超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

楠田亜衣奈の人生観を垣間見える最新アルバム『The LIFE』が登場!【インタビュー】

2019/7/13


 声優、そしてアーティストとして活躍する楠田亜衣奈が、7月17日に5thアルバム『The LIFE』をリリースする。本作は「ひとりの女性の物語」をテーマにしたコンセプトアルバムとなっており、楠田自身も3曲の作詞に挑戦。制作の思い出を語ってくれたインタビューが「アニメディア8月号」に掲載されている。「超!アニメディア」は、掲載しきれなかった部分を含めたインタビューの長文をご紹介しよう。

──今作『The LIFE』は、どのような経緯で制作されましたか?
 もともとは9月16日から開催されるライブツアー「楠田亜衣奈4th LIVE TOUR―The LIFE―」の話が先に進んでいて、昼夜2公演で行われることまで決まっていました。せっかくなら昼と夜とで二面性のある内容にしたいなと思い、だったらライブの軸となる最新アルバムにも二面性を持せたいと考えたんです。それでいろいろ考えた結果、“過去・現在・未来”というコンセプトで楽曲を作ってみようと決めました。とはいえ、楠田亜衣奈の過去・現在・未来だけを楽曲にしても、リスナーの方に共感してもらうことは難しいですよね。やっぱりリスナーの方自身の過去・現在・未来ともリンクするアルバムにしたかったので、『The LIFE』では私と同じ歳である“30歳の女性”という架空の人物を主人公に据えて、その女性の人生という物語を通して、過去・現在・未来を描くことにしました。

──なかなか壮大なテーマですね。
 結果的に、ですけどね(笑)。ぜひ、ひとりの女性の自叙伝を読んでいるような気分で、『The LIFE』を楽しんでもらえたらと思います。

――“ひとりの女性の物語”というテーマでの制作を通して、どんなことを感じられましたか。
 人生にはいろんな側面、またいろんな見方があるんだなと感じました。たとえば、私と同じ30歳の女性であっても、結婚されていたり、出産されていたり、はたまたお仕事で大成功を収められていたり。私がまだ経験していないことも含めて、さまざまな形が人生にはあるんですよね。過去や未来についても、行動ひとつでいろいろな“もしも”があると思いますし。もっと言えば、“楠田亜衣奈”の捉え方も、私と周りの人とで違うんだなと思って。アルバム制作のなかで、そういった人生の多彩な面を、過去・現在・未来という時間軸で作ることができたらいいなと感じました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP