか旦那・ぽか女将への感謝の気持ちも述べた和多田、遠藤がいなくなることへのショックを素直に言葉にしつつも最後は前向きに頑張るという決意を言葉にした長江、「この瞬間を忘れないでほしい」という強いメッセージを残した高橋、寂しさを隠し切れないながらも必死に遠藤への感謝とライブが楽しかったことを伝える本宮、「温かさを感じた」「この瞬間を大切にしたい」「私たちが『温泉むすめ』を更に盛り上げていくことがゆりしぃへの恩返しにもなる」と溢れる想いをしっかり言葉にした日岡……遠藤自身は「「SPRiNGS」、これからもよろしくお願いします! 最後は笑顔で」と言葉を残す。

 そして、リーダーである篠田は「ゆりしぃは心がキレイでずっと笑顔なんですよ。だから、笑顔って大切だなと思って。カッコいい人だなと思います」と、遠藤の印象を振り返りつつ、「皆さんも明日も明後日も、そしてゆりしぃも明日も明後日もずっと笑顔でありますように」という願いを言葉にした。その言葉を笑顔で言う篠田の姿はカッコよく、気づけば自然と拍手していた。

 挨拶の最後を務めた高田は「本当に、本当に悲しいけど」と感極まりつつも、最後まで言葉を詰まらせることなく遠藤、そしてコンテンツへの想いを言葉にする。冗談を交えつつも「温泉むすめというコンテンツを少しでも多くの人に広めていけるよう」と強く訴える彼女からは、信念、そしてセンターとしての威厳を感じ、胸が熱くなった。

 9人のメッセージの後には会場全員で「ホップ・ステップ・ジャンプ!」の掛け声に合わせてジャンプ。最後は“笑顔”で、聖夜のライブは幕を閉じた。

 2017年の『温泉むすめ』の活動を締めくくった本ライブは、これまでの9人の物語の軌跡が一つの形となり、なんとも言えない感動を生んだ。しかし、コンテンツの歩みはまだまだ止まらない。2018年の『温泉むすめ』の目標は「飛躍」。既にライブの開催なども発表されているが、今後、どのように展開していくのだろうか。まだまだ先は見えない。しかし、笑顔で活動していく彼女たちなら、更なる飛躍は間違いないだろう。

夜の部セットリスト
M-1 純情SAKURA
M-2 Ambition
M-3 SILENT VOICES(雪月花)
M-4 粉雪フレンズ 70億分の9の奇跡
M-5  おんくり
M-6 ロマンスの林檎(しゃんぷーはっと)
M-7 おはようジャポニカ!(SPicA)
M-8 Hop Step Jump!
M-9 さよなら花火
M-10 青春サイダー
M-11 未来イマジネーション
アンコール
M-12 70億分の9の奇跡

温泉むすめ SPRiNGS 2nd LIVE BD NOW ON☆SENSATION!! Vol.2 ~聖夜にワッチョイナ!!~のBlu-rayが発売決定!


【タイトル】
温泉むすめ SPRiNGS 2nd LIVE BD NOW ON☆SENSATION!! Vol.2 ~聖夜にワッチョイナ!!~
【発売日】
2018年4月13日(金)
【収録内容】
「純情-SAKURA-」
「Ambition」
「SILENT VOICES」
「粉雪フレンズ」
「おんくり」
「ロマンスの林檎」
「おはようジャポニカ」
「Hop Step Jump!」
「さよなら花火」
「青春サイダー」
「未来イマジネーション!」
~アンコール~
「70億分の9の奇跡」(フリースタイルver)
特典映像1「70億分の9の奇跡」(昼の部ver)
特典映像2 バックステージ動画
【収録時間】
本編約134分+特典59分
【初回限定版特典】
■荻pote氏描きおろしパッケージ
■三方背BOXケース付き
■特製ブックレット(36P)付き
【参考価格】
7,560円(税込)
【出演】
草津結衣奈:高田憂希
箱根彩耶:長江里加
秋保那菜子:高橋花林
有馬輪花:本宮佳奈
道後泉海:篠田みなみ
登別綾瀬:日岡なつみ
下呂美月:遠藤ゆりか
有馬楓花:桑原由気
奏・バーデン・由布院:和多田美咲
【取扱い法人】
amazon
アニメイト
ゲーマーズ
とらのあな
メロンブックス
ソフマップ
ビックカメラ
Rakutenブックス
タワーレコード
HMV
【法人共通特典】
特典内容:マイクロファイバータオル(200×200mm)
※対象法人は後日発表いたします!



PAGETOP