超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

<アニメ・マンガ妖怪よもやま話>『地縛少年花子くん』の花子くんもビックリ!?トイレに出没する妖怪にまつわる話

2020/3/13


 

 アニメ・マンガ作品における定番ジャンルでもある「妖怪」のことを、ちょっとだけアカデミックに解説する「アニメ妖怪よもやま話」。アニメ雑誌で連載していた本コーナーが「アニメ・マンガ妖怪よもやま話」としてWEBで復活。今回は、『地縛少年花子くん』のように、トイレに出没する妖怪にまつわる話を、奈良県在住の妖怪文化研究家・木下昌美が語る。
 

 学校の怪談のなかでもダントツの人気を誇るのが『トイレの花子さん』ではないでしょうか。私が子どものころ、ちょうど学校の怪談が流行っていましたが、クラスメイトで「あそこのトイレに花子さんが出た!」と言っている子がいたことを思い出します。
 
 さて『地縛少年花子くん』はタイトルから想像できるように、少年が主人公。少年なのですが、かもめ学園旧校舎3階の女子トイレ3番目にいます。ツッコミどころ満載ですが、それはさておき、花子くんは代償を払いさえすれば、なんでも願いをかなえてくれます。それゆえに多少ダークなシーンもありますが、かわいらしい絵柄で中和されている気がします。
 
 トイレに登場するオバケは花子さんの専売特許のようなイメージがありますが、実はそうでもありません。かの有名な河童も、トイレに出るという話が数多く残っています。
 
 話の内容を簡単に紹介しましょう。少しずつ形を変えて全国各地に流布していますが、たいていが人が用を足していると厠から手が出てきて尻を触るというもの。人はその手をつかんだり、たたき切ったりして河童をこらしめます。その結果、河童はなんにでも効くという妙薬を授け、許してもらう……というのが、よくある話のパターンです。河童は尻子玉を抜くだなんていわれるので、そうしたところから、こういった話が生まれたのかもしれません。
 
 しかし、昔と今とではトイレの形態も様変わりして、河童にとっては手を出しづらくなったのか、現代ではトイレで遭遇する確率は花子さんのほうが上のような気がします。今後、『地縛少年花子くん』で花子くんと河童が共演することはあるのでしょうか。もしあれば、トイレを舞台に激しいバトルが繰り広げられそうですね!

 

解説:木下昌美
<プロフィール>
【きのした・まさみ】妖怪文化研究家。福岡県出身、奈良県在住。子どものころ『まんが日本昔ばなし』に熱中して、水木しげるのマンガ『のんのんばあとオレ』を愛読するなど、怪しく不思議な話に興味を持つ。現在、奈良県内のお化け譚を蒐集、記録を進めている。大和政経通信社より『奈良妖怪新聞』発行中。
 
●挿絵/幸餅きなこ 撮影/高旗弘之


PAGETOP