超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ『イングレス』先行上映会で中島ヨシキが映像美を絶賛!「クオリティがえげつない」【レポート】

2018/10/13



 フジテレビが世界に向けて発信する新アニメ枠「+Ultra」で、10月17日から放送開始するTVアニメ『INGRESS THE ANIMATION』の第1話〜第4話の先行上映会が、10月13日に東京・TOHOシネマズ六本木で開催。中島ヨシキ(翠川誠役)、上田麗奈(サラ・コッポラ役)、喜山茂雄(ジャック・ノーマン役)、緒方恵美(ADA役)、櫻木優平監督、ジョン・ハンケ(ナイアンティックCEO)が登壇。

 原作ともなったゲーム開発会社のCEO・ハンケは、アニメ化について「アニメは映画より自由度が高く、世界中を駆け巡るストーリーにできる。私も『AKIRA』や日本のアニメが好きなので、参加できて嬉しい」とコメント。

 ゲーム版でもアニメでも、人工知能の声を担当する緒方は、今後の展開について「ADAがめちゃくちゃしゃべる回がある」と明かし、さらに「ゲームの音声も新しく収録したので、また最初から楽しんでください」と、ゲームファンへ向けてもメッセージを。

 一方、中島は「映像のクオリティが、とりあえずえげつない。作画崩れがない時点で、勝利。絵の美しさが、最大の武器の一つ」と、映像の美しさを絶賛。さらに「誠が尋常じゃない速度で成長していくので、お芝居が追いつけるか意識しました。誠とジャック、陣営の違うふたりに注目してください」と見どころを語った。



〈TVアニメ『 INGRESS THE ANIMATION 』 情報〉
フジテレビ 新 TV アニメ枠「+Ultra」(プラスウルトラ)第一弾 
2018 年 10 月 17 日よりフジテレビ「+Ultra」にて毎週水曜日 24:55 から放送 
NETFLIX にて 10 月 18 日(木)より日本先行全話一斉配信 ほか各局にて放送 
関西テレビ/東海テレビ/テレビ西日本/北海道文化放送/BS フジ

■INTRODUCTION
2013年、スイスの原子核研究機構『CERN』──。 ヒッグス粒子発見の影で、ある秘密プロジェクトが発足した。 そのプロジェクトの名前は『ナイアンティック計画』。 その目的は人間の精神に干渉する未知の物質を研究することにあった。 『エキゾチック・マター(XM)』と呼ばれる事になるその物質は、 古来より人々の精神・能力に感応し、人類の歴史にさえ大きな影響を与えてきたのだった。 世界各国の機関が、秘密裏にその研究に取り組んだ。 XM は、人類の希望または脅威とされ、 大国や巨大企業による争奪戦が巻き起こってゆく。 XM の力を受け入れ、人類の進化に利用しようとする『エンライテンド』。 XM を脅威と見なし、コントロールしようとする『レジスタンス』。 世界はふたつの陣営に別れ、今も争い続けている。 この世界で起きている争いの背後には、XM の存在があったのだ。 そして、2018 年──。 東京、そして世界を舞台に、XM をめぐる新たな戦いが幕をあける。 アニメーション、オンライン位置情報ゲーム、そして現実がリンクする、 かつて体験したことのない新たな「拡張現実エンターテインメント」が、始まる。

■ストーリー
制御できないその力を隠しながら警察の特殊捜査官として働く彼は、 未知の物質「XM」の研究所爆発事故現場で不可解な記憶を見る。 事故の唯一の生存者、サラの指環に残されていた記憶。 それは人が赤い光に飲み込まれ、消失する光景だった。 巨大な陰謀に巻き込まれていくマコト。 人間の精神に影響する物質「XM」を巡る戦いが、始まる――。

■スタッフ 
原作 Niantic, Inc. 
監督 櫻木優平 
脚本 月島総記 /月島トラ 
音楽 カワイヒデヒロ 
キャラクター原案 本田雄 
副監督 入川慶也 
CGディレクター 古川厚
美術監督 加藤浩(ととにゃん)/坂上裕文 
美術監督補佐 新井帆海 
モデリングディレクター 宮岡将志 
アニメーションディレクター 小林丸 
撮影監督 野村達哉 
アニメーション制作 クラフター

『イングレス』公式サイト
http://ingressanime.com/

アニメ公式 Twitter
@IngressAnime

©「イングレス」製作委員会



PAGETOP