『CUE!』、1stアルバムとこれまでの軌跡を「AiRBLUE」が振り返るー第3回『「真面目で気を遣わずに言い合える、でも声が大きい「Bird」』 | 超!アニメディア

『CUE!』、1stアルバムとこれまでの軌跡を「AiRBLUE」が振り返るー第3回『「真面目で気を遣わずに言い合える、でも声が大きい「Bird」』

『CUE!(キュー)』の「AiRBLUE」による1stアルバム『Talk about everything』がリリース。今回は「Bird」の4人にアルバムのことや1年半の歩みの中で変化した関係性、思い出などについて語ってもらった。

ニュース
注目記事
Bird
  • Bird
  • 鷹村彩花
  • 宮原颯希
  • 飯塚麻結
  • 村上まなつ
  • 1stアルバム『Talk about everything』初回限定盤
  • 1stアルバム『Talk about everything』通常盤
“ゲーム”と“リアル”の垣根を超えたプロジェクト『CUE!(キュー)』。TVアニメ化も発表されている本作は、新人声優16人の物語である。メインキャラクターの声を担当する16人のキャストは、「AiRBLUE」というユニットを結成し、物語のキーとなる楽曲を歌唱。これからの活躍が期待される彼女たちが芝居に加えて、歌などを通じて“声優”としても成長していく。

「AiRBLUE」は、2019年11月に1stシングル「Forever Friends」、2020年3月に2ndシングル「beautiful tomorrow」、同年8月に3rdシングル「Colorful/カレイドスコープ」、2021年1月に4thシングル「最高の魔法」を発売。そして季節は巡り、2021年4月21日(水)に、彼女たちの軌跡を収めたともいえる1stアルバム『Talk about everything』がリリースされた。

 超!アニメディアでは、「AiRBLUE」16人全員にインタビュー。「Flower」「Bird」「Wind」「Moon」のチームごとに、本アルバムのことに加えて、1年半の歩みの中で変化した関係性、思い出などについて語ってもらった。第3回目は、「Bird」(天童悠希役・鷹村彩花さん、赤川千紗役・宮原颯希さん、恵庭あいり役・飯塚麻結さん、九条柚葉役・村上まなつさん)。

1stアルバム『Talk about everything』初回限定盤

リーダーらしく振舞わない理由


――「Bird」として活動してきた4人。出会った頃と今でそれぞれの印象や関係性は変わりましたか?

村上 最初は宮原さんが大人しい人というイメージがありました。

飯塚 本当!? 私はなかったよ。

村上 初対面のとき! 挨拶も「宮原颯希です。よろしくお願いします」みたいに、すごく丁寧で緊張している感じじゃなかった?

飯塚 そう言えば、私たち3人が先に集まっていて、さっぴ(宮原)だけ後で合流したんだよね。すでに3人がわーわーしていたところにひとりでやってきたからなのか、確かにあの時は「そろ~り」って感じだったかも。

宮原 そりゃそーよ! 皆さん、もう空気ができあがっていたから!

村上 だから、大人しい子だと思ったんだよ。でもすぐに「あっ、すごく元気な子だ」という印象に変わりました。

宮原 そうなんです(笑)。私は……自分で感じたこととは少し違うのですが、振付を担当していただいている沢口かなみ先生とふたりでお話するとき、毎回のように「Birdの関係性っていいよね」って言ってもらえるんですよ。どうも4人でちゃんと意見交換して、「そこは違うかも」「ここはこうじゃない?」と気を遣わずに言い合える関係性がいいと思ってもらえているみたいで。「めちゃくちゃいい関係だと思うよ」って一年前くらいから褒めてもらっています。最近はより遠慮がなくなっているよね。

鷹村 いい意味で!

村上 そう、いい意味で。割とみんなオープンに何でも話すタイプだもんね。

宮原 そうそう。最近も先生に「すごい」と褒められて嬉しかったなぁ。

――以前別チームの方にインタビューした際、「Bird」は最初からずっと仲良く盛り上がっていたという話をされていました。

飯塚 あれ? 最初から盛り上がっていたのって、「Wind」と「Moon」じゃない?

宮原 プロデューサーの方とどのチームがいちばん賑やかなのかという話をしたときに、私が「『Bird』って、一番テンションが大人しくないですか?」って聞いたんです。そしたら、「確かに」っておっしゃっていて。

飯塚 いちばん真面目なチームかも。

宮原 私もそんな気がする。なので、キャイキャイ系の代名詞は他のチームに譲りたいという気持ちです(笑)。

村上 もしかしたら、私とやかん(鷹村)の声が大きいからうるさいっていうイメージがあるのかも……。

飯塚 確かに、声は大きいかも(笑)

鷹村 でも、話している内容は真剣そのものだよね!

村上 そうそう!

鷹村 まとめると、私たちの声がデカいということで(笑)。

鷹村彩花


――鷹村さんはチームのリーダーですが、今みたいにみんなの意見をまとめるなど普段から意識されていますか?

鷹村 全くないです! というのも、「Bird」はそれぞれが割としっかりしているので。私が「あれやろう、これやろう」と言わなくても、それぞれから「これやったほうがいいんじゃない?」「あれどうなってる?」という意見が出てくるんです。私が張り切ってしまうと関係性が崩れちゃうので、今くらいがちょうどいいんじゃないかな。

宮原 やかんちゃんから「あれやろう、これやろう」って言われたことは、確かにほぼないかも。

鷹村 自由にやっていたほうが「Bird」らしい気がするというか、個性が立つというか……。

飯塚 なんか親鳥みたい(笑)。

鷹村 いや、一時期はね、思ったこともあったよ! 「Moon」のリーダーがしっかりしている姿を見て、私もリーダーらしく振舞った方がいいかなって……。

村上 そうだったんだ! でも、やかんはリーダーとして決めるべき場面ではしっかり決めてくれるよね。チームそれぞれのリーダーが出演する生放送番組でも「Bird」の魅力をちゃんと伝えてくれるし。そういう姿を見ると、「頼れるリーダー」だなって感じる。

飯塚 いつも「Bird」のことを考えてくれているなって思う。

宮原 愛情を感じますね!

鷹村 なので、メンバーには自由にしてもらっていますが、何かあったときはちゃんと責任取ろうとは思っています。

宮原 やった!

村上 何をやっても許されるぞ~。

鷹村 おい!

飯塚 いいチームだね。

飯塚麻結


楽しい・嬉しい・感動……甦る思い出たち


――これまでの活動の中で、印象に残っていることは?

鷹村 私は、2020年12月に行った「Bird」のリーディングライブです。あの時は、2019年に『CUE!』のゲーム内にて配信されたクリスマスのエピソードを少しアレンジした朗読劇をマネージャーさん(『CUE!』を応援する方々のこと)の前で披露しました。私はキャラクターで朗読するのが初めてだったので、新鮮な気持ちでいたんです。
 それだけにすべてが印象的なことだったのですが、何より、リーディングライブでチームのメンバーと掛け合いできたのが嬉しくて! ゲームの収録はひとりでやるので、ちょっと寂しさを感じることもあったんです。みんなとやれることで間合いなどが変わり、お芝居の楽しさを実感しました。

宮原 私は「オンライン個別お話し会」が印象的でした。イベントを行ったのが2月13日だったのですが、その付近が私の演じる千紗ちゃんの誕生日だったんですよ。それもあって、参加してくださったマネージャーさんたちが千紗のフルグラフィックTシャツなどのグッズを身に着けて誕生日をお祝いしてくださったんです。オンラインでの実施だったので直接はお会いできませんでしたが、「おめでとう」と声をかけてもらったのがすごく嬉しくて。感動しました。

――グッズを身に着けてもらうと、「応援してもらえている」ということが分かりやすいですよね。

宮原 そうなんです! 最近のことではありますが、とても思い出深いイベントになりました。

飯塚 「AiRBLUE」にとって初のライブがメインとなる単独イベント『1st Anniversary Party「See you everyday」』が開催できたことが、すごく印象に残っています。アルバムの初回限定盤にもこのライブの映像が収録されていて、ダイジェスト版がYouTubeに配信されていますが、それを観た瞬間に思い出が蘇ってきてウルっときました。
 私、ライブ映像を見るのが大好きなんです。今回は自分たちが出演していたライブだったので、自分が見ていた視線とは違う景色を見られて、なんだか新鮮でした。最初の桜が降ってくる演出には驚きましたし、感動しました。

村上 1stアルバム『Talk about everything』のレコーディング・MV撮影すべてが印象に残っています。今回のアルバムは「AiRBLUE」にとって初となるもので、新曲も4つ新録されています。バラード・ラジオ風・しっとり系・カッコいい系など、曲調もそれぞれ!これまでも色々な曲を歌ったりMVを撮影したりしてきましたが、その度に演じるキャラクターならどう歌うのか、どういう表情をするのかということを意識していました。今回も色々な曲があるなかで明るくて元気らしい柚葉ならどうするのか、ということを考えるのが楽しかったですね。

村上まなつ


これまでの楽曲も踏まえることで見えてくる関係性


――様々な活動を経て、「AiRBLUE」は1stアルバム『Talk about everything』をリリースします。本アルバムには4つの新曲が収録されておりますので、そちらの楽曲ついて、メインで歌唱される方を中心にお話をお聞きできればと思います。まずはリーダーズ(※1)が歌唱する「ミライキャンバス」について。

鷹村 これまでリーダーズがメインで歌った楽曲でいえば、「Forever Friends」があります。その楽曲にも通ずるエモさがありますが、今回は「ミライ」とタイトルに付いている通り、未来への明るい希望をメンバーそれぞれが持っていることが伝わってくるような一曲だと感じました。悠希が落ちサビで「いらない色なんて 今までそう一つもなかったね」と歌っている部分があり、そこのダンスの振りでは、メンバーがそれぞれ2回顔を見合うんです。でも、リーダーズの4人は、最初はそれぞれ違う方向を見ていて、歌詞の最後に1回だけ隣り合う人と顔を見合わせて頷く。私は、(六石)陽菜と向き合いました。
 思えば、「Forever Friends」のときにも陽菜がひとりでいるところに悠希が駆け寄って、「私はここにいるよ」と寄り添っていたんです。だから、今回も「大丈夫、私はいるよ」と悠希が陽菜に言っているような気がして。そういうリーダーズの関係性や、悠希の誰に対しても寄り添える優しい子の一面が、この楽曲で見えました。

飯塚 関係性でいえば、この曲の「Bird」4人で歌っている「笑顔たくさん溢れるように」ってところがすごく好き。「Bird」らしいなって思う。

宮原 タイトルの「キャンバス」に沿った内容になっているのも素敵だなと思っています。「AiRBLUE」にはそれぞれイメージカラーがあるのですが、正直、似たような色の子もいるなって思ったときがあったんですよ。でも、こうやって活動してきて、この曲を歌い、それぞれのイメージカラーの「イロガミ」が登場するMVを撮影してみて、「あっ、やっぱり違う色なんだ」ということが、よく分かりました。このカラーの違いが、16人16通りの人生・物語を描いているようだなとも感じたんです。メッセージ性のある曲に仕上がっていて『CUE!』らしいなと思いました。

村上 撮影が終わった後にみんなで協力して「イロガミ」を集めたんですよ。自分以外の「イロガミ」も拾って、ある子に「これ、拾ったよ」って渡したら「あっ、私の赤はもっと明るいやつなの」って返事がきて。「AiRBLUE」には赤系統のイメージカラーの子が何人かいるんですが、あの言葉を聞いて、「みんな自分の色に対して意識しているんだな」としみじみ思いました。私もそうですが、他のみんなもそれぞれのイメージカラーに誇りを持っていると感じられて、なんだか嬉しくもなりましたね。

鷹村 いい話。私も「イロガミ」を集めたのは印象に残っているなぁ。みんなで集めるのが楽しかった!

(※1)リーダーズ……各チームのリーダーたちの総称。六石陽菜役・内山悠里菜、天童悠希役・鷹村彩花、夜峰美晴役・安齋由香里、丸山利恵役・立花日菜の4名。

――このエピソードでは「Wind」の鶴野さんが、「私だけなかなか集まらなかった」とおっしゃられていました。

鷹村 私、鶴野有紗のやつめっちゃ集めましたよ!

飯塚 イメージカラー似ているもんね。

鷹村 そうなの。拾った時に「あっ、これは自分の色じゃない。(鶴野が演じる) 莉子の色だ」と思って、端っこの方にひとまとめにして置いておいて……。あっ。

村上 置いていたから気が付かなかったんじゃない?

鷹村 そ、そっか(笑)。

――解決しましたね(笑)。そのほか、MVで印象に残っているシーンや撮影時の思い出はありますか?

村上 「Bird」4人で歩くシーンがあるのですが、そこでジャンプしたりケンケンしたり、相手をギュッとしたりしました。それが「Bird」らしいなと思って印象に残っています。あとは落ちサビの悠希! MVでずっとカメラ目線なんですよ。じっと見つめてくれながらあのフレーズを歌ってくれるので、私たちにもすごく刺さるんです。
 悠希って、みんなを引っ張っていくような「リーダーらしいリーダー」という感じではないのですが、なぜかついていきたくなっちゃう。不思議な信頼感があるのが魅力な子だなと思うんです。それが、あの落ちサビにすごく表れているなと思いました。

鷹村 ありがとうございます!

飯塚 私は衣装にも注目して欲しいです。最近のMVでは、ゲームに登場するキャラクターのイラストに寄せた衣装をスタイリストさんが用意してくださるんですよ。あまりにも「まんまじゃん!」と思うようなものなので、衣装に併せてイラストを決めていると思っていたら逆らしくって。そのこだわりに驚きました。ゲームのカードイラストと「ミライキャンバス」のMVで私たちが着ていた衣装を見比べて楽しんでもらえると嬉しいですね。



尊敬するキャラクターたちへの感謝


――アルバムに新録されている「Radio is a Friend!」は、村上さんがメイン歌唱者のひとりとして歌っています。

村上 ラジオをテーマにした、とにかく楽しいが詰まっている曲です。まさか歌のなかに「曲紹介」が入るとは思ってもいませんでした(笑)。本当にラジオをやっているような流れになっているので、「あれ、私、歌を歌っているんだよね?」と錯覚するドキドキ感もある曲です。あとは、ソロパートやセリフが多いので、それぞれの個性がよく出る曲だなとも思いました。私は柚葉らしく、元気・明るさ満タンで歌っています。

飯塚 満タン!

鷹村 満タン!!

村上 な、なにその反応(笑)。それぞれのセリフ部分については、元々いただいていた歌詞から、レコーディングを経て変わったものがあるんですよ。千紗もそうだったよね?

宮原 そう!レコーディングのとき、「これ、千紗っぽくないかもしれないです。私が考えてきたものがあるのですが、それでも一回収録していいですか?」と提案しました。結果、元々の歌詞と2パターン収録し、最終的には私が提案したほうを採用していただけたんです。

飯塚 あの子たちの口調や言葉遣いをいちばん知っているのって、演じている私たちだもんね。

村上 そういうやり取りも含めて、より個性あふれる曲になったなと思いました。

宮原 いま歌詞カード見ているけど、長い(笑)。

飯塚 この曲だけ2ページになっているね(笑)。しかも、歌分けが書いてある! こういうこだわりも嬉しいな。

――アルバムに収録されているもうひとつの新曲「マイサスティナー」は、宮原さんがメインで歌唱されていますね。

宮原 勇ましくて、強い覚悟や信念を感じられる曲です。歌詞を貰ってデモ音源を聞いたときには「さよならレディーメイド」に方向性が似ているなと思いました。同時に、あの時の気持ちの次の段階へ進んだという物語が見えてきたんです。なので、当時「アタック強めに」というディレクションをしてもらったことを思い出しながら、よりアタック強めを意識してレコーディングしました。

飯塚 メインで歌唱する4人らしさが出ている曲だよね。

村上 すごく分かる。

宮原 メインで歌唱する4人は鋭い歌声でアタック強めに歌う人が多いので、この4人で可愛いよりもカッコいい系の曲を歌えたのが、純粋に嬉しかったです。

宮原颯希


――アルバムに収録されている4つ目の新曲「雫の結晶」は飯塚さんがメイン歌唱者のひとりです。

飯塚 この曲をメインで歌唱するメンバーは小さい子が多いので、「CUTE♡CUTE♡CUTE♡」のような可愛らしい曲がくると予想していましたが、ふたを開けてみたらがっつりバラードでした。

宮原 ビックリした!

飯塚 以前にメインで歌唱した「最高の魔法」のとき、「クリスマスソングだからバラードが来るだろう」と思っていたら、カップリングも含めてバラードではなかったので、いい意味で予想を裏切られていました。今回も、「前回絶好のタイミングだったのにバラードがこなかったから、『AiRBLUE』はバラード歌わないかもな」と思っていたところにこの曲がきたので、またいい意味で予想を裏切られましたね。

鷹村 意外性あったよね。

飯塚 そうなの。でも、この4人の可愛らしい歌声だからこそ重すぎず、優しさに包まれたバラードになったかな、とも思っています。個人的に印象に残っているのはDメロ。仮歌の段階では主旋律だけでなく、ハモも入っていたんですよ。だから、ハモも録るものだと思って練習をしていたんです。レコーディングでも「ハモはどうしましょう?」と相談したら、「うーん。ハモがあったらいいですよね」と言われまして。結果的に、どっちも録りました。

村上 そうだったんだ!

鷹村 早く聞きたい。

飯塚 私、主旋律ももちろんですが、ハモリでもキャラクターの声が聞こえてきたら素敵だなと思っているんです。少人数で歌うパートならそれぞれの声が際立つので尚更聞きたくって。それに、「カレイドスコープ」のときから守屋(亨香)さんと佐藤(舞)さんが二人で歌っているパートが大好きで。今回のDメロでも同じパート割りがあったので、そこに「ハモりが加わればいいな」と思い「Dメロ部分、ハモを録るのはどうですか?」と、わがままを言いました。ライブではハモる予定なので、ぜひ注目して欲しいです。

――最後に、皆さんから演じるキャラクターたちに向けて、メッセージをお願いします。それでは鷹村さんから。

鷹村 私からで大丈夫ですか? 逆回りだと勝手に思っていました。

村上 じゃあ、私からいきましょうか。

ーーかしこまりました。それでは、インタビューの締めを鷹村さんにお願いできればと。

鷹村 しまった。

――それでは村上さん、お願いします。

村上 好奇心たっぷりな柚葉ちゃんに、私もすごく明るくさせてもらっています。いつも新しい景色を一緒に見てくれて、見させてくれてありがとう。これからもよろしくね!

飯塚 最初はいつも泣き虫で自分の意見も言えなかったあいりちゃん。最近は心に秘めていた想いを伝えたり、メンバーのことを思える思慮深さを見せたりするようになりました。そういう姿、本当に尊敬しています。あっという間に私なんて15歳のあいりちゃんに超えられてしまうわ、という気持ちでいっぱいですが、これからも一緒に歩んでくれると嬉しいです。

宮原 声優に対する熱意、周りの子の面倒を見るなどの余裕を持とうとする努力、とてもとても尊敬しています。これからも、悩んだり行き詰ったりすることもあると思いますが、色々なことを経験してもっともっと強くなってくれたら、私も嬉しいです。これからも頑張ろうね。

鷹村 私が締め……。変なこと言わなきゃよかったな。……はい! 悠希ちゃん! 私は、同じ仕事をしている身として、あなたが心の支えになっていて、ひとつの指針にもなっています。私ばかりが悠希ちゃんに励まされたり支えてもらったりしているので、今後は私がちょっとでも悠希ちゃんの支えになれればなと思っています。これからも、よろしくね!

1stアルバム『Talk about everything』通常盤

取材/M.TOKU

プロフィール
鷹村彩花【たかむら・あやか】2月5日生まれ。EARLY WING所属。

宮原颯希【みやはら・さつき】10月28日生まれ。81プロデュース所属。

飯塚麻結【いいづか・まゆ】4月15日生まれ。サンミュージックプロダクション所属。

村上まなつ【むらかみ・まなつ】8月24日生まれ。アライズプロジェクト所属。

CUE! 01 Album「Talk about everything」商品情報
発売日:2021年4月21日(水)

【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
価格:7,700円(税込)
[特典映像]
・CUE! 1st Anniversary Party「See you everyday」@カルッツかわさき 大ホール ライブ映像(2020年11月1日開催)
・「Forever Friends」Music Video
・「beautiful tomorrow」Music Video
・「Colorful」Music Video
・「最高の魔法」Music Video
・「ミライキャンバス」Music Video・Off Shot・Making

【通常盤】(CD ONLY)
価格:3,300円(税込)

[CD収録楽曲] (初回限定盤、通常盤 共通)
M1:さよならレディーメイド 作詞/作曲/編曲:奈須野新平(Rebrast)
M2:beautiful tomorrow 作詞/作曲:伊藤 賢 編曲:竹市佳伸、伊藤 賢
M3:CUTE♡CUTE♡CUTE♡ 作詞/作曲/編曲:PandaBoY
M4:ミライキャンバス  作詞:shilo 作曲/編曲:石濱 翔(MONACA)
M5:Colorful 作詞/作曲/編曲:渡辺拓也
M6:our song 作詞:ヒゲドライバー 作曲/編曲:ゆよゆっぺ
M7:Radio is a Friend! 作詞/作曲/編曲:ヒゲドライバー
M8:マイサスティナー 作詞/作曲/編曲:奈須野新平(Rebrast)
M9:最高の魔法 作詞/作曲:水野良樹 編曲:近藤隆史、田中ユウスケ Produced by 田中ユウスケ(agehasprings)
M10:雫の結晶 作詞/作曲:ZAQ 編曲:松田彬人
M11:カレイドスコープ 作詞/作曲:shilo 編曲:伊藤 賢
M12:Forever Friends 作詞/作曲:shilo 編曲:伊藤 賢

CUE! 2nd Party「Sing about everything」情報
日時:2021年8月15日(日)
会場:TACHIKAWA STAGE GARDEN(立川ステージガーデン)
出演:AiRBLUE
※本公演の優先販売申込券が 01 Album「Talk about everything」(4月21日(水)発売)に封入
※有料生配信も予定

(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.
《M.TOKU》

編集部おすすめのニュース

特集