超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

A応Pの巴奎依・広瀬ゆうき・小嶋凛が「クラフタースタジオ」に潜入! 3DCGの制作現場に驚きと感動の連続【レポート&インタビュー】

2019/1/26


 オリジナル長編アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』が2019年1月25日(金)より公開となった。本作を手掛けたのは、フジテレビ「+Ultra」枠で放送されたTVアニメ『イングレス』などを制作する「クラフタースタジオ」だ。そんな新進気鋭のスタジオに、アニメを“勝手に”応援する「アニメ“勝手に”応援プロジェクト」から誕生したユニット・A応Pの巴奎依、広瀬ゆうき、小嶋凛が潜入! 3DCGで作られた本作の制作工程を調査したほか、櫻木監督から作品に対する想いなどをアニメ好きならではの視点から直撃した。本稿ではその一部の模様をご紹介!

(左から)櫻木監督、巴奎依、広瀬ゆうき、小嶋凛

クラフタースタジオに潜入!

知らない世界へ!
 まず、3人が驚いたのは、スタジオの清潔感。某アニメ編集部とは違い、机のうえがしっかりと整理されていたのだ。アニメの制作現場というと忙しなく、紙などの物がありふれているイメージがあった3人は「テーブルに書類などが積み重なっていない!」と、驚きを隠せない様子。スタジオを案内した櫻木監督は物がありふれていない理由について、3DCGでの制作をしているため、基本的にはすべてパソコンで作業をしているからとコメント。3DCGをメインとしているスタジオならではの特徴に3人は納得し、俄然興味が湧いている様子だった。

 その後、実際の3DCG制作の作業について櫻木監督自らが実践しながら説明。3人は一から描き直さなくてもキャラクターの顔の角度を変えたり、モーションをある程度自由に指定したりできるといった3DCGならではの工程に目を輝かせていた。その後、役者さんが実際に動いたアクションをアニメのモーションに取り込む「モーションキャプチャー」の技術についての説明を受け、実践している映像も観た3人は、「すごい!」「動いている」「主人公の猫背の感じがちょうどいい!」など率直な感想を言葉に! 実際に映画の映像を観ていたこともあり、それぞれが思い思いのシーンを思い浮かべながら「あそこはこうやってたんだ……!」と感動しっぱなしであった。

続きを読む



PAGETOP