超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】『バンドリ!』ポピパ×Roselia リーダー対談が実現! 戸山香澄役・愛美と湊友希那役・相羽あいなが、赤裸々に語り尽くす!

2018/3/21


(C)BanG Dream! Project

 

(C)BanG Dream! Project
(C)Craft Egg Inc.
(C)bushiroad All Rights Reserved.

 3月21日に9枚目のシングル『CiRCLING』をリリースするPoppin’Partyと、5枚目のシングル『Opera of the wasteland』をリリースするRoselia。『バンドリ!』から生まれたふたつのバンドのCDが同日に発売されるのはこれが初めてということで、それぞれのリーダーである戸山香澄役の愛美と湊友希那役の相羽あいなのリーダー対談が実現。ニューシングルの聴きどころはもちろん、お互いの魅力や初対面時の印象などを語ってもらった。スマートフォン向けゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』(以下『ガルパ』)ではライバル的存在でもある2バンドだが、リーダー同士はとっても“仲よし”!?


カラーの違う表題曲と、泣かせにかかるカップリング曲

――シングルはPoppin’Party(以下ポピパ)が9枚目、Roseliaが5枚目になりますが、同日リリースはこれが初めてですね。

愛美 そうなんです! カラーが全然違う2枚で、どちらも楽しめると思うので、一緒に手に取ってもらえたらうれしいです。

相羽 表題曲は、ポピパは仲間を歌った曲で、Roseliaはファンタジーゲームから出てきたようなかっこいい曲なんです。でも、2枚ともカップリングがバラードで、両方とも感動する系の曲になっているので、そこはすごくリンク感があるなと思いました。

――ジャケットからしても、それぞれのバンドのカラーの違いがわかりますよね。

相羽 Roseliaはジャケットにキャラクターを出さずにきていて、きっとこれからもデザインのジャケットが続いていくはずです。でも私、『バンドリ!』の一ファンとしては、ポピパのジャケットはいつもすごく楽しみなんですよ。それぞれのキャラクターの表情がどう描かれているのか、ワクワクします。

愛美 私も毎回ジャケットのできあがりは楽しみです。『CiRCLING』のジャケットは『ガルパ』のイラストを元にアニメチームが描きおろしてくださったんです。希望にあふれていて、ポピパのよさが出ていると思うし、ゲーム中のイベントで出てきた新しい衣装を着ているのもいいですよね。

――それぞれの曲についてもうかがえればと思います。まずはポピパから。

愛美 ゲーム中のイベントで、「CiRCLE」というライブハウスの代表としてフェスに出たポピパが、バンドのチラシが捨てられているのを目撃してしまうんです。香澄はショックを受けるんですが、メンバーに励まされて「私たちの音楽で振り向いてもらうしかない」と立ち直る。その思いが、そのまま歌になったのが「CiRCLING」です。

――5人のメンバーそれぞれのパートがあって、ポピパらしい「仲間」や曲の示す「輪」が感じられる曲になっていますね。

愛美 そうなんです。作詞の中村航先生が、それぞれのメンバーが歌う歌詞についてもすごく深く考えてくださっているので、なぜこの子がこの歌詞を歌っているのか、注目して聴いてほしいです。とくに普段はメンバーを支えてくれている(山吹)沙綾(声/大橋彩香)が、歌で心境を主張してくれるところも、すごくグッときます。

――ボーカルの愛美さんとしては、どんな歌い方を心がけましたか?

愛美 歌詞に「輪になる」とか「ひとつになる」という思いが込められているので、笑顔成分を多めに歌いました。それから、どうしても伝えたい思いがこもった歌だと感じたので、心の叫びが乗るように、悲痛にも聞こえるようなニュアンスを入れこんだ箇所がいくつもあります。キレイに歌うだけでは人の心ってつかめないんじゃないかと思うし、香澄だったら、荒削りでもいいから、ありのままを見せて人の心をつかみたいって思うんじゃないかなって。その思いをしっかり込めて歌いました。

相羽 その思い、すごく伝わってきました! 私はポピパの曲は、明るいなかにも切なさが伝わったてきたり、いろいろな色があったりするところが素敵だと思っているんです。歌詞によってはちょっとドキッとするような、泣きたくなるようなところも、笑顔で歌っているのがすごく胸に来る。悲しい演技って、泣くよりも笑顔でされたほうが泣けてくるじゃないですか。今回の「CiRCLING」はまさにそんな曲で、掛け合いも魅力的だし、すごく素敵だと思います!

愛美 ありがとうございます!

――Roseliaの「Opera of the wasteland」は、これまで通りかっこいい曲ではありますが、イントロの壮大な雰囲気が、今までのRoseliaとは少し違っていますね。

相羽 そうですね。Roseliaの曲もポピパと同じく、ゲーム中のイベントから生まれた曲なんです。この曲が作られることになったイベントが、オンラインゲームのなかにRoseliaのメンバーが入り、協力し合って目的を達成するというものだったので、ファンタジー感が強くなっています。

――レコーディングではとくにどういったことを意識しましたか?

相羽 友希那は歌に対して絶対の自信とプライドがあるので、これまでのレコーディングでは友希那の持つ“芯”を意識してきました。それに加えて今回は、AメロやBメロは大自然や洞窟をイメージして歌い、大サビでその空気感を全部取っ払う、みたいな感じですね。楽器も今までとはリズムの刻み方が違うんですよ。だからボーカルも変化を付けなきゃと思いながら歌ったのを覚えています。

――ゲーム中のイベントでは、友希那が日本語をキーボードで打てなかったりする“ポンコツ”感がかわいくて、曲とのギャップがすごかったです。

相羽 あれも友希那らしいですよね(笑)。友希那にとってはゲーム中で触れたRPGの世界も、きっといい刺激になったんだろうなと思います。だからこそ、これまでと違った曲が作れたんだろうなと。

愛美 あいあいの友希那さんの歌声って、ストレートに魂に響く感じがするんですよね。心臓を打ち抜くというか、“圧”で押されるというか。あいあいは、今回の曲はRPGの風景を想像しながら歌ったって言っていたけど、私はステージで歌う友希那さんと演奏するRoseliaのみなさんの姿が浮かんできて、熱い気持ちになりました。

――先ほどお話に上がった、カップリングのバラードについても教えてください。

愛美 「Light Delight」は、すごく攻めてきたなと思ったんです。カップリングだからこそできた挑戦かなと思うんですが、歌詞も1番ではまったく救いがなくて。自分の心情に当てはまることも多く、私的にはすごく読み解きやすかったですが、家で練習しているときは泣いちゃって練習にならなかったくらい重たいんです。ですが!

相羽 ですが?

愛美 ですが!(笑)2番からは仲間の存在が出てきます。仲間が2番で香澄を救ってくれて、3番に入る前にみんなが歌ってくれるんですよ。そこが本当にすごくて。“ひとりじゃない”とか“素直になれる”、“自分のこと好きになれるよ”とか、なんてことをこの人たちは言ってくるんだ、うれしいけど、泣いちゃうからそれ以上言わないで……みたいな。本当に仲間がいてよかったなとひしひしと感じられる曲です。早くフルで聴いてほしい!

――ポピパが仲間のことを歌うと、胸を打たれますよね。ぜひ、早くフルで聴いてほしいです。一方のRoseliaのカップリング曲「軌跡」は、ベースの遠藤ゆりかさん(今井リサ役)が5月のライブで最後ということを考えると、タイトルから涙を誘います。

相羽 歌詞を見たら、それ以上に泣くと思います。私も初めて見たときは泣きました。絆って、すごく大切なんだなというのを改めて教えてもらったし、こんなに「ありがとう」を言う曲って、そうそうないんじゃないかと思えるくらいの歌です。私はもともと「ありがとう」という言葉がすごく好きで、伝えることも思うことも大切だと思っていたんですが、その言葉の重みをさらに知ることができました。「離れていても一緒にいても絆はあるよ」って伝えていく曲でもあって、レコーディングではどう歌ったらいいのか悩みました。ただ強ければいいわけじゃないし、かといってバラードだからとやさしく歌いすぎてもどうなのかなと……。スタッフの方に相談させていただいて、「(思いを)伝えてください。全部出してください」と言っていただけたので、今の私の気持ちを全部届ける歌い方になりました。

愛美 今回のカップリングって、どっちも泣かせにかかっていますよね。

相羽 そう! 私はポピパのカップリングを聴いたときに「お、待って待って」って思ったんですよ(笑)。これもヤバイなって。ポピパのほうは訴えるみたいな感じだから、「訴えないでー!」って思ってしまうくらいでした。Roseliaはひとりの人に対してずっと「ありがとう」を伝える歌なので、どちらも心に染みるんです。別方向ではありますが、みなさんの胸に刺さればいいなと思っています。


ボーカリストとして、お互いの歌の魅力

――今回、ボーカル&リーダー対談になりますので、お互いの話も聞かせていただければと思います。ちなみに、初対面のときのことは覚えていますか?

愛美 最初に会ったのは、事務所の新年会ですね。でもそこではほとんど話はしなくて……。

相羽 次が『月ブシTV』(『月刊ブシロードTV』)でしたっけ? 私がソロでCDをリリースしたときの……。

愛美 「DJ愛美のベストヒットブシロード」?

相羽 そうだった気がする。私はライブでずっとあいみんのことを見ていたし、年上だけど後輩だから、初対面のときはドキドキでした。「この子が?」みたいに冷たく見られたらどうしようって(笑)。でも、すごくフランクに接してくれてホッとしました。

愛美 「ベストヒットブシロード」は格段テンションが高いコーナーだったので、変にテンションが高くてすみません(笑)。

相羽 いやでも私もテンション高いから。

愛美 でも、私の普段のテンションと違うじゃないですか。そのあとに会ってみて、「あれ?」ってなりませんでした? 表と裏がある、みたいな。

相羽 正直、もっと「ヒェーイ!」みたいな人かと思ってた(笑)。プライベートでご飯に行ったときには「ヒェーイ」あいみんではなかったですが、ナチュラルあいみんを知ったとき、なんだかうれしくなったの覚えてるよ♪

愛美 やっぱり(笑)。でも、あいあいは、あいあいだったよね。裏も表もなくあいあいだから、感じがよくて、誰も敵にしないんだろうなって。私もすぐ好きになったし、すぐなんでもしゃべっちゃう(笑)。

相羽 あいみんとは距離が縮まるのがすごく早かったですね。

愛美 うん、私の心をすぐに開いたすごい人だと思う。

――その後は、一緒のイベントに出たりもしていますが、印象は変わりましたか?

愛美 Roseliaさんのライブをお客さんとしてちゃんと観たのは、アニサマ(『Animelo Summer Live 2017 -THE CARD-』)が初めてだったんです。その後に2ndライブを観て、とにかくすごいと思って。あいあいも含めて、メンバーがみんな想像もつかないパフォーマンスをするし、MCも面白いし、印象が変わったというよりは、すごい人だなと思う熱がさらに上がった感じです。

相羽 私はあいみんを最初に観たのがステージだったから、今でもステージの上のあいみんは一ファンとして、香澄ちゃんがステージに立ってる、っていう印象で観ちゃうけど、普段のあいみんを知ったうえで観ると、ステージに立っている姿もさらに好きになりました。練習とか含め大変だったり苦しかったりすることもたくさんあるはずなのに、ステージでは笑顔で、音楽が好きだっていう気持ちをめいっぱい出しているのがすごいなって。キラキラドキドキしちゃうんですよ。

愛美 ポピパはそれが売りなので、届いていたならよかったな。

――ボーカルとしては、お互いの歌のどこが魅力的だと感じていますか?

愛美 あいあいのボーカルはぶれないんです。ぶれないから、聴いていてスッと入ってくるし、安心してノっていいんだって思わせてくれる。締めるところをちゃんと締めてくれるから、盛り上がりどころがわかりやすいし、かけ声もかなり入れてくれるから安心してライブに遊びに行けるところがいいなって思います。あいあいの歌声って、バンド全体を包み込むようなイメージがあるんですね。だから、Roseliaの一体感が出るのかなとも思っています。

相羽 あいみんのボーカルは、『ガルパ』のゲームで聴いていても、表現力がすごい。笑顔で歌っているのに切なく聞こえたり、心にスッと入ってきたりするような感覚がありますね。CDを聴いたうえでライブに行くと、余計に胸に来るんですよ。ああ、こういう表情で歌っていたんだっていうのがわかって。香澄ちゃん自身はキラキラをみんなに笑顔で届けるみたいなところがありますけど、「STARBEAT!~ホシノコドウ~」みたいな切なさが感じられる曲のインパクトはすごいし、「ティアドロップス」みたいなかっこいい曲で見せる激しさもすごい。だからこそ、今回のシングルのカップリングも相当ヤバイと思います。

愛美 私も、ちょっと自分で歌えるかなって不安が。

相羽 カップリング、歌えるかな問題はあるよね。

愛美 絶対どこかで泣いちゃうと思う。

相羽 でも、あいみんが途中で泣くと、希望につながる2番にいけないっていう問題が。

愛美 あー……。私、感情に歌が左右されやすいので、1回も同じ歌が歌えないんですよ。香澄も感情で歌う派だと思うから、そこはリンクしていていいのかなとは思っているんだけど……。香澄って、めっちゃ明るいし直感型だけど、私は考えてから動くタイプだから、ずっと似てないって思っていたんですね。でも、感情で歌うところは似ているから、「Light Delight」くらい歌詞で攻められると本当にどうなっちゃうんだろうって。自分のことながら香澄が泣きじゃくっちゃうんじゃないかと心配で。ボーカルって責任重大だから……どうしよう、よし、ほかのメンバーに歌ってもらおう(笑)。

――友希那は立場的に、ほかのメンバーに歌ってもらえないんじゃないかなと。

相羽 そうなんですよね……。私は、泣けないってずっと思っているんです。5月のライブの課題は「泣かないこと」なので。

愛美 そうなの?

相羽 だって、友希那は泣かないじゃん?

愛美 泣かないか! そっかー!

相羽 Roseliaだから。

愛美 そうだね、Roseliaは泣かないよね。

相羽 Roseliaとしてステージにいるときには絶対に泣かないって決めているんです。じつは以前、仲間のことを歌った「陽だまりロードナイト」という歌の練習で、泣いて歌えなくなったことがあるんです。そのあとでまた「泣いちゃうかもしれない」って言ったら、ドラムの櫻川(めぐ)さん(宇田川あこ役)から「ステージの上で泣いちゃいけない」って言われて。Roseliaは、友希那は泣かないなって考えて、強い意思を持ってステージにのぞもうと思っています。でも、香澄ちゃんには歌いながら泣いてほしい(笑)。

愛美 たしかに香澄ならやりかねん!

相羽 やってほしいな。ほかのメンバーが支えてくれるのもポピパらしくて感動するじゃないですか。

愛美 歌詞的にも声が出せないっていう歌詞があるくらいだから……。実際、どうなっちゃうのかはライブに来てもらってのお楽しみということで♪


リーダーとしての立ち位置、リーダーとしての思い

――せっかくの対談ですから、お互いのバンド自慢をお願いします。

愛美 うちは、練習しているところを一切と言っていいほどメンバーがみんな表に出さないんです。いつの間にか弾けているみたいなことが多くて。みんなめっちゃバリバリ家で練習してくるから、私からしたら「いつの間に練習したの?」ってなりますね。苦しい顔を全然見せないところはすごくかっこいいなって思います。

相羽 あいみんもですからね?

愛美 私? 私は「ひーひー、無理ですー」って言いながら弾いてるよ!(笑)

相羽 夏の4thライブ(『BanG Dream! 4th LIVE Miracle PARTY 2017 at 日本武道館』)のとき以降、あいみんのギターの振りがどんどん大きくなっていて、すごいなって思っているんですよ。歌いながら弾くってすごく大変そうなのに、動きで気持ちが伝わるのってすごいなって。

愛美 いやー、試行錯誤の毎日ですよ。Roseliaの自慢は?

相羽 “世界一かっこいいバンド”っていうことかな。それは絶対崩さないし、なんならみんな「できなくても顔で弾く」って言うから(笑)。そのポジティブな気持ちとか、かっこいい精神を崩さないところがRoseliaの自慢です。きっとみんな目標としているアーティストがいて、そこに向かって演奏技術もどんどんすごくなっている。私も頑張らなきゃって思います。

――そんなかっこいいRoseliaも、ライブのMCでは時々とんでもなく面白い方向に行きますよね。主に工藤晴香さん(氷川紗夜役)が。

相羽 時々、紗夜じゃなくて工藤さんが降りてくるんですよね。「がんばロゼリア」とか言い出しちゃうので(笑)。

――「がんばロゼリア」の発案者って、愛美さんでしたよね?

愛美 そうなんですよ。『月ブシTV』の収録か何かで、くどはるさん(工藤)が撮影中だったときに「頑張ってくださいー、がんばロゼリアー」って言ったら気に入ってもらったみたいで。

相羽 そんな軽いノリだったんだ。めっちゃ使ってるからね、みんな。

愛美 ステージでまで使ってくれたのはありがたいです(笑)。

相羽 「がんばロゼリア」はさておき(笑)、これからもどんどん演奏に厚みが出てくるので、その成長もうちのバンドの自慢です。

――バンドのリーダーとしては、どんな心構えでいますか?

愛美 バンド活動が始まったころって、引っ張っていかなきゃいけない、みたいに意気込んでいたところがあって、それで空回ることも多かったんですね。みんな個性的でまとまらないし、まとめたいのにまとまらないっていうギャップに自分がしんどくなっちゃったこともありました。でも、2017年の4thライブのころから、メンバーの絆も深まってきて、頼れる部分が見えてきたんです。それまでもきっと頼もしかったんだろうけど、私がしっかりしなきゃ、自分がリーダーとして頑張らなきゃみたいな気持ちが強すぎて、ちゃんとメンバーのことを見ていられなかったんだろうなって気づいて。今は、ありのままでいいんだ、頼れるんだから大丈夫なんだと思えるようになって、甘えたりぼけっとしたりできるようになりました。

――ポピパは結成当初からかなり仲のいい印象がありましたが、愛美さんとしては気張っているところも多かった?

愛美 そうですね。リーダーとして導く立場にいるから、変なことを言っちゃいけないみたいな気持ちでした。でも最近は、家にいるみたいに気軽に話せるようになったし、それでいいんだって思えるようになりました。私がありのままでいたほうが、みんなもありのままでいられて、ステージでもありのままの輝きが見せられるようになって。それが今のポピパの魅力になっていると思います。

――相羽さんはRoseliaのなかでは、キャリア的には一番後輩になりますよね。

相羽 センターに立たせていただくという自覚はありますが、キャリア的にはおっしゃるとおり私が一番下なので、顔合わせのときはかなりドキドキしていました。でも、みんないい人ばかりで、「あいあいはこうしたほうがいいんじゃない?」って提案もしてくれるんです。だから、リーダーって意識するんじゃなくて、自分がわからないことを相談できるし、これからの展開をどうしたらいいか、みんなで考えるようになっています。ただ、Roseliaはかっこよさが大事だと思っているので、それを崩さないように、リーダーとして締めるところはカッコよく締めることをつねに意識していますね。映像チェックのときに、自分が映っているけどほかの人のここがかっこよかったからそこを使ってほしいとか。これは私だけではなくてメンバー全員がそうだったので、自然とまねをするようになりました。センターとしての自覚はあってプレッシャーも感じていますが、仲間に助けてもらってもいい。その結果、かっこいいRoseliaを作り出せることが私たちのバンドの魅力です。


5月のライブもめいっぱい楽しみにきてほしい

――先ほど、愛美さんは香澄と感情で歌うところが似ているという話が出ましたが、それこそアニメになる前からの付き合いで、アニメになってゲームになって、香澄という女の子との向き合い方は変わってきていますか?

愛美 どんどん好きになっています! 驚かされることも多いですが、尊敬しています。ストレートに言葉にできるところとか、友達に真正面からぶつかれるところとか、人に対してつねに尊敬の気持ちがあり、みんなが大好きなところとか、自分もそうありたい、香澄のいいところを吸収したいと思っています。香澄のまっすぐなところをみんなが認めてくれて、その明るさに驚きながらも救われて笑顔になっているから、私もそんな香澄みたいに人を救える存在になりたいなと思うようになりました。だからこそ、ありのままでいられるようにもなっているのかな。

――相羽さんは、友希那と自分で似ている部分はありますか?

相羽 信念みたいなものを持っているところは一緒かなと思いますが、友希那ほど人とのコミュニケーションが苦手ではないし、もう少し器用に生きられているかなと思います。ただ、友希那はすごく強くて、素直になれない気持ちはあるけど、それを隠して頑張っているんですね。その強さからは教わることも多いです。曲との向き合い方や、挫折したときにどう向き合うかなどは、とても鋭いことを言っていて、自分に言われているかのように思うことがあります。友希那なりのやさしさなのかもしれないけど、グサグサきますね。

愛美 最初のころは、香澄に対しても「一緒にやりたくない」って言っていましたよね。

相羽 それにもめげずに香澄ちゃんが「やりましょう」って言い続けてくれたから、いまの友希那があるんだと思う。

愛美 香澄は全然めげないですからね(ドヤ顔)。

相羽 だから、友希那も少しずつ変われたんですよね。

――5月には2日間にわたって『BanG Dream! 5th☆LIVE』が開催されます。意気込みを聞かせてください。

愛美 Day1、Day2にわかれていて、Day1がポピパ、Day2がRoseliaさんなので、カラーをがっつりわけたいと思っています。ポピパはとにかく明るくハッピーに、みんなでひとつに輪になって、会場全部が友達になれるくらいのライブにしたいです。

相羽 Day2のRoseliaはパワーアップした姿をお届けしたいです。今回、ベースの遠藤さんがRoseliaとしては最後になります。遠藤さんがいるRoseliaとしては集大成なので、私もメンバーも全力で向かっていきます。人生で忘れられないくらいのライブを届けたいです。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

愛美 3月21日にポピパ、Roseliaのシングルが同日リリースされます。どちらのバンドもそれぞれのいいところをギュッと詰め込みました。カップリングは、とにかく聴いて泣いてください!

相羽 これだけカラーの違うバンドが身近にあると刺激になって、お互いに高め合っています。その違いを、このシングルでも楽しんでいただきつつ、『バンドリ!』の魅力をこの2枚で知ってもらえたらと思います。これからも応援していただけたらうれしいです。


取材・文/野下奈生(アイプランニング)

◆プロフィール
Poppin’Party【ポッピンパーティー】
愛美(戸山香澄役、ボーカル&ギター)、大塚紗英(花園たえ役、リードギター)、西本りみ(牛込りみ役、ベース)、大橋彩香(山吹沙綾役、ドラム)、伊藤彩沙(市ヶ谷有咲役、キーボード)の5人からなるガールズバンド。2016年2月に『Yes! BanG_Dream!』でデビュー。これまでに8枚のシングルをリリース。2018年5月12日(土)には、千葉・幕張メッセ国際展示場にて『BanG Drema! 5th☆LIVE Day1「Poppin’Party HAPPY HAPPY PARTY 2018!』を開催。

Roselia【ロゼリア】
相羽あいな(湊友希那役、ボーカル)、工藤晴香(氷川紗夜役、ギター)、遠藤ゆりか(今井リサ役、ベース)、櫻川めぐ(宇田川あこ役、ドラム)、明坂聡美(白金燐子役、キーボード)の5人からなるガールズバンド。2017年4月に『BLACK SHOUT』でデビュー。これまでに4枚のシングルをリリース。2018年5月2日には1stアルバム『Anfang』をリリース。5月13日(日)には、千葉・幕張メッセ国際展示場にて『BanG Drema! 5th☆LIVE Day2「Roselia -Ewigkeit-」』を開催。


<リリース情報>

シングル『CiRCLING』(Poppin’Party)
シングル『Opera of the Wasteland』(Roselia)
ブシロードミュージックより3月21日発売
各1,404円

『BanG Dream!』公式HP
https://bang-dream.com/



声優になりたい!

PAGETOP