超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

安野希世乃2ndミニアルバムは、1stミニアルバム『涙。』から一転して「笑顔」がテーマ「私は悲しい歌でこそ、笑っていたいんです」【インタビュー】

2018/11/8


安野希世乃

 『マクロスΔ』のユニット・ワルキューレのリーダー・カナメ役としても活躍している安野希世乃が、2枚目となるミニアルバム『笑顔。』をリリース。1stミニアルバムのテーマ「涙」がテーマだっただけに、「悲しい曲ばかり歌っていると心がつらくなるから、明るい曲も歌いたい!」と宣言したという彼女。しかし、集まった曲はポップなものだけではなかった……。アルバム制作や「笑顔」というテーマ、そしてアーティストとしての歌へのアプローチについても語ってもらった。

「明るい歌も歌いたい」という希望が通ったミニアルバム

――今回のミニアルバムは1stの『涙。』とは真逆の『笑顔。』というタイトルが印象に残りますね。
 『涙。』は、プロデューサーの福田(正夫)さんの、「安野さんには泣きの歌が似合う」という確固たる意思がありまして、私はソロとしてコンセプトを持って収録に挑むのが初めてだったので、「ついていきます!」と始まったレコーディングでした。でも、私が「悲しい歌ばかり歌っていると、影響を受けて心がしんどくなる。明るい歌も歌いたい」と言っていたところ、「次は明るい歌も歌いましょう、タイトルは『笑顔。』でどうですか」という形で決まりました。まずタイトルを決めて、そのコンセプトのもとに曲を集めていただいたんです。

――安野さんからは、こういう歌が歌いたいという希望は伝えたんですか?
 いえ、安野からは何も言っていません。でも、いただいた曲が全部ステキでしたから、歌っていて面白かったです。

――最初に聴いたときに、とくにビビッときた曲は?
 「ふわふわとしてる」かな。私、伊藤真澄さんの音楽が好きで、ああいうメルヘンで、コーラスが分厚くて、聴いていて気持ちがよくなるような、ひとりオーケストラみたいな歌を、いつか歌えたらいいなと思っていて。今回、EPOさんが詞と曲を書いてくださったこの曲が、「まさにこういう気持ちのいい歌が歌いたかったんだ!」という曲で、歌っている間中、ずっと幸せでした。あまりにも気に入りすぎたので、普段でも「ふわふわ」を乱用しています(笑)。

――ツアータイトルも、先日Fm yokohamaで始まった初の単独ラジオ(『ふわふわな話をしようかな、どうしよっかな』。)にも「ふわふわ」が入っていますね。
 そうなんです。一応いくつかほかにも案は出たんですが、異論はなくて(笑)。

――ミニアルバムでは2曲目になりますが、ものすごくかわいい曲ですよね。
 「ふわふわとしてる」はEPOさんが『涙。』」を聴いてくださって、「私が抱いた安野さんのイメージに沿って作りました」と言ってくださったんです。だから、周りから見た安野は、きっとこんなイメージなのかな。

――歌い方もとてもかわいくて、恋に恋をしている少女という印象でした。
 そのつもりでした! 私の等身大の歌い方をしてしまうと、ちょっと心配になっちゃうくらい、夢見る女の子像が描かれているので(笑)、とにかくかわいく、少女の心で歌おうと考えたんです。歴代の『涙。』ガール、『笑顔。』ガールのなかでも、一番かわいいんじゃないかな。「ねぇ、話をしよう」(「涙。」収録)よりも甘さを意識して歌ったんです。ふわもこのパジャマを着て、天蓋付きのふわふわのベッドに寝ているようなイメージですね。私は、イケアのベッドで寝ていますけど(笑)。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP