超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『機動戦士ガンダムNT』の初日舞台挨拶で語られるそれぞれの想いと見どころ – 息遣いひとつにもこだわる役者たちの芝居にも注目【レポート】

2018/11/30


 宇宙世紀シリーズ最新作にして『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く『機動戦士ガンダムNT』の初日舞台挨拶が2018年11月30日(金)に丸の内ピカデリー1にて行われた。登壇者はヨナ・バシュタ役の榎木淳弥、ミシェル・ルオ役の村中知、リタ・ベルナル役の松浦愛弓、ゾルタン・アッカネン役の梅原裕一郎、脚本を担当した福井晴敏氏、吉沢俊一監督、小形尚弘プロデューサー。

ガンダムNT(左から)吉沢俊一監督、福井晴敏氏、ミシェル・ルオ役の村中知、ヨナ・バシュタ役の榎木淳弥、リタ・ベルナル役の松浦愛弓、ゾルタン・アッカネン役の梅原裕一郎、小形尚弘プロデューサー

 登壇者が整列したところで一言ずつ挨拶。それぞれが公開を楽しみにしていたこと、色々な方の目に触れたことによるドキドキとワクワクの心境などを言葉にした。挨拶の後はMCの綾見有紀から作品に関わるいくつかの質問が登壇者に投げかけられる。最初に質問されたのは本作で最も印象に残っているシーンについて。榎木は衝撃的なシーンが多い中でもガンダムが初めて登場するシーンをピックアップ。加速するところなど息をのむような迫力のシーンが見どころだと語った。

 また、小形プロデューサーは芝居の面について触れ、「4人の個性が前面に出た作品。この役者が揃わなければこうはならなかった」と絶賛。イベントでは、福井氏が村中の芝居を見たときに「ミシェルに出会えた気がした」と思ったことをコメントしたほか、小形プロデューサーは梅原が復帰後すぐだったにも関わらず見事な叫びの芝居をしたことに驚き、そして感謝したことなど、役者陣の芝居を称えていた。

 吉沢監督は緊張した面持ちながらも「浜辺のシーンが印象に残っている」とコメント。物語の始まる場所であり収束する場所でもある、それゆえに福井氏とも何度もやり取りをして完成させたシーンになったというエピソードを感慨深そうに語った。

 続いて、「ガンダム作品に関わってみた気持ち」について問われたのは榎木。彼はガンダムへの憧れについて触れつつ、「ガンダムに乗れるとは思っていなかった」という驚きを言葉にする。続けて、「ガンダム好きの皆さんの期待を裏切らないようにという一心です」と、ガンダム乗りになったいま感じる確かな想いについて吐露した。

 イベントでは本作品に関わってみての思い出についてもトーク。声優としての経験値はあるもののまだ高校生の松浦は「皆さん(の芝居)が上手なので勉強になった」とアフレコで学んだことが多かったと一言。また、ガンダムについてあまり知らなかったためアフレコ前に勉強したが「最初は言葉が難しくて分からなかった」「現場に入ったときに皆さんが詳しくてどうしようかと思った」という初々しいエピソードを次々と披露した。

 続いて行われた質問は『機動戦士ガンダムNT』のなかでもう一度見てほしいポイントについて。榎木は息遣いにも気を付けていて、派手ではなく、漏れ出す息などリアリティを感じてもらえるところと、演技面での注目ポイントをピックアップ。村中は一回目で大筋が把握できれば、二回目に観たときに登場キャラクターがそれぞれ何を思って生きていたのかが分かってくる、と作品の奥深さについてコメントし、さらにはセリフの伏線などにも注目して欲しいと語った。

 また、福井氏は「ニュータイプ」という点について過去のシリーズでは踏み込んでいないところを描いているとコメント。設定などがあったわけではなかったが、過去のシリーズから類推していくとこうだろうとしか思えないという解釈になっているという。

 ここでMCから吉沢監督に対して「ご自分がニュータイプだなと感じた瞬間は?」という質問が。吉沢監督は、「富野(由悠季)監督がキレる数秒前は分かる」という、ある特定の場面においてまさにニュータイプの如し感性が働くようになったことを言葉にし会場を沸かせた。

 イベントの最後には登壇者それぞれがコメント。福井氏は「禁断の扉が開かれてしまった」というメッセージを残しつつ、「キャラクターたちの物語は完結するものの、宇宙世紀におけるサイコフレームの物語は動いていく」と今後の展開について触れる。また、梅原は「熱量のある作品になっている」と、作品への手ごたえを言葉にし、そして、「面白かったと思った人は一人でも多くの人に伝えていただければ」と、作品を多くの人の目に触れてもらえるよう会場に駆け付けた方々へ呼びかけた。

 続く榎木も「キャスト・スタッフ一同やれることは出し尽くした。あとは観てくださる皆さんが判断してくだされば。何度も観て周りの方にもぜひ勧めていただければと思います」というメッセージを残す。挨拶の最後を務めた吉沢監督は「とにかく観ていただけるというのがスタッフ一同嬉しい」と、感謝を述べたのち、「二度、三度楽しめる作品にしたつもりですのでよろしくお願いします」とコメントし、イベントを締めくくった。

 

作品情報
『機動戦士ガンダム NT』大ヒット上映中 
◆概要
『機動戦士ガンダムNT』は『機動戦士ガンダムUC』のストーリーを担当した福井晴敏が自ら脚本を手がける宇宙世紀サーガ最新作。 サンライズ第1スタジオが制作を担当し、『機動戦士ガンダムUC』のその先を描く。

◆あらすじ
U.C.0097――。
『ラプラスの箱』が開かれて一年。
ニュータイプの存在とその権利に言及した『宇宙世紀憲章』の存在が明かされても、世界の枠組みが大きく変化することはなかった。
のちに『ラプラス事変』と呼ばれる争乱は、ネオ・ジオン残党軍『袖付き』の瓦解で終結したかに見えた。
その最後の戦闘で、2機のフル・サイコフレーム仕様のモビルスーツが、人知を超えた力を示す。
白き一角獣と黒き獅子、2機の脅威は、封印されることで人々の意識から遠ざけられ、忘れ去られるはずだった……。
しかし、2年前に消息不明となっていたRX-0 ユニコーンガンダム3号機が、地球圏に再びその姿を見せ始めた。金色の“不死鳥”……その名は、フェネクス――。

◆スタッフ
企画・制作:サンライズ/原作:矢立 肇、富野由悠季/監督:吉沢俊一/脚本:福井晴敏/メインキャラクター原案:高橋久美子 キャラクターデザイン:金世俊/メカニカルデザイン:カトキハジメ、小松英司/色彩設計:すずきたかこ/美術監督:丸山由紀子、 峯田佳実/音響監督:木村絵理子/編集:今井大介/音楽:澤野弘之/アニメーション制作:サンライズ/配給:松竹

◆キャスト
ヨナ・バシュタ:榎木淳弥/ミシェル・ルオ:村中 知/リタ・ベルナル:松浦愛弓/ゾルタン・アッカネン:梅原裕一郎 ミネバ・ラオ・ザビ:藤村 歩/ブリック・テクラート:古川 慎/マーサ・ビスト・カーバイン:塩田朋子/モナハン・バハロ:てらそままさき イアゴ・ハーカナ:中井和哉/アバーエフ:山路和弘/フランソン:星野貴紀/アマージャ:佐藤せつじ/タマン:駒田 航/デラオ:荒井勇樹 パベル:島田岳洋/マウリ:玉野井直樹/ヨナ(8歳):中村文徳/ミシェル(8歳):横溝菜帆

ガンダムNT

公式サイト
http://gundam-nt.net/  

公式twitter
@g_narrative / 推奨ハッシュタグ:#ガンダムNT

©創通・サンライズ



PAGETOP