超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「俺が、俺たちがガンダムだ!」橋本祥平らキャストが舞台『機動戦士ガンダム00』へ意気込みをアピール【レポート】

2019/2/16



 舞台『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』の初日挨拶と公開ゲネプロが、2月15日(金)に東京・日本青年館で行われた。初日挨拶には、橋本祥平(刹那・F・セイエイ)、伊万里有(ロックオン・ストラトス)、鮎川太陽(アレルヤ・ハプティズム)、永田聖一朗(ティエリア・アーデ)、前山剛久(グラハム・エーカー)、赤澤燈(リボンズ・アルマーク)、窪寺昭(アリー・アル・サーシェス)が登壇。

 橋本は「ガンダムを舞台化するということを、誰が思ってたでしょうか。表現の幅が広がったことが嬉しくもありますし、演劇の可能性は無限大だと感じています」と、未知なるコラボレーションへの想いを明かすと、鮎川も期待と不安の入り混じった心境を語り「新しいものに挑戦する、0を1にするのは大変。期待に全力で応えられるよう努力してきた」と力強く語った。さらに赤澤も「昨日の夜、祥平がグループLINEで『ガンダムという作品に、演劇で武力介入しよう』と送ってきて。“ガンダム”という4文字に立ち向かうには、“演劇”の4文字しかない」と決意を語った。

 さらに舞台について、伊万里が「アンサンブルの方がものすごく頑張ってくれている。彼らのこともしっかり観ていただければ」とコメント。永田が「ティエリアは自分からかけ離れたキャラクターだけど、実は子供で、精神的に未熟なところがあるのは自分にも共通していると思います。舞台上で等身大のティエリアを演じられたら」と、演じる役について語った。前山も「(演じるグラハム・エーカーは)愛について語るんですが、僕も愛がモットーなので(笑)」と笑顔を浮かべた。また、特殊な衣装について窪寺が「暑い場所は暑く、寒い場所は寒い」と着心地を明かし、笑いを誘う一幕も。

 ゲネプロで注目を集めたのは、ガンダムの演出と戦闘シーン。特殊な装置を使い、バトルシーンをスピーディーかつスリリングに描き出す。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

舞台 『機動戦士ガンダム00 -破壊による再生-Re:Build』

■公演日程・会場
東京公演 2019年2月15日(金)~18日(月)日本青年館ホール
大阪公演 2019年2月23日(土)~24日(日)森ノ宮ピロティホール
■脚本・演出:松崎史也
■監修:水島精二

■キャスト 
刹那・F・セイエイ:橋本祥平
ロックオン・ストラトス:伊万里有
アレルヤ・ハプティズム:鮎川太陽
ティエリア・アーデ:永田聖一朗  
グラハム・エーカー:前山剛久
ビリー・カタギリ:一内 侑        
スメラギ・李・ノリエガ:立道 梨緒奈
フェルト・グレイス:松村 芽久未 
ラッセ・アイオン:澤田拓郎
リヒテンダール・ツエーリ:阿瀬川健太
クリスティナ・シエラ:小林未往
セルゲイ・スミルノフ:加藤靖久
ソーマ・ピーリス:希代 彩
カティ・マネキン:平湯樹里
パトリック・コーラサワー:瀬戸祐介
アリー・アル・サーシェス:窪寺昭
リボンズ・アルマーク:赤澤燈
ヨハン・トリニティ:坂垣怜次
ミハエル・トリニティ:船木政秀
ネーナ・トリニティ:伊藤優衣

■原作:『機動戦士ガンダム00』(『機動戦士ガンダム』シリーズより)
■企画:サンライズ
■主催:ガンダムライブエンタテインメント実行委員会

【チケット】
■チケット料金:8,800円(全席指定、税込)
■前売り開始
オフィシャルHP先行
2018年9月21日(金)12:00~10月7日(日)23:59
https://l-tike.com/st1/sgundam00-hp 
ローソンチケット先行
2018年10月12日(金)12:00~11月11日(日)23:59

詳しくは抽選申込ページをご確認ください
https://l-tike.com/s-gundam00/

一般発売 2018年11月25日(日)10:00~
https://l-tike.com/s-gundam00/

※最新情報はオフィシャルサイトをご確認ください
■公式サイト: http://www.gundam00.net/stage/
■公式ツイッター: @stage_g00

<公演に関するお問合せ先>
インフォメーションダイヤル TEL:03-5793-8878(平日13:00~18:00)

©創通・サンライズ



PAGETOP