超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

早見沙織、劇場版『はいからさんが通る後編主題歌「新しい朝」は「『メッセージを伝えるための歌』と考えて、工夫しました」【インタビュー】

2018/9/21


 早見沙織
 ニューシングル「新しい朝」が発売中の早見沙織。その制作秘話を聞いたインタビューが、発売中の『アニメディア10月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では記事内でお届けしきれなかった部分も含めたインタビュー全文をご紹介する。

――「新しい朝」は、劇場版『はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』の主題歌です。竹内まりやさんとは、前編の主題歌「夢の果てまで」以来、二度目のタッグになりますね。
 「夢の果てまで」でご一緒したときは、「レジェンドに会う……!」みたいな感じで、歌以外のところですごく緊張したんです(笑)。でも今回は、すでに一度お会いしていますし、まりやさんも私がどういった歌を歌うのかをすでに理解してくださっているので、安心感はありました。

――竹内さんとレコーディングにあたって何かお話をしましたか?
 じつは、今回は直接お会いできていないんです。でも、最初にデモと一緒にまりやさんからお手紙をいただきました。まりやさんは、「人というのは、人の手ではどうにもできないショックな出来事が起こっても、そういうものも受け入れて立ち上がることができる。新しい朝を迎えて、明日へつなげることを一生懸命に生きて繰り返していくものだ」ということに焦点を当ててこの曲を作ったそうなんです。でも「歌自体は沙織さんの思うように、感じたままに“らしく”歌っていただければ」と言っていただきました。

――レコーディングにはどんな気持ちで臨みましたか?
 この曲って、シンプルなぶん、とても難しい歌だと思うんですね。ボーカルが入っていますが、物語やメッセージを伝えるためにそれがあって、歌の技巧を聴かせるためのものではないな、と個人的には感じたんです。ですから、声と音楽とのバランスは足し引きを考えていきました。それから、言葉の響きにはとても気を使いました。「メッセージを伝えるための歌」と考えて、奥まって聞こえていたものを少し前に出してみるなど、言葉が聞こえやすいようにいろいろ工夫しました。続きを読む



PAGETOP