超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

ユニット活動4周年のPyxisがキュート&ハイテンションナンバー「恋せよみんな、ハイ!」リリース!豊田萌絵と伊藤美来が魅力をお届け!【インタビュー】

2019/6/11


 

 人気声優の豊田萌絵と伊藤美来によるユニット・Pyxisが最新シングル「恋せよみんな、ハイ!」を6月5日にリリース。同名のリード曲は、TVアニメ『ノブナガ先生の幼な妻』のOPテーマにも起用されている。発売中の「アニメディア7月号」には、Pyxisのふたりが「恋せよみんな、ハイ!」の魅力や歌うことの楽しさを語ってくれたインタビューを掲載。「超!アニメディア」では、記事で紹介しきれなかった部分を中心に、長文版で紹介する。

――新曲「恋せよみんな、ハイ」は、ハイテンションな楽曲ですね。

豊田萌絵(以降、豊田)
 一度聴いたら、クセになってしまうと思います。大好きな畑亜貴さんが作詞を、作曲は憧れのTom-H@ckさん。どんな曲になるか楽しみにしていたのですが、すごく早口でパンチが効いた、期待を裏切らない曲になりました。

伊藤美来(以降、伊藤) Pyxisでこういう、いろんな遊び心があって楽しい楽曲を歌えるのがうれしかったです。テンポが速いので、ちゃんと歌えるかドキドキしましたけどね。

――練習はたくさんしましたか?

伊藤
 歌詞を覚えるまではかなりたくさん練習しました。リズムも大事だし、噛んじゃいけないし、感情も入れないといけないので。同時にいろいろなことを意識しなければいけないので大変ですけど、一度覚えてしまえば口が覚えています。苦労したのは最初のうちだけで、何度も歌っているうちにどんどん楽しく歌えるようになりました。

豊田 私の場合は、母がピアノ教室の先生をやっていて、私自身も吹奏楽をずっとやっていたので、いつもは聴きながら譜面を見て曲を覚えるんです。でもこの曲は、譜面のページ数がすごく多いし、テンポが速いから、ページをめくるのが追いつかなくて。だから今回は、めずらしく譜面を見ずにテンションで覚えました(笑)。

――とくに「ここは聴きどころ」だというポイントはありますか?

豊田
 畑亜貴さんの天才的なワードセンスもそうですけど……冒頭で私が叫んでいる、本気の「イヨ!?」とか(笑)。あと、歌詞では「犬」「猫」と表記されている部分を「ワン」「ニャン」、「兎」を「ピョン」と歌っているところなど、遊び心がたくさんあります。

伊藤 曲の最後のリップ音もポイントです。「チュッ」と、歌詞だけでなく音でもしっかり入っているので、ぜひヘッドフォンやイヤフォンで聴いてほしいです。

続きを読む



PAGETOP