超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】Run Girls, Run!・林鼓子×森嶋優花×厚木那奈美「新曲『スライドライド』はRGRの方向性が見える曲です」

2018/2/28


左から厚木 那奈美、林 鼓子、森嶋 優花

 声優ユニット・Run Girls, Run!(以下「RGR」)のシングル「スライドライド」が2月28日(水)に発売される。デビューシングルながら放送中のTVアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」(以下「デスマーチ」)のオープニング主題歌に大抜擢された本作。作品についてはもちろん、超!アニメディア初登場ということで、お互いの個性が見える他己紹介など、フレッシュな魅力あふれる彼女たちに迫った。

ーー皆さんは、2017年に開催された「avex×81produce Wake Up, Girls!AUDITION 第3回アニソン・ヴォーカルオーディション」がきっかけで、ユニットが結成されデビューに至ったわけですが、そもそもオーディションを受けようと思ったきっかけは?

 私はずっと歌手になりたかったんです。父がアニメが大好きで、その影響でたくさんアニメを見ていたこともあって、声優さんもすごく好きでした。それで、アニソンを歌う歌手になりたいなと思っていたんです。そんな中で水樹奈々さんのライブを見に行って「すごいな」と思って、奈々様のことをいろいろ調べたんです。そしたらいろんなアニメに声優さんとしても出演されていて。ちょうどその頃リアルタイムで見ていた「プリキュア」にも出演されていて、「声優アーティストっていろんなことができるんだな」と思ったのがきっかけです。もともとミュージカルをやっていて、演技することも好きだったので、演技もできて、歌うこともできるお仕事に一番近いのは声優さんかなと思って受けました。

森嶋 もともとアニメが大好きで、高校生の頃から自分でオーディションを探していたんです。その中で、Wake Up, Girls!さんの新メンバーを募集しているのを知って。「Wake Up, Girls!」は、もともとアニメも見てましたし、ライブで皆さんが活躍されているのを見ていたので、「これしかない!」と思って全力で受けに行きました。合格したときは本当に嬉しかったです。

厚木 私は、ずっと声優になりたいという夢を抱いてはいたんですけど、大学に進学するのか、声優の学校に行くのか、就職するのかで進路選択をするときに、親とも相談して、大学進学を選んだんです。声優には小学生の頃からなりたかったけど、きっと厳しいんだろうな、進学して普通に就職しようって。だから入学してからはしばらくアニメも見ないようにしてたんです。そうやって忘れようと思っていたら、冬休みがたまたまあんまり課題が出なくて時間ができて。「そういえば今オーディションってやってるのかな?」と思って調べたら、このオーディションを見つけたんです。もともとi☆RIsさんもWUGさんもすごく好きだったので「これを本当に最後のオーディションにしよう!」と思って、受けたらご縁があって、すごくうれしかったですね。

ーーそして、今作が記念すべきデビューシングルとなるわけですが、最初に聴いたときの感想をお願いします。

 もともとロック系の音楽がすごく好きなこともあって、今すぐ歌い出したくなりました! こんなにカッコイイ楽曲を歌えるんだとうれしかったです。歌ってみると、リズムが細かくて難しい部分もあったんですけど、だからこそ楽しかったです。難しいからこそ燃えるというか(笑)。

森嶋 私もカッコイイなとまず思いました。曲を聴いていると、「デスマーチ」のオープニングの映像が一緒に頭に浮かんでくるような壮大な曲だなと。サビまでの変調がすごく差が激しい部分が気に入っていて、楽しみながら歌わせていただきました。

厚木 変調が多い曲なので、歌うのが難しいなというのが最初の印象でした。あと、私たちが最初に歌った曲で「カケル×カケル」という曲があるのですが、その次にRGRの曲としていただいたのが、今回の「スライドライド」なんです。「カケル×カケル」も「スライドライド」同様疾走感のある曲で「あ、RGRはこういう方向性なんだな」と分かるきっかけにもなりました。

ーーお話にも挙がりましたが、本楽曲は、TVアニメ「デスマーチ」のオープニング主題歌になっています。厚木さんは声優としても作品に参加されていますね。

厚木 まず主題歌として携わらせていただけるとは思っていなかったですし、その上キャストとしても関わって作品を盛り上げることができるというのは本当にうれしいです。この作品は「異世界アニメ」ではなくて、「異世界観光アニメ」なんです。観光客みたいな気分になって見られるところがすごく面白いなと思います。

ーー林さん、森嶋さんはアニメはご覧になりましたか?

林・森嶋 見ました!

森嶋 アニメのオープニング映像に私たちの曲がのっているのは、私たちも放送で初めて見たんです。なので、視聴者の方と同じ気持ちで見ることができたと思います!

 オープニングで、主人公のサトゥーさんがずっと走っている映像が流れるんですけど、それが私たちのユニット名「Run Girls, Run!」にも、曲自体にもすごく合っていて「あ、私たち歌ってるんだな」と実感がわいてうれしくなりました。あと、クレジットに自分たちの名前が出るのも新鮮でした。

ーーアニメが放送されて、反響はいかがでしたか?

森嶋 母がすごく気に入ってくれてて、何回も見てくれてるみたいです。

 私は、学校のアニメ好きな友達がたまたま「デスマーチ」を見たみたいで、「オープニングが『Run Girls, Run!』ってなってたんだけど、鼓子だよね? すごいね」と言われました。アニメのオープニングをやるということは作品名も背負うし、私たちのことを皆さんに知っていただけることなんだなと感動しました。

厚木 私も学校の友達が「やるんだね!」と一緒に喜んでくれました。アニメを普段あまり見ない友達も「たまたま見たら『Run Girls, Run!』って出てたよ。すごいね!」って言われたり、いろんな方が知ってくれるんだというのを放送が始まってあらためて実感しました。同時にしっかり努めていかなくてはと感じました。

ーーMVは古城で撮影されたそうですね。

厚木 去年の年末に撮影したんですが、寒かったです(笑)。

 吹雪いてたよね。

森嶋 映っているのは本物のリアルな雪です!

厚木 もともとは雪の設定ではなかったんですけど、現地に着いたら吹雪いていて。

 「どうしよう!」ってなりました(笑)。

厚木 はやまる(林)は浜松出身で、あったかいところ出身だからね。

 そうなんです。だからほとんど雪を見たことがなくて…。降り終わった雪は見たことがあるんですけど、降っているところを見たことがほとんどなくて。山の奥だったからパウダー状でフワフワした雪なんです。(降り積もる雪の中にダイブする仕草をしながら)「わー!」ってやってみたり楽しかったです。でもやってたらあっちゃん(厚木)に「濡れちゃうからやめなさい!」って怒られました(笑)。

厚木 すごくハシャいでたよね(笑)。

 うん(笑)。

森嶋 あそこまで吹雪いているのを見たことはなかなかなかったから、貴重な経験でした。

厚木 あと、地面が凍って急に滑ることもあったりして、カッコ良くキメなきゃいけないときにキマらないということがありました(笑)。

ーー今回が初めてのMV撮影でしたが、撮影してみていかがでしたか?

 ダンスシーンを真っ正面だけじゃなくて、横から撮ったり、レールを使って撮ったりいろんな方法で撮影しているのが新鮮でした。1回で全部撮っちゃうのかなと思っていたので。こんなに時間をかけていろんなところから撮って、私たちがカッコ良く、かわいく見えるようにしてくださっているんだなと感動しました。

森嶋 一つの作品の中に外で撮るシーン、室内のシーン、ダンスシーンと、たくさんのシチュエーションがつまっているんだということを撮影してみてあらためて実感してすごいなと感じました。

厚木 「歌詞のここの部分ではこういうことをやりますよ」という絵コンテはいただいていたんですけど、いざやってみると「どういう風に使われるんだろう?」と思ったんです。でも完成したものを見たときに「あ、あのとき撮ったあのシーンは、ここでこういう風に出てくるんだ」というのが分かって、面白かったです。

ーーMVの中でずばり見どころを一つ挙げるとしたら?

森嶋 剣を抜くシーンです。

林・厚木 あー!

森嶋 すごくカッコいいんです。

 あと、3人で「よし行くぞ」って顔を見合わせるシーンも3人ならではな場面でいいよね。

厚木 そうだね!

森嶋 たしかに!

厚木 森の中をさまよっていて、お城にたどり着いて、力を合わせて剣を抜くというストーリーもあるシーンなのですごく気に入っています。

ーーそんな疾走感があってカッコイイ印象の「スライドライド」に対して、カップリングの「サクラジェラート」はまた違った雰囲気の楽曲ですね。

林 今まで挑戦したことがない曲だなと感じました。今まで歌ってきた曲はロック調のガンガン攻めるような曲が多かったので、最初に聴いたとき、すごく難しそうだなと思いました。スタッフさんからも今までは「力強く」という指示が多かったんですけど、今回は「息が多めで切ない感じを出してください」と言われました。語尾を工夫したり、どういう歌い方をすればこの曲に合うのかということをすごく考えました。描写がとてもキレイな曲なので、場面ごとに、しっかり頭の中で風景を思い浮かべて、主人公の気持ちになりきって歌いました。

森嶋 私はこの曲をはじめて聞いたとき、切なすぎて泣いちゃったんです。でも曲調自体は切ない歌詞に反して、明るい雰囲気も持っているのが面白いなと思いました。「スライドライド」のときとはまた違う、かわいらしくて切ない新しいRGRを楽しんでいただける曲なのかなと。個人的にも好きな雰囲気の曲です。

厚木 テクノポップみたいで、新しいなと思いました。曲調も気に入っています。歌詞の「ちょっぴり高いお店で慣れたふりでアイスをかってみた」という部分に自分を重ねてしまいました。私も、あんまりそういうお店に行き慣れてないということもあって、高いお店に行って注文するときってめちゃくちゃ緊張するんですよ(笑)。私が歌うパートではないんですけど、「きっとここで買ったアイスは、緊張とかいろんな思いがつまったサクラジェラートなんだな」と思います。

ーー頑張って買ったアイスの味はとても奥深そうですね。さて、今回、超!アニメディアインタビュー初登場ということで、お互いにキャッチフレーズをつけて、他己紹介していただけますか?

森嶋 (林の方を向いて)すごく頼れる存在だから…頼れる僕らの最年少!(笑)

厚木 (笑)。

 あ、いいかも! すごいうれしいです!

森嶋 本当に頼れるんです。

厚木 ね。すごくしっかりしてて。頼れない年長2人なので(笑)。

森嶋 本当にすみません!(笑)

 いやいやいや(笑)。

森嶋 鼓子は、RGRのセンターの安定感がすごいんです。歌唱面もダンスでも演技の面でもブレないところを備えていて。

厚木 すごく肝がすわっていて、なんでもできちゃうマルチタイプなんです。

 ちょっと照れますね(笑)。

ーーでは森嶋さんは?

 もっちー(森嶋)は京都出身だから、京都推しでいくのがいいんじゃないかな。

森嶋 そう?

厚木 でも、京都に住んでるのに京都のことをあんまり知らないんです(笑)。

森嶋 今勉強中です!(笑)

 京都で有名なものって何があるの?

森嶋 八つ橋!

 (笑)。他は?

森嶋 …京バームとか?

 京バームって結構最近のものじゃない?(笑) 

厚木 建物とかで有名なものは?

森嶋 京都タワー! あとはお寺とか神社とか!

林・厚木 雑!(笑)

厚木 じゃあ、八つ橋と京都タワーを使おうか。

森嶋 いいね! それならみんな知ってるもんね。

 「八つ橋、京都タワー、森嶋優花」はい、京都三大名物!

森嶋 何それー(笑)。

厚木 じゃあ練習しよっか。京都三大名物といえばー?

林・厚木 八つ橋、京都タワー、そして、森嶋優花!

森嶋 京都推していきたいから意外といいかもしれない(笑)。

 そのためには勉強しないとね(笑)。

森嶋 頑張ります!(笑)

ーー最後、厚木さんがいかがでしょう?

 あっちゃん(厚木)は雰囲気がお嬢様だから、そこを推した方がいいと思う。

森嶋 どうやって入れよう?「長野が生んだ○○」とかいいけど、出身地推しがかぶっちゃうからな(笑)。

 長野で有名なものって何?

厚木 善光寺。

 うーん、難しいな…。ここは森嶋先輩、お願いします!

森嶋 えぇ!?(汗)…「○○の母」とか?

 みんなの聖母!

森嶋 あぁ、いい!

厚木 ありがとう。でも壮大すぎない?(笑)

 私ともっちーが楽屋でキャッキャ騒いでても「そうなんだー」って微笑んで見守ってくれてるし。

厚木 (笑)。なれるように頑張ります!

ーーちなみに、最初のお話で、皆さんはもともとアニメや声優さんがお好きとのことでしたが、好きなアニメを教えてください。

森嶋 今期熱中してるのは「続『刀剣乱舞-花丸-』」「アイドリッシュセブン」(以下アイナナ)「七つの大罪 戒めの復活」ですかね。あと、「ダメプリ ANIME CARAVAN」も見てます。

 「ダメプリ」は2人で泊まった時に一緒に見たよね。

森嶋 うん! 「ラブライブ!」とか「うたのプリンスさまっ!」のようなアイドルアニメが特に好きですね。ゲーム版は、みんながハマっている頃に始めたので、ちょっと遅れ気味ではあるのですが、やってます!

 私も「アイナナ」は見ていますし、ゲームもやっています。今期だとほかに「ポプテピピック」や「ラーメン大好き小泉さん」も好きです。一番好きなのは「ユーリ!!! on  ICE」で、もっちーとよく語るのは「Free!」です。

森嶋 いいよね。あとは「おそ松さん」とか。

 一緒に語り出したら止まらないよね(笑)。

森嶋 でも好きになるキャラクターはまったく被らないんです。「え、そのキャラが好きなの? なんで!?」ってよくなるよね(笑)。

 そうそう!

森嶋 お互い「ウチの推しの方が絶対良い!」ってなるんです。

 でも「アイナナ」だけは一緒じゃない?

森嶋 あ、そっか! (六弥)凪くんが好きです。

 でも最近ちょっと迷ってるんです。TRIGGERの(和泉)三月くんにしようか悩んでて…。

森嶋 そうなの? という感じでいつも話しています(笑)。

厚木 私はかわいい女の子が出てくるアニメが好きなので、2人が盛り上がってるところになかなか入っていけなくて、寂しい思いをしています(笑)。一番好きなのは、大好きなi☆Risさんが出ている「アイドルタイム プリパラ」。あとは「プリキュア」シリーズも好きです。どれもキラキラしていて、見ていて幸せになれるんです!

 「プリキュア」は話せるから入ってきて!

森嶋 そこは私もいける!

厚木 ありがとう(笑)。私も「おそ松さん」は見てるし、そのあたりなら入っていけるかな。

森嶋 いいよね! 私は「おそ松さん」だと…

(林と森嶋の間で「おそ松さん」談義が始まる)

厚木 そういう感じ!(笑) 入りづらいよー(笑)。

林・森嶋 (笑)。

ーー(笑)。それぞれのキャッチフレーズや好きなアニメなど、パーソナルな部分が分かったところで、今後についてのお話も。2017年はユニットが結成され、Run Girls, Run!としての始まりの年でした。あらためて、ここまで走り抜けてきていかがでしたか?

 2017年はすごく変化のある年でした。それまで普通に学生として、学校に行って、部活動をして、家に帰って宿題をして寝る、という生活をしていたんです。そこに、Run Girls, Run!というのが私の生活の一部になって、環境が変わりました。本当にあっという間の1年でした。オーディションを受けたのもまだ1年前とかなのに、昔のように思えるし、性格も変わったなと思います。最初の頃は、泣き虫で、気が弱くて、人ともあんまり目を合わせて喋れなかったんです。まさに「Wake Up, Girls! 新章」で演じた速志歩ちゃんみたいな感じで。それが、この1年を通して変われたかなと思います。

森嶋 私もRun Girls, Run!に入って、ライブもそうだし、インタビューもそうだし、とにかくすべてのことが初めてで、目の前のことをとにかくがむしゃらにやっていた、という感じです。今年は、全力なのは変わらないのですが、さらに細かく丁寧にいろんなことを考えてやっていかないといけないなと思います。

厚木 激動の1年でした。ずっと声優になりたいとは思っていたけれど、その先が見えていなくて。でもそれが実現して、今までぼんやりとしていたことが、見えてくるようになったかなと思います。オーディションに合格してから緊張しっぱなしの毎日だったんですけど、そこから新しい自分も発見できました。引っ込み思案だった部分が変わったかなと思います。

ーーそんな2017年の経験を経て、2018年は個人として、ユニットとして、どういう1年にしていきたいですか?

 個人としては、皆さんの前に経つ機会がこれから多くなると思うので、まずは、パフォーマンス力、歌唱力、体力をしっかりつけたいです。ライブもたくさんしたいですし、声優としてもいろんな作品に出たいです。いろいろやりたいですね。RGRは、デビューしたばかりなので、どんなユニットなのか、みなさんまだよく分からないと思うんです。なので、RGRとしてはもちろん、「RGRの○○さん」「○○さんのいるRGR」みたいにもなるように、それぞれの個性ももっと出るようにしていけたらいいなと思います。

森嶋 いいこと全部言ってくれたんですけど(笑)、私もユニットとしてはもちろん、それぞれでも活躍の場を広げたいと思っています。個人でお仕事をしているときに応援してくださる方を増やして、RGRにも興味を持ってもらえるよう繋げたいですし、その逆で、RGRを知って、その中で「森嶋優花って声優もやってるんだ、そっちもチェックしてみよう」と応援してもらえるようにしたいです。

厚木 そうだね。今3人に共通している課題として「それぞれの個性を表現すること」なんです。今年1年で私たちの個性が皆さんに伝わるくらい、発信できたらなと思います。去年は、目の前のことをガムシャラにやるのが精いっぱいだったので、今年はもっとそれぞれの良さを出して、RGRというものを確立させるためにも頑張っていきたいです。

ーー現時点で、伝えたいと思う皆さんの個性はなんですか?

 私から見て2人は個性的だなと思う部分があるんですけど、自分で自分の個性を表現するってなかなか難しくて…。

厚木 そうだよね。私から見ると、はやまる(林)は最年少だけど、RGRのセンターでしっかりしてて、歌もとっても上手っていうものがあって、もっちーは関西出身っていうものが大きいと思うんです。とにかく面白いんですよ。本人は面白くしようと思ってなくても面白い!

森嶋 ハードルが上がるから!(笑)

厚木 何気ない日常会話や行動がすごく面白くて。今日も控え室で…

森嶋 それ言うの?(笑)

厚木 うん(笑)。この衣装って、ちょっとハイネックぽっくなってるじゃないですか。そこに顎を埋めて首がない、みたいな変なポーズをしてたり…(笑)。

林 …(笑)。

森嶋 しょうもない話ですみません(笑)。

厚木 すごく面白いんです。

 この前も私が虫が目の前に飛んできたときに「わー!」って叫んだら、あとから「あのときすごい声出してたね」って言ってきて。「私の声変だった?」って聞いたら「マジお腹の底からオペラだった」って(笑)。

森嶋 お腹の底から声が出てたんですよ。日々の発声練習が悲鳴に活かされてた!

厚木 言葉のセンスがね(笑)。

 たしかに(笑)。今年1年は、個人でも、メンバーと一緒にでも、個性を出して行けたらいいなと思います。

ーー最後にシングル発売を楽しみにしている人たちにメッセージをお願いします。

 「スライドライド」は、ロック調でカッコイイ曲です。MVやジャケット写真では今までにないクールな表情とかも見せているので、そういうところも注目していただけるとうれしいです。

森嶋 MVもとてもカッコイイものになっています!一緒にライブでできるような振り付けもあるので、そこにも注目して見ていただけたらうれしいです。皆さんの前で曲を披露するときに一緒に踊ってもらえたら最高です!

厚木 今回の曲は「デスマーチ」のオープニング主題歌ということで、「冒険にこれから行くぞ!」という楽曲になっています。個人的には朝の通勤、通学時にぜひ聴いていただきたいです。これから「学校、会社に行くぞ! 頑張るぞ!」という気持ちがわくので、ぜひ電車に揺られながら聴いていただいて、気持ちを高めていただけたらなと思います。

◆プロフィール
Run Girls, Run!【ランガールズラン】2017年に開催された「avex×81produce Wake Up, Girls!AUDITION 第3回アニソン・ヴォーカルオーディション」により2,000名の応募の中から選ばれた声優ユニット。TVアニメ「Wake Up, Girls! 新章」内にて登場するキャラクター3名 (速志歩・守島音芽・阿津木いつか)のユニットでもある。

林 鼓子【はやし・ここ】2002年5月15日生まれ。静岡県出身。「Wake Up, Girls! 新章」 速志歩役ほか、4月スタートのアニメ「キラッとプリ☆チャン」に桃山みらい役で出演。

森嶋 優花【もりしま・ゆか】1997年3月16日生まれ。京都府出身。アニメ「Wake Up, Girls! 新章」 守島音芽役。

厚木 那奈美【あつぎ・ななみ】1997年10月11日生まれ。長野県出身。「Wake Up, Girls! 新章」 守島音芽役、「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」マーサ役など。4月スタートのアニメ「キラッとプリ☆チャン」に青葉りん役で出演。

◆「スライドライド」情報
TVアニメ「デスマーチからはじまる異世界狂想曲」OP主題歌
発売日: 2018年2月28日(水) 
価格 :CD+DVD 1,944円(税込) 品番:EYCA-11830/B
価格:CDonly 1,296円(税込) 品番::EYCA-11831

<CD収録内容> 
01:スライドライド 歌:Run Girls, Run! 
作詞:只野菜摘/作曲・編曲:広川恵一(MONACA)

 02:サクラジェラート 歌:Run Girls, Run! 
作詞:只野菜摘/作曲・編曲:石濱 翔(MONACA) 

03:スライドライド(Instrumental) 

04:サクラジェラート(Instrumental) 

<DVD収録内容>
「スライドライド」Music Video 
※収録内容・仕様は予告なく、 変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。

◆Green Leaves Fes
Wake Up, Girls!とRun Girls, Run!のLIVE初共演イベント開催!

2018年5月12日(土)
【昼の部】開場 13:00 開演 14:00予定
【夜の部】開場 17:00 開演 18:00予定

幕張メッセ 幕張イベントホール (千葉県)

出演者 
Wake Up, Girls!(吉岡茉祐、永野愛理、田中美海、青山吉能、山下七海、奥野香耶、高木美佑)
Run Girls, Run!(林鼓子、森嶋優花、厚木那奈美)

チケット情報
各7,800円(税込)
※全席指定 ※3歳以上有料。3歳未満入場不可。

▼プレイガイド先着先行受付中!!
受付期間:2月26日(月)10:00~3月6日(火)23:59
楽天チケット:http://r-t.jp/wug-glfes.ticket/
イープラス:http://eplus.jp/glfes/
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/greenleavesfes/
ローソンチケット:http://l-tike.com/greenleavesfes/
※受付は先着順となり、予定枚数に達し次第終了となります。

<TVアニメ『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』情報>  
2018 年 1 月から TOKYO MX・BS11・AT-X・サンテレビ ほかにて放送!

◆TOKYO MX 毎週木曜日 24:00~ 
◆サンテレビ 毎週土曜日 25:00~ 
◆BS11  毎週木曜日 24:30~ 
◆AT-X 毎週木曜日 23:30~ 
※リピート放送:毎週土曜日 15:30/毎週日曜日 26:30/毎週水曜日 7:30

【スタッフ】 
監督:大沼 心 
シリーズ構成・脚本:下山健人 
キャラクターデザイン:滝本祥子 
制作:SILVER LINK. × CONNECT

【キャスト】 
サトゥー:堀江 瞬 
ゼナ:高橋李依 
ポチ:河野ひより 
タマ:奥野香耶 
リザ:津田美波 
アリサ:悠木 碧 
ルル:早瀬莉花 
マーサ:厚木那奈美

Run Girls, Run!公式HP
http://rungirlsrun.jp/

Run Girls, Run!公式Twitter
@rgr_official_

アニメ公式サイト 
deathma-anime.com 

アニメ公式 Twitter 
@deathma_anime

© 愛七ひろ・shri・KADOKAWA カドカワBOOKS刊/デスマ製作委員会



PAGETOP