超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

喜劇『おそ松さん』いよいよ開幕!高崎翔太「誰も成長しない物語なので、気楽に楽しんで!」【レポート】

2018/11/14



 11月15日(木)開幕の喜劇「おそ松さん」の囲み取材が行われ、高崎翔太(おそ松役)、柏木佑介(カラ松役)、植田圭輔(チョロ松役)、北村諒(一松役)、小澤廉(十四松役)、赤澤遼太郎(トド松役)、出口亜梨沙(トト子役)、窪寺昭(イヤミ役)、KIMERU(チビ太役)、原勇弥(ハタ坊役)、佐久間祐人(松造役)、ザンヨウコ(松代役)が登壇。

 開幕を直前に控え、高崎は「明日からノンストップで、千秋楽の京都まで駆け抜けようと思っています。何度見ても面白い作品になっていると思います。笑顔で帰っていただける作品になっています」と自信を覗かせた。柏木は「今回はF6がいないので、F6が担っていた“華”の部分をカラ松がすべて担っていければと思っています」と、こちらも自信満々の様子で語るも、一斉にツッコまれ笑いを誘った。赤澤は「お客様以上に僕らも楽しんで、笑いの絶えない空間になっていければと思っています」と意気込みを語った。

 一方、トト子、イヤミ、チビ太、ハタ坊を演じるキャストからも力強いコメントが。「今回もぶっ飛んだ役どころなのですが、一生懸命頑張っていきたいと思います」(出口)、「イヤミという役を通して、世知辛い思いをしている男性、女性に勇気と力を与えられればと思っています」(窪寺)、「髪の毛1本で、おでんをこよなく愛してがんばっていきたいと思います」(KIMERU)、「ハタ坊という異質な存在で笑いを届けられればと思います」(原)とコメント。

 さらに、これまでの公演との違いについて、高崎は「今まではコント集というか、短いお話を何本が上演していましたが、今回は1本のお話になっていて。1本を通しても誰も成長しない物語なので、肩の力を抜いて見られる作品です」とアピール。小澤も「笑いの戦場のような、あいつが笑いを取ったから、俺もやらなきゃ、みたいな切磋琢磨な空気もありつつ楽しんで演じられるので、そこを見てほしい」と、意外なライバル心を覗かせた。

 稽古場のエピソードを聞かれると、話題が柏木に集中。北村が「皇居周辺の夜景を見て、『ラスベガスみたいだな』って言ってました」と暴露すると、植田も「ナルシストレッチというのをやってる」と暴露。カラ松を彷彿とさせる“ウザキャラ”エピソードで、柏木本人がタジタジになる一幕も。

 また、今回初めて登場する6つ子の父親を演じる佐久間は「チームワークがいい。役者同士、仲の良さが役に繋がっている」とコメント。母親役のザンも「誰かがボケたら植田くんがツッコんで。滑ったら放置することもあり、優しさと厳しさがある稽古場です」と語り、現場の雰囲気を明かした。

画像ギャラリーはこちら。クリックで拡大できます。

 

〈喜劇「おそ松さん」概要〉
■日 程・劇場
東京:日本青年館ホール 11月15日(木)~11月20日(火) 
京都:京都劇場 11月23日(金・祝)~11月25日(日) 
※公演回数・日時は変更の可能性があります ※チケット全公演完売

■京都千秋楽ライブビューイング情報
2018年11月25日(日)17:00上映
■一般販売(先着順)一般発売決定!
販売開始:10/27(土)13:00~
受付方法:WEB予約・購入、店頭直接購入
一般販売受付URL http://w.pia.jp/t/kigeki-osomatsusan-lv/
【チケット】 3,800円(税込/全席指定) 
※本公演同様、未就学児は入場不可 
※出演者変更に伴う払戻し不可 
※別途プレイガイド手数料がかかります 

■出演者 
【おそ松】高崎翔太 【カラ松】柏木佑介 【チョロ松】植田圭輔
【一松】北村諒【十四松】小澤廉 【トド松】赤澤遼太郎
【トト子】出口亜梨沙 【イヤミ】窪寺昭 【チビ太】KIMERU 【ハタ坊】原勇弥
【松造】佐久間祐人 【松代】ザンヨウコ 

■スタッフ
原作:赤塚不二夫「おそ松くん」 演出:小野真一  脚本:小峯裕之  
主 催:喜劇「おそ松さん」製作委員会2018

喜劇「おそ松さん」公式サイト
https://osomatsusan-stage.com/6tsugo/

喜劇「おそ松さん」公式Twitter
@osomatsu_stage

©赤塚不二夫/喜劇「おそ松さん」製作委員会2018



PAGETOP