超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

AnimeJapan2018「A.I.C.O.Incarnation」スペシャルイベントオフィシャルレポート到着!

2018/4/3



 村田和也監督とボンズがタッグを組んだオリジナルバイオSFアクションアニメ『A.I.C.O. Incarnation』のトークイベントが、2018年3月25日(日)、東京ビッグサイトで開催されたアニメの祭典「AnimeJapan 2018」のGREENステージにて行われた。イベントには橘アイコ役の白石晴香、神崎雄哉役の小林裕介、篠山大輔役の竹内良太、白石真帆役の茅野愛衣ら豪華キャスト陣がゲストとして登場し、アフレコ時の様子などについて語った。

 満員となった会場から大きな拍手と歓声があがる中、キャスト陣がステージに登場。まずは本インベント用に制作された「5分で分かる『A.I.C.O. Incarnation』」と題されたPVを上映。しかも、本作の魅力を凝縮した特別映像に合わせ、その場でキャスト陣がナレーションを生アテレコするという単なるPV紹介とは趣向を変えた演出に会場のファンは大喜び。普段なかなか見ることのない声優の迫真のナレーションを、観客たちは固唾を飲んで見守った。

 続いて、キャストトークのコーナーへ。アフレコ時のエピソードについて聞かれた小林は「僕が演じた神崎は説明セリフが多くて。例えば、プライマリーポイント、バースト、ダイバーなど色々あったんですけど、中でも一番難しかったのが“多目的手術装置アルサス”です。なかなか上手く言えなくて大変でした」と専門用語が多い本作ならではの苦労話を披露すると、他のキャストからも共感の声があがっていた。また、村田(和也)監督の強い要望により、普通の言葉でも本作独自のイントネーションに変えなくてはいけないことが多かったという。白石は「でも、独自のイントネーションでやり取りすることで、よりダイバーたちのプロっぽさが出てきたりもするので、そこは監督のこだわりでした」と語ると、茅野も「監督の頭の中で鳴っている音がコレだからコレです、という決まりがあったんです」と監督のイメージに近づけるため試行錯誤を繰り返しながら演じた様子を明かした。また、アフレコ現場の雰囲気について聞かれた小林は「実は、僕と白石さんは本作の現場が“はじめまして”だったんです。僕も人見知りするし、白石さんも人見知りするしで、最初の頃はお互いにずっと台本と睨めっこの状態でしたね(笑)」とコメント。そんな二人の距離を縮めるきっかけとなったのが、茅野の「あだ名でも付け合ってみたら…」という一言だったそう。それについて茅野は「作品ではダブル主役みたいな感じなのに、全然話さないから(笑)。なので、小林くんには“ゆっけ”という可愛らしいあだ名があると以前から知っていたので、二人で“ゆっけ”と“はるはる”で呼び合ったらどう?」と提案したというエピソードを打ち明けた。
※注釈:“はるはる”の名付け親は小林さんとのこと

 最後は登壇者が一言ずつコメント。竹内は「全12話を一気観して頂くことを推奨しております。最初から最後まで息を飲む展開が続きます。篠山は茅野さん演じる白石とバディを組むので、大人ならではのバディの絆や阿吽の呼吸みたいなものを感じて頂ければと思います」。茅野は「実は、私も作品を一気観させて頂きまして、とても感動しました。本当に涙なしでは観られない作品だなと改めて感じましたので、ぜひ皆さんも全12話まるごとご覧ください」。小林は「まずは一度アイコ目線で観て頂いて、二度目は神崎視点で観て頂くと作品の見え方がまるで変わってくると思います。それぞれのキャラクターのことも理解した上で改めて観て頂くと、一つひとつの表情や行動に深みが出てきます。何度も観れば観るほど内容がどんどん入ってきますので、これほど一挙配信に向いている作品ではないかなと思っています」。最後に白石のコメントでイベントは終了かと思いきや、なんとイベント当日が小林の誕生日。本作のキャラクターデザインを務めた石野聡のイラスト付メッセージ色紙と巨大ケーキがサプライズで登場し、感無量の様子の小林を祝福した。

 そして、改めて白石が「本作は近未来的なSFアクションの中に、人間ドラマはもちろん、最後には大きな感動も待っています。魅力満載の作品となっておりますので、ぜひご覧頂ければと思います」と語り、イベントは幕を閉じた。







<「A.I.C.O. Incarnation」情報>
 
Netflixにて全12話を全世界独占配信開始

◆あらすじ
2035年11月。人工生体の研究中に起きた大事故“バースト”により、黒部峡谷一帯は暴走した人工生命体“マリグナント・マター”に侵蝕された。そして2037年。バーストで家族を失った15歳の少女・橘アイコは、謎を抱えた転校生・神崎雄哉と出会う。彼はアイコの身体に隠された“秘密”と、それを解くことができる“鍵”の在り処を告げる。
「この災厄に終止符を打てるのは……君しかいないんだ」運命に翻弄された少女が、辿り着く先とは――。

◆スタッフ
原作:BONES/監督:村田和也/シリーズ構成:野村祐一/
キャラクター原案:鳴子ハナハル/キャラクターデザイン・総作画監督:石野 聡/
コンセプトデザイン:岡田有章/メインメカニックデザイン:高倉武史/
マターデザイン:三輪和宏/美術監督:東 潤一/色彩設計:岩沢れい子/
CGIディレクター:太田光希/撮影監督:福田 光/編集:坂本久美子/音楽:
岩代太郎/サウンド・プロデュース:UTAMARO Movement/音楽制作:
ランティス/オープニング主題歌:TRUE/エンディング主題歌:白石晴香/
音響監督:明田川仁/音響効果:古谷友二/アニメーション制作:ボンズ

◆キャスト
橘アイコ:白石晴香/神崎雄哉:小林裕介/
相模芳彦:古川 慎/水瀬一樹:村田太志/芹 遙香:名塚佳織/三沢 楓:M・A・O/
篠山大輔:竹内良太/白石真帆:茅野愛衣/
黒瀬 進:大川 透/伊佐津恭介:子安武人/南原顕子:田中敦子

■月刊少年シリウスにてコミカライズが連載中!

公式サイト 
www.project-aico.com

公式Twitter 
@Project_AICO

©BONES/Project A.I.C.O.



PAGETOP