超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「スター☆トゥインクルプリキュア」成瀬瑛美、小原好美、安野希世乃、小松未可子が明かす「スタプリ」チームの絆「1年かけてみんなのモノマネができるようになりたい」【インタビュー】

2019/3/24


 『映画プリキュアミラクルユニバース』で大活躍する「スター☆トゥインクルプリキュア」。初めての映画出演について、成瀬瑛美、小原好美、安野希世乃、小松未可子の4人に登場してもらい、先輩プリキュアへの思いや、「スター☆トゥインクルプリキュア」(以下『スタプリ』)チームとしての絆などについて語ってもらったインタビューが、「アニメディア4月号」に掲載。超!アニメディアでは、掲載しきれなかった部分を含めたロング版をご紹介。

「スタプリ」メンバーの成長も観られる映画

――「プリキュア」の春の映画というと、先輩プリキュアとの共演が恒例です。先輩プリキュアを演じるキャスト陣のアフレコを見た感想を教えてください。

成瀬 すごく息が合っていました! 変身のときのかけ声ひとつとっても、私たち4人はまだなかなか合わず、いかにも“新人”という感じが出ているんですが、先輩たちはそれぞれうまく呼吸を合わせる技を持っているんです。「HUGっと!プリキュア」であれば、キュアエール役の引坂理恵さんがいいタイミングで息を吸い、それにみなさんが合わせる。そういったテクニックを見せていただけて、とても勉強になりました。

小原 私たちがバラバラだということもあって、なおさらシリーズの一体感を強く感じましたよね。でも、映画のアフレコが終わったあと、あるキャストの方に「私たちが4人で一緒に変身のセリフを言ったのは、映画が初めてなんです」とお伝えしたら、「すごく練習したのかと思うくらいに合っているよ」と驚かれていて。「私たちの代は、変身がそろうようになるまでに半年かかったよ」とおっしゃっていたので、これからもっといい一体感が生まれていくのかなとも思えて、この先がすごく楽しみになりました。

安野 TVシリーズはまだ序盤だけど、チームとしてはだいぶ仲がいいよね。私も先輩たちの演技を見ていて、合わせゼリフでリテイクがまったくなく、一発OKだったことに驚きました。あと、みなさんすごく仲よしで、なぜかお互いのモノマネが盛んでした(笑)。モノマネができるのってお互いの個性をわかっているからだと思うし、いじっても笑い合えるぐらいの信頼感があるからだと思うんです。だから、私たちも1年かけて、いずれはみんなのモノマネができるようになりたいですね!

小松 モノマネなんだ(笑)。

安野 みんなもやるんだよ?

全員 わかった!(笑)

小松 希世乃ちゃんが言ったモノマネエピソードもだけど、私は誰かがちょっと噛んじゃったりしたときに、「うちの○○がすみません」と、ほかのみなさんがフォローする姿に“家族感”があるなと思って。そこに愛情を感じましたし、1年間さまざまな出来事を乗り越えてチームが出来上がるというのを目の前で見せていただけた気がして、「プリキュア」のすばらしさを感じました。

――アフレコでの思い出は?

小松 マイクが4本しかないなか、今回はキャストもすごく多かったのですが、そのときにチームごとにワーッと集まっていくのが印象的でした。

安野 「○○組はこっち」みたいな(笑)。

小原 そうそう。何も言わなくても、「スタプリ」の分をあけてくださっていたのもうれしかったです。

小松 居場所をくださっている感じがしたよね。きっと1年後には、自分たちが今いる位置に次のプリキュアの子たちが立つんだろうなと思いましたし、自分たちもそういうサポートができるようになれるといいなと思いました。

続きを読む



PAGETOP