超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

石田燿子がダブルアニバーサリーを祝う記念アルバムをリリース!「『いつ聴いてもいいね』と言われる歌い手でいたい」【インタビュー】

2018/12/18


 石田燿子が、歌手活動25周年と、歴代の主題歌を歌ってきた『ワールドウィッチーズ』シリーズの10周年を祝う“ダブルアニバーサリー”アルバム『ソラノウタ』をリリース。本アルバムについて語ったインタビューが『アニメディア1月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では、記事内でお届けしけれなかった部分を含めたインタビュー全文をご紹介する。

――今年は、石田さんのデビュー25周年と『ワールドウィッチーズ』シリーズ10周年のダブルアニバーサリーですね。
 そうなんです。「せっかくのアニバーサリーだから」と思っていたら、レコード会社の方から提案いただき、アルバムが出来ました。

――2008年7月~9月に放送された『ストライクウィッチーズ』第1期のOP「STRIKE WITCHES~わたしにできること~」の担当が決まったときのことは、覚えていますか?
 よく覚えています。デビューシングル「乙女のポリシー」も日本コロムビアさんからリリースさせていただいたんですが、それから15年経って『ストライクウィッチーズ』第1期のOPのお話をいただいて。ただ、そのときはこんなに長い付き合いになるとは思っていませんでしたから、本当にご縁があったんだなと感謝しています。

――「STRIKE WITCHES ~わたしにできること~」はどんなふうに歌おうと考えていましたか?
 初めて聴いたときに、アニソンの王道だなと感じたんです。歌詞は勇気や元気をくれるし、曲は聴いていてワクワクするようなものだなと思って。実際に歌ってみてもすごく気持ちがよくて、空を飛んでいるような広がりを感じたので、とくにこうやって歌おうとは考えず、メロディーと歌詞を自分で感じながら歌いました。

――今回は、歴代の主題歌も収録されていますが、それらも歌い方的には変わらない感じですか?
 そうですね。メロディーと歌詞に思いを乗せて歌っていきました。
続きを読む



PAGETOP