超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『セカイ系バラエティ 僕声』シーズン2で増田俊樹・武内駿輔・西山宏太朗・小野賢章・濱健人がシットコムに挑戦! 「住田監督と声優の化学反応を楽しんでください」【インタビュー】

2019/1/17


 声優たちが実写ドラマ、コント、歌など、あらゆるジャンルに挑む番組『セカイ系バラエティ 僕声』。演出を『戦国鍋TV』シリーズなどを手掛けた住田崇、脚本を「ゴッドタン」などで有名なオークラが務める本番組は2017年から配信がスタートし、その挑戦的な内容で注目を集めた。そんな『僕声』がシーズン2となり帰ってくる。シーズン2は2019年1月より配信がスタート。シーズン1にも出演した声優陣のほか新たな仲間も加わり、シーズン1とはまた違った展開をしていく。今回は、コーナーのひとつである僕声シットコム「この宿屋に泊まりに来たあいつがこの村を救ってくれるんじゃねぇ?」に出演する増田俊樹、武内駿輔、西山宏太朗、小野賢章、濱健人にインタビューを敢行。演じてみての感想や作品の魅力についてお話をうかがった。

僕声シットコム「この宿屋に泊まりに来たあいつがこの村を救ってくれるんじゃねぇ?」概要
「この宿屋に泊まりに来たあいつがこの村を救ってくれるんじゃねぇ?」
千年の眠りから醒めた恐ろしい魔物・ノイズによって襲われた村・ヴォイス。このままノイズを退治しなければヴォイスは壊滅してしまう。しかし、ヴォイスには魔物・ノイズと戦える15歳から35歳のいい感じの男性が3人しかいませんでした。その上、その3人はそんな勇気もありませんでした。ぼったくり宿屋「ダーマス屋」を舞台に繰り広げられるシチュエーションコメディ。

――本日、シットコムの第1話・2話を収録してみていかがでしたか?

武内:シーズン1でも「僕声ドラマ」というコーナーに出演させていただいたのですが、今回は前よりもコメディ色が強くなっていると感じました。収録中に何度も笑ってしまうくらい和やかな空気のなか収録ができましたね。

増田:久しぶりではありましたが、力の入っていない気の抜けたメンツ(第一シーズンで共演した西山、武内)との会話劇が楽しかったですね。そこにゲストのふたりの爆発力が加わって面白さに拍車がかかった気がします。

西山:確かに、3人(西山、武内、増田)のやり取りにゲストの賢章さんと健人が入って来て、いい緊張感のなかで収録ができた気がします。そんな空気感のなかでアドリブもたくさん入れたのでその点にも注目していただきたいですね。

小野:元々好きだったシチュエーションコメディに参加でき、とても嬉しかったです。だからこそ、収録も好き勝手にやらせていただきました(笑)。

:僕はシーズン1でもオファーいただいていたのですが、その時はスケジュールが合わなくて……。そのあと西山くんから「僕声」に出たという話を聞いてうらやましいなと思っていたので、今回またオファーをいただけて嬉しかったです。僕と賢章さんは『僕声』のスピンオフ作品である『誰声』に出演させていただいたのですが、同じコメディであってもアプローチの仕方がキャストによって全然変わると今回改めて感じました。

僕声

――本日の掛け合いで印象に残っていることを教えてください。

増田:どの掛け合いも楽しかったですが、特に僕が演じる宿屋の主人、武内くんが演じる道具屋の主人、西山くんが演じる占い師の掛け合いが面白かったです。この3人は昔から馴染みがあるという設定なのですが、仲が悪くないのにいつもいがみ合っているという関係性なんです。

武内:確かに、この3人は関係性からして面白いですよね。

増田:そこにいきなりやってくる旅人たち。それをゲストの方々が演じるのですが、一言で言い表すとそれがヤバいです。賢章さんが初めて登場するカットは「そこまで時間使う?」というくらい長くて、それにも驚きました。

西山:スタッフさんがちらっと「長くない?」って言っていたのが聞こえましたもん(笑)。

増田:でも、あれでOKテイクになりましたもんね。

小野:そうそう。むしろ「もっと長くして」って言われていたくらいですから。今回のシットコムは、基本的にレギュラー3人がいて、ゲストがそれをかき乱すという図式になっています。ゲストがどうかき乱すかにも注目いただきたいですね。

:参加した段階でもう3人の雰囲気が完成していました。だから僕たちゲストはそれに負けないように、いい意味でかき乱しながら、支えられればいいかなと思っています。

僕声

僕声

――ちなみに、アドリブなどはありましたか?

増田:台本上にないセリフを言う、というアドリブはわりとみんな入れていました。

武内:監督のご意向が内容さえ変わらなければセリフは変えてもいいというものだったので、アドリブも組み込みやすかったです。

西山:あとは賢章さんが凄すぎて笑いを堪えるのに必死でした(笑)。

武内:本当ですよ! 特にカメラが回っていないところで賢章さんはやりすぎだった気がします。

西山:カメラの向こう側に立ってずっと意地悪してきたよね(笑)。

小野:してないよ~。

増田:白々しい(笑)。

――皆さんの仲の良さが伝わってきました(笑)。声優として声で演じる仕事をメインでやられている皆さんですが、声でのお芝居と今回のようなそれぞれの動きも映像に映るお芝居で違う点・共通していると感じる点はございますか?続きを読む



PAGETOP