超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

アニメ

  • アニメ
  • ブログ

「神宿・塩見きらのゆるりと真剣にアニメ語り!」第11回『バビロン』をエンターキー

2020/2/21


 超!アニメディアの連載企画「神宿・塩見きらのゆるりと真剣にアニメ語り!」。原宿発の5人組アイドルユニット「神宿」で活動する塩見きらさんにゆるりと真面目に、真剣に好きなアニメやゲームのことについて語っています。第11回目は『バビロン』についてお話しいただきました。

 最近私は、「春の匂いだー。」などと叫ぶことが多い。春の匂いってあるよね。ワクワクするような、ソワソワするような感覚。人は、今の季節でない季節の方が美しいと感じるけれども、季節の変わり目はさらに美しいよな、と最近思う。先日、旅に出かけたが、空の澄み切った青に驚いた(証拠写真もある)。東京じゃこの青空は見れないよなあと思い、少しだけ嬉しくなった。綺麗に晴れた日も、東京の空はくすんで見える。そういや、春休みに入った。一生春休みがいい。世間は、“花粉”に侵食されて怯えまくっているがそんなことより私は、“冬”が終わってしまうことの方が恐ろしいな。

 幸せハッピーなアニメや漫画よりも、鬱・最悪・人生終了といったものの方が好みなのは、きっと前者がなんだかつまらないと感じてしまうからだなあ。久々のコラムでなんだか手が止まってしまうのだけれども、今週も好きだったアニメを紹介する。

 人は誰かを愛しんだり、愛しまれたりしながら生きて、時に愛故、誰かを嫌いになったりする。あなたの人生に挫折はありましたか? あなたは、人生を終わらせることについて考えたことはありますか? 今回紹介するアニメは『バビロン』。

 人間が禁忌としていた「自殺」を法で認め、「生きるとは善いこと」という常識を覆す時代が訪れる。「自殺法」を定めた「新域」と呼ばれる独立自治体から、新しい倫理観を世界中へ拡げていく話。主人公である、東京地検特捜部検事・正崎善は、「悪とは何か」、そのテーマを掲げ、ある1人の女と出会うことで絶望と対面してゆく。

 アニメを見ようと思いサイトを開いた時、『バビロン』のあらすじをみてテンションが上がってしまった。まず、それが善いか悪いかは別として、「自殺」を「善い」ことだと認識する発想に「新しい……」と心が動かされた。現実では起こり得ないような、不可解なことが次々と起こっていき、次は一体何が起こるのかとドキドキ感が味わえる。スプラッターな展開が繰り広げられるせいでキーパーソンである「曲世愛」のような美しい女に少しトラウマを覚えてしまうが、一歩引いてみれば、ある意味全ての描写がシュールとも言える。内容的には全く明るい話ではないし、むしろ暗すぎる。でも、「正義」とは?「悪」とは? と、ふと自分も何かと考えてしまうような内容。私の好きなジャンルだぁ。と思った。

 誰もが生きていると、言葉にできないような何かを体にしまっていて、それは一生自分のものになってしまったりすることもあるかもしれない。私は東京へ来て、息を吸う回数が減った。いつも“何か”のせいにしてしまうけれども、ちゃんと、自分のせいだと分かっている。誰かの嘘を信じるフリをしないで、「善い」ことは、一体なんなのかについて、考えてみませんか。「善い」とは「続ける」ということ、とアニメが言ってたけど、それは本当にそうなのかなあ。

プロフィール
塩見きら【しおみきら】1998年11月6日生まれの21歳。愛媛県出身。身長160cm。趣味はゲーム、YouTube。特技は「荒野行動」。

<神宿(かみやど)とは>
UUUM所属。原宿発の5人組アイドルユニット。グループ名の「神宿」は「神宮前」と「原宿」を合わせたもの。神宿(KMYD)の頭文字 K=KAWAII(可愛い!)M=MAX(全力!)Y=YELL(応援!)D=DREAM(夢!)を届けるために原宿を拠点に活動している。

神宿公式サイト
http://kmyd.targma.jp/ 
神宿Twitterアカウント
https://twitter.com/kamiyado0907
神宿YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UClhL_woWoXnmKvv2H8_mxwg
 

 

神宿連載はこちら ※毎週金曜日更新予定



この記事のキーワード

PAGETOP