超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

放送直前! TVアニメ『装神少女まとい』から諏訪彩花、大空直美、戸松遥らキャストコメントが到着!!

2016/10/4


 2016年10月4日からTOKYO MXほか順次放送開始のTVアニメ『装神少女まとい』。放送が間近に迫った本作より、キャストコメントと集合写真が到着した。

 TVアニメ『装神少女まとい』は、『Re:ゼロから始める異世界生活』や『ご注文はうさぎですか?』などのアニメーション制作で知られるアニメスタジオ・WHITE FOXが新たに挑むオリジナルアニメーション作品。

inside2016100407-01

後列:左から檜山修之(カリオテ役)、川澄綾子(春夏・ルシエラ役)、東地宏樹(皇 伸吾役)、阿部敦(手塚秀夫役)
前列:左から戸松遥(クラルス・トニトルス役)、諏訪彩花(皇 まとい役)、大空直美(草薙ゆま役)

■質問内容
(1)「装神少女まとい」放送直前の今の気持ちを教えて下さい。
(2)ご自身の演じているキャラクターの見所を教えて下さい。
(3)放送を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

<諏訪彩花さん(皇 まとい役)>
(1)ついにきた~!!!という気持ちです!皆さまにお届けできる日を楽しみにしていたので、すごく嬉しいですし、ドキドキしています!
(2)やっぱり巻き込まれ体質なところでしょうか??とにかく動きや表情がとても可愛いんです!纏創したまといちゃんの活躍にも注目してほしいです!!!
(3)この作品には可愛さ、笑い、神秘、アクション、家族の愛、などたくさんの魅力がぎゅっと詰まっています。たくさんの方々に感じて頂けたら嬉しいです!
今までにない和風魔法少女の物語!『装神少女まとい』ぜひお楽しみください!!!

<大空直美さん(草薙ゆま役)>
(1)ドキドキしています!オリジナル作品ということもあり、わたしたちみんなで作品を作っているんだ、という感覚を、より強く感じながら演じてまいりました。
まといの世界を、たくさんの方に愛していただけますように…!見てくださった方に楽しんでいただけたら幸せです。
(2)ゆまちゃんは、自由奔放で猪突猛進!ピンチのときも我が道をゆく、空気をドンドン壊していくような…見ていて気持ちがいい女の子です。演じていると、
自然にアドリブをどんどん入れてしまう感覚が楽しいです。リアクションが昭和だったり、一挙一動がぴょこぴょことマスコットのように可愛らしかったりするところも魅力です!
(3)神様を身にまとい、闘うシーンもかっこいいですし、登場人物ひとりひとりに物語を感じるところも素敵です。
作品の中で繰り広げられる人間ドラマにも注目していただけたらと思います。ギャグシーンもいっぱい!
見どころもりだくさんの『装神少女まとい』。どうぞご期待ください…!よろしくお願いいたします!

<戸松 遥さん(クラルス・トニトルス役)>
(1)素直にとても楽しみです!オリジナルアニメになりますので、私自身毎回台本を読むのが楽しみです。早くみなさんに見ていただきたい気持ちでいっぱいです
(2)アンチ・クリードと呼ばれているクリードキラーを排除しようとする組織にいる女の子で、才能やスキルも幼い頃から優秀なクールな女の子です。
ただ、なぜここまでクリードキラーを忌み嫌うのか理由もあるのでそこも楽しみにしてていただけたらと思います。
(3)バトルシーンはもちろんのこと、それぞれの登場人物もみんな個性豊かで、それぞれ抱えているものがあります。
バトルだけでなく愛や絆、人間ドラマにも是非注目していただけたらと思います!お楽しみに!

<東地宏樹さん(皇 伸吾役)>
(1)ついにきたか。という感じですね。とっても、楽しみであります!
(2)オヤジの切なさ、ダメさ、カッコ良さ。全て兼ね備えた伸吾くんをよろしくお願いします!
(3)見ていただければ、わかると思いますが、とっても面白いです!毎週欠かさず見てくださいね!

<川澄綾子さん(春夏・ルシエラ役)>
(1)毎回の収録を、とても良い雰囲気の中で行えているので、そのチームワークが見て下さる皆さんにも伝われば嬉しいなと思います。
(2)敵なのか味方なのか、謎の多いルシエラですが、これからどのようにまとい達と関わっていくことになるのか、注目して下さい。
(3)和風魔法少女といった趣で、変身後もとても可愛らしいですし、様々なキャラクター達も個性豊かです。是非、「装神少女まとい」の世界を楽しんで下さい。

<檜山修之さん(カリオテ役)>
(1)どの作品でもそうですが、いよいよ始まる!という感じです。皆さんに楽しんでもらえればと思っています。
(2)クールです。淡々としています。笑いの要素は一切ありません(今のところ)
(3)かわいさとハードさ。ユーモアとシリアス。いろいろな要素がとてもいいバランスでとりこまれてる作品です。楽しんで下さい。

<阿部 敦さん(手塚秀夫役)>
(1)とてもワクワクしています。早く画面狭しと動くまとい達を観てみたいです。
(2)とてもお調子者で、でもどこか憎めない手塚君を演じています。個人的にも好きなキャラなので見守ってあげて下さい(笑)
(3)バトルに神様に可愛いキャラクター!とてもグッと来ます皆さんも是非楽しんで下さいね。

 キャストからは、かわいいキャラクターと、そのキャラクターたちが繰り広げる人間ドラマを推す声が強いようだ。放送ではその点に注目して視聴してみてはどうだろうか。

<『装神少女まとい』作品概要>

inside2016100407-02

西暦2016年――。釜谷市にある「天万神社」で、巫女のアルバイトをしていた中学2年生、皇(すめらぎ)まとい。幼少の頃に母と生き別れになった彼女は、父方の祖父母の家に長年預けられており、三ヶ月前からようやく父である伸吾とふたりで暮らし始めた。そんな境遇からか、まといは平凡で穏やかな日常に憧れていた。
まといの親友で、バイト仲間である草薙(くさなぎ)ゆまは、「天万神社」の神主一族に生まれた次期巫女候補であった。彼女は、一族が悪霊を払うための「退魔行」を先祖代々行っていたことを知り、まといを誘って「退魔行」にまつわる儀式「神懸りの儀」にチャレンジしようとする。
学校が終わり、いつものように神社へと向かったふたりであったが、そこで荒らされた境内と、傷つき倒れたゆまの両親に遭遇する。さらに、刑事である伸吾が捜査を行っていた怪事件の重要参考人で、どこか正気でない雰囲気を纏った男の姿もあった。暴れる男を抑えようと、ゆまは咄嗟に「神懸りの儀」を執り行ったのだが、異変が生じたのはゆまの方ではなく――。
平凡で普通の生活を求めていた少女に与えられたのは、神を纏って悪霊を払う能力!? 皇まとい、誰にも邪魔されない穏やかな日々を取り戻すため、
退魔活動(タイカツ)に励みます!

▼1話先行カット
inside2016100407-03

inside2016100407-04

 

TVアニメ『装神少女まとい』公式サイト
http://www.matoi-anime.com/

(C)BOWI/まとい製作委員会



PAGETOP