体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】 | 超!アニメディア

体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】

9月27日(金)から、東京・シアター1010にて、体内活劇「はたらく細胞」が開幕。公演を前に、囲み取材が行われ、北村諒、川村海乃、君沢ユウキ、杉江大志、高木俊が登壇。 (高木さんの高は「はしごだか」が正式表記)  初 …

ニュース
注目記事
IMG_6928
  • IMG_6928
  • 体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】
  • 体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】
  • 体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】
  • 体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】
  • 体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】
  • 体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】
  • 体内活劇「はたらく細胞」が開幕!北村諒「体感して楽しみながら勉強もできる素晴らしいコンテンツ」【レポート】

 9月27日(金)から、東京・シアター1010にて、体内活劇「はたらく細胞」Ⅱが開幕。公演を前に、囲み取材が行われ、北村諒、川村海乃、君沢ユウキ、杉江大志、高木俊が登壇。
(高木さんの高は「はしごだか」が正式表記)


 初日を迎え、北村は「この作品はお客様とつくるシーンや空気感が大事なので、やっとお客様と一緒に完成に持っていけるんだと思うと楽しみです」とコメント。川村も「お客さんと絡むのもありますし、テンポと笑い、あとはインフルエンザがお客さんをいじり倒すので、楽しみで仕方ないです」と語り、インフルエンザウイルス感染細胞役の高木にプレッシャーをかける。君沢は「お客様が、一般細胞の皆さんが劇場に来てからが完成なので。ワクワクしています」と語り、杉江は「イメージでしかなかったものが映像や照明が入って形になったなと思います。それを見て、お客さんがどんな反応を返してくれるのか楽しみにしてます。不安もありドキドキしています」と語った。高木は「去年は大好評でしたが、やるからには去年を超える作品になっていると思います。僕としては、油断しているお客様をいじっていじって……いじって楽しんでいきます」と語った。

 また、稽古中のチームワークについて聞かれると、川村が「稽古場で君沢さんに熱血応援してもらって、仲間だなという気持ちになりました。活性化しました」と語ると、北村は「『ここは、こうしたほうがいいんじゃない』と声かけあえられるのが、素敵なチームでした」と現場の雰囲気の良さを明かした。

 また、前作とに変化については、引き続き出演している高木が「いい意味で、全然違います。新しいです」と語ると、同じく君沢も「ベースがありつつ新しいキャストが来たので、パワーアップしています。そういう意味で『Ⅱ』をやった意味はあると」とコメント。一方、新キャストの杉江は「前作へのリスペクトを持ちつつ、(登場キャラクターが)個性豊かだから、そこは引き継げている部分だと思うし、各々の個性が混ざって、『Ⅱ』ならではの『はたらく細胞』になっていると思います」と語った。

 最後に北村が「この舞台は、体感できるのが魅力です。体感して楽しみながら勉強もできるので、遊園地に行って勉強もできるというような素晴らしいコンテンツです。お子さんにも楽しんでもらえるよう頑張ります」とアピールして、挨拶を締めくくった。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

<タイトル>
体内活劇『はたらく細胞』II 

<日程・会場>
日程:2019年9月27日(金)~10月6日(日)
会場:シアター1010  
http://www.t1010.jp/html/access/index.html 

<キャスト>                                                         
白血球(好中球):北村 諒 赤血球:川村海乃 /
キラーT細胞:君沢ユウキ /
 一般細胞:杉江大志 がん細胞:山田ジェームス武 B細胞:糸川耀士郎 記憶細胞:北村健人 /
 制御性T細胞:甲斐千尋 樹状細胞:川隅美慎 NK細胞:宮原華音 血小板:田中紗羽 木村奏南 /
アンサンブル細胞:高久健太 菅野慶太 福田圭佑 前田りょうが 相田真滉 高橋 凌 網代将悟
         栗本佳那子 松田祐里佳 田中里奈 柿の葉なら /
化膿レンサ球菌:増田裕生 インフルエンザウイルス感染細胞&ムンプスウイルス:高木 俊 黄色ブドウ球菌&日和見菌:小玉久仁子  肺炎球菌&悪玉菌:澤田拓郎                                                                                            

<スタッフ>
原作:清水 茜(講談社「月刊少年シリウス」連載)
演出・脚本:川尻恵太(SUGARBOY)
制作:トライフルエンターテインメント
主催:体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト(アニプレックス/トライフルエンターテインメント/講談社)

<STORY>
人間の体内におよそ37兆個 あるといわれている細胞たち。 
白血球、 赤血球、 血小板、 マクロファージ、 記憶細胞、 キラーT細胞、 NK細胞、 B細胞、 マスト細胞etc…今日も彼&彼女たちは体内を舞台に奮闘中。 
一人立ちを目指し循環器を自分の力で巡ろうとしたり、 それをこっそりサポートしようとしたり、 襲来してきたウイルスを撃退すべく古の記憶を呼び覚まそうとしたり…
さらには、 一般細胞が迷子の乳酸菌を拾ったことから始まる“腸”大冒険もあったり!
道中では遭遇する菌やウイルスたちとのバトルに加え、 あの最強の敵が再び白血球(好中球)たちの前に立ちはだかる――
2018年の初演も大好評だった“体内活劇”待望の第2弾!!
今回も細胞たちは一生けん命はたらきます!
ご期待ください!!

舞台公式サイト
hataraku-saibou.com/stage/ 

公式Twitter
@saibou_butai

(C)清水茜/講談社・体内活劇「はたらく細胞」プロジェクト2019

《超!アニメディア編集部》

編集部おすすめのニュース

特集