超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

『モンスト』のXFLAGが贈る珠玉の感動ストーリー『約束の七夜祭り』メインキャスト座談会 – 斉藤壮馬・山本希望・嶺内ともみが共通して短冊に願うこととは……

2018/8/3


大人気アプリゲーム『モンスターストライク(モンスト)』やそのアニメを手掛けたXFLAGのオリジナル長編アニメ『約束の七夜祭り』。高校1年生の少年・三波羅星真(みはらしょうま)が音信不通だった親友・藤井敦史から「珍しい祭りに来ないか」と誘われたことをきっかけに奇妙な出来事に巻き込まれていく、という物語で展開する本作は、2018年8月3日よりYouTubeにて配信がスタートしている。今回は三波羅星真役・斉藤壮馬、瀬ノ沢志織役・山本希望、カンナ役・嶺内ともみのメインキャスト3人にインタビューを敢行。作品の魅力、それぞれのお祭りの思い出などについてお話をうかがった。

「こういう七夕のアプローチの仕方があるんだ」

――台本を読んだ感想を教えてください。
斉藤 ボーイミーツガールあり、アクションあり、SFあり、ラストには感動ありの盛りだくさんな台本で、演じるのがすごく楽しみになりました。

山本 アプリゲームとの連動のお話も聞いていたので「ゲームの中のモンスターが出てくるのかな」と思っていたら大自然のシーンから始まり『星のめぐり』のアプリが登場し……「ファンタジーじゃなくて、現実のお話なんだ!」とびっくりしました(笑)。でも今、壮馬くんが言っていたとおり、盛りだくさんな内容で読み応えのある台本だなと思いましたし、同時に「これを演じるのか」という緊張感とワクワク感もありましたね。

嶺内 会いたい人にもう一度会えるなんて、「こんなことが本当にあったらいいなぁ」と素直に感じました。さらにこの七夕のお祭りを通して、心に傷を負っていた人々が、その傷を癒されるシーンもあって。少し切なくも素敵なシーンで、夏にピッタリな作品だなと思いました。

山本 「こういう七夕のアプローチの仕方があるんだ」って新鮮だったよね。その“傷を負うこと”がこの祭りでは重要っていうのが新しいなって思った。

――演じているキャラクターの魅力や、役作りについて教えてください。

斉藤 星真くんは、高校1年生らしい等身大の男の子です。何かに突出しているわけではないのですが、大人と子どもの狭間にいるような揺らぎのある感じが魅力だなと思います。テストでも、僕が用意してきた星真くんを演じたら、(音響監督の明田川)仁さんから「そのままやってください」と言っていただいて。変にかっこよくしたり複雑に作り込んだりというよりは、いろんな状況に対して素直に対峙していくほうが、彼の魅力が伝わるのかなと思いました。感情のブレはあっても、彼の人格はブレないように、ということは意識して演じましたね。

山本 志織は星真から「年上かと思ってた」と言われているのですが、実際には妹的なポジションなんです。なので、しっかり者に寄せるか妹っぽい要素を入れるか、少し迷いました。でも、村での出来事は志織にとって初めての経験なので、テストでは戸惑いの気持ちを滲ませて演じてみたんです。そしたら明田川さんから「志織には毅然としていてほしいので、戸惑いの気持ちはいらないです」と言っていただき、志織は私が思っている以上に意志が強くて猪突猛進な子なんだな、と理解することができました。

斉藤 でも、同い年の男の子と女の子だったら、女の子の方が大人びてるよね。そういう目線でみるとすごくリアルなのかも。もし僕が高校1年生であの村に迷い込んでこんな運命的な出会いをしたら、かなり早い段階で好きになっちゃうと思う(笑)。

山本 (笑)。志織から見た星真くんって、最初は元気のいい男の子なんだけど、だんだん「この子は何かを背負っているのかな……?」と、ちょっとヘビーな部分も見えてきて。なので「大丈夫!?」という心配する気持ちの方が強いかも(笑)。

嶺内 もうちょっと遠くから様子見したいかもしれませんね(笑)。

山本 でも頼りになる部分もあるんだよね。ところどころで志織ちゃんを守ってくれて、そういうときは「おぉ!」と思うかも。“吊り橋効果”かもしれないけど(笑)。

――嶺内さんは、カンナの役作りに関していかがでしたか?

嶺内 私は「カンナちゃんはAIだからこそ人間らしさを学習しているのかな」と思いました。前半はAIらしい機械的な受け答えがメインですが、ラストになるにつれて、お祭りに対する使命感や星真と志織に対する思いがどんどん強くなっていったので、お芝居の仕方も意識して変えています。個人的な解釈ですが、星真と志織の事情を知っているのはカンナだけなので、「ふたりの願いを達成させてあげたい」という気持ちがあったのかな……とも思いました。

――そのほか、収録中のエピソードがあれば教えてください。

山本 “星真くん”と“壮馬くん”の響きが似ていて、休憩中に話しかけるときに「しょ、そ、壮馬くん」と間違えて呼びそうになってしまったことはありました。逆に本番で「壮馬くん」と言いそうになってつっかえてしまったことも……。

斉藤 たしかに似てる(笑)。僕は、休憩時間に多種多様なお弁当を出していただいたのがすごく印象に残っています。僕は青椒肉絲弁当をいただきました。

山本 私はお寿司をいただきました。もともとお寿司が好きなのと、ちょうど「最近食べ放題のおいしいお寿司のお店を見つけたんだよ!」というお話をしていたときで、口がお寿司モードになっていたので……(笑)。

嶺内 すごくおいしそうに食べていましたよね(笑)。私は自分で持ってきたものを食べていたのですが、山本さんが「おにぎり食べる?」と声をかけてくださったのがうれしくて……。

山本 休憩中もひとりで台本を読み込んで頑張っていたので、「休憩しなくて大丈夫かな」と、とても心配で……。

嶺内 「キャラクターをもっと理解しなくちゃ」と焦っていたので、休憩中も気が抜けなかったんです。その節は本当にありがとうございました(笑)。

約束の七夜祭り

約束の七夜祭り

短冊に書く願いは「健康」!?

――本作は「七夕祭り」がテーマですが、お祭りの思い出を教えてください。

斉藤 子どものころ、地元のお祭りにお小遣いを持って行っていたのですが、ガラスケースに入った景品についた紐を引くくじがあるじゃないですか、あれしかやっていませんでした(笑)。でもゲームとかの豪華景品には一回も当たらず……。

山本 あれ当たる人いるの!?(笑)

斉藤 なので、大人になってからは形に残るものをお祭りで手に入れることをあきらめました(笑)。ビール、焼きそば、唐揚げ……それだけで十分です(笑)。

山本 私は小学生のとき日舞を習っていて、地元のお祭りの盆踊りに参加する機会があったんです。そこで人生初のお化粧をしたら次の日顔が腫れてしまって泣きながら学校に行きました。でも友達が「昨日見たよ!」と言ってくれて、心がすごく救われた思い出があります。

嶺内 中学生のころ、部活ごとに出店するお祭りがあり、フランクフルトを売ることになったんです。でもみんな出払ってひとりになってしまって。結局900本のフランクフルトをひとりで売りました。でも、なかなかこんな経験できないしよかったなと思っています!(笑)

――では、もし短冊に願いごとを書くとしたらどんなことを書きますか?

斉藤 「無病息災」(笑)。それか、「絶対に壊れないノドがほしい」とか。あとは「クローンがほしい」でもいいかも。叫ぶセリフがあるときはクローンにやってもらって僕は家でゲームをやります(笑)。

山本 私も今、書くとしたら「健康第一」かなぁ。小学生の頃はずっと「声優になる!」って書いていたんです。「なりたい!」じゃなく「なる!」というのがひそかなプライドでした(笑)。

嶺内 山本さんと同じになってしまうのですが、私もやっぱり「健康でいられますように」って、短冊に書きますね! 

――最後に、読者の皆様へメッセージをお願いします。

斉藤 夏の始まりにピッタリな、さわやかで切ない、だけど前向きなストーリーです。今まさに青春真っただ中の方にも、かつて青春を謳歌していた方にも、たくさんの方に楽しんでいただけると嬉しいです。「めざせ100万回再生!」ということで、僕は4,000回再生します(笑)。

山本 誰もが知っている七夕がテーマなので、幅広い層に楽しんでいただける作品だと思います。星真くんと志織はゲーム『ファイトリーグ』にも登場するので、本作でキャラクターを理解したうえでゲームを楽しんだり、ゲームから入って気になるキャラクターがいたらアニメを観ていただいたりするのもいいと思います。もし電車で『ファイトリーグ』をやっている人を見たら「YouTubeで長編アニメが観れますよ!」ってぜひ声をかけてください!(笑)

嶺内 友達同士で観て、感想や意見を交換し合うのも楽しいと思います。『ファイトリーグ』のアプリゲームと連動するなど、いろいろな楽しみ方ができると思うので、ぜひ観ていただけるとうれしいです!

▼プロフィール
斉藤壮馬
【さいとう・そうま】4月22日生まれ、山梨県出身。81プロデュース所属。
山本希望【やまもと・のぞみ】8月9日生まれ、青森県出身。ヴィムス所属。
嶺内ともみ【みねうち・ともみ】12月22日、東京都出身。アイムエンタープライズ所属

▼作品概要
タイトル:約束の七夜祭り
配信:YouTube「XFLAG ANIME公式チャンネル」(https://www.youtube.com/channel/UCC-p7pOxNvWo3Vfu0TeFFhw)にて配信中
スタッフ
原案/監督:村田和也
脚本:XFLAG スタジオ
キャラクター原案:海島千本
キャラクターデザイン:まじろ
モンスターデザイン:飯島弘也
3Dディレクター:中島竜生(トライスラッシュ)
撮影監督:山口侑真(レアトリック)
編集:坂本久美子(ジェイ・フィルム)
美術監督:栫ヒロツグ(ラメカヒリム)
色彩設計:小島真喜子(スタジオ・ロード)
音響監督:明田川仁
音楽:岩代太郎
企画プロデューサー:平澤直(ARCH)
プロデューサー:前野ジョナサン和志
アニメーションプロデューサー:大上裕真、石山直美
アニメーション制作:横浜アニメーションラボ
製作:XFLAG スタジオ

キャスト
三波羅星真:斉藤壮馬
瀬ノ沢志織:山本希望
カンナ:嶺内ともみ
藤井敦史:山下大輝
瀬ノ沢香織:千本木彩花
湖月姫:福原綾香

STORY
高校1年生の少年・星真はある日、音信不通だった親友・藤井敦史からメッセージを受け取る。珍しい祭りに来ないかと誘われた星真は、さっそく山奥の廃村で行われる「棚機(たなばた)七夜祭り」に向かうが、そこに敦史の姿はなく、代わりに出会ったのは同い年の少女・志織だった。敦史に会うため、志織と一緒に祭りの準備を進める星真だが、村で起こる奇妙な出来事に次々と巻き込まれていく。

約束の七夜祭り

約束の七夜祭り

公式サイト
https://nanayamatsuri.com/

「ファイトリーグ」コラボレーション情報はこちら
https://fight-league.com/news/20180706_1.html
https://fight-league.com/news/20180730_6.html

©XFLAG



PAGETOP