超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

菊池勇成の「趣味レーション」

  • ブログ

菊池勇成の趣味レーション!(45)

2019/1/17


【第45回】
45回目…んー、四国って行ったことないな

いよいよ始まる2019年第一回目の挑戦!

用意するものはこちら!


ほい!
というわけで「紅茶」に挑戦です!

前回のヒントはそう!
きくてぃー…てぃー…ティー…Tea !
はい、だじゃれだよ!

ひとまず
抽出ポット
サーブ用ポット
カップ
計量器(小数点第1まで量れるやつ)
タイマー

紅茶葉
·アールグレイ
·ダージリン
·イングリッシュブレックファ―スト

と調べて必要なものを取り揃えてみました!

今回はアールグレイからいくよ!

コーヒーより紅茶派だけど、種類での味の違いって意識したことなかったんだよね

どんな茶葉が好きかも知れたらなと思います!

てことでいざ!

まずは…

①お湯を沸かす!そりゃそうだ!

…ただし新鮮な水を使うこと…でないとジャンピングが起こりづらい…?

ジャンピング?なんぞそれは?
えっとなになに?

お湯を入れた時に茶葉が浮き沈みする現象をジャンピングという

ほぅ…美味しさを引き出すテクニックとな
なるほど!

②ポットを温める
ふむ

③ポットを温めてたお湯を捨て、茶葉を入れる 1人前で2~3g

④沸騰したお湯を一気にポットへ

⑤すぐ蓋をして2分半から3分蒸らす


んー…これはジャンピングしてる…のか?

⑥温めたサーブ用のポットに移す


これは純粋に茶葉の抽出のしすぎを防ぐためだね

⑦カップに注ぐ


ん、とりあえず完成!

それじゃ一口…

んー、なんか独特な香りと苦味…
というかそもそもアールグレイってなんぞや?

ということで調べたところ
紅茶にベルガモットオレンジという柑橘系の香りを着香したもの…らしいです。

んで、香りについて
ヨーロッパで生まれたこのフレーバーティー…向こうでは日本の水に比べて硬水が多いんですって

硬水だからどうなるのっていうと、香りが立ちにくい、つまりそれに合わせて作られている茶葉だから、軟水な日本の水だと香りが立ちすぎちゃうらしいです。

なのでミルクティーかアイスティーにするのがオススメだって!

というわけでアイスティーにしてみた!


うん!こっちのが飲みやすい!

実は一回リハでやったときに、その情報を知らなかったのと抽出のしすぎでもう苦くて苦くて(;∀; )

今回は一応成功ってことでいいのかな?
次回はダージリンに挑戦してみよう!

紅茶の入れ方もまだ注意するとこあるみたいだし、そこも踏まえて次はやってみようと思います!

それじゃ次回もお楽しみに!( ≧∀≦)ノ



この記事のキーワード

PAGETOP