超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「今、会いに行きます」山形編では、DJシゲリンの実家も訪問!?『ファンキル・タガタメプレゼンツ 今泉Pの絶!つながるラジオ』#56〜65を最速レポート!

2020/3/28


 毎週月~金曜日の深夜24時57分から、文化放送のインターネットラジオ「超!A&G+」で、『ファンキル・タガタメプレゼンツ 今泉Pの絶!つながるラジオ』(以下『絶ラジ』)が絶賛配信中!
 この番組は、大人気シミュレーションRPG『ファントム オブ キル』(以下、『ファンキル』と本格タクティクスRPG『誰ガ為のアルケミスト』(以下『タガタメ』)の制作統括を行っているゲームプロデューサー・今泉潤(以下、今泉P)が単独MCを務めるトークバラエティ番組。『ファンキル』『タガタメ』の質問や提案に答えたり、自らリスナーを直接訪問したりするなど、「つながる」をテーマに様々なことに取り組んでいく。

リスナーから届く様々な声に答えるだけではなく、ときにはゲストを迎えてのトークも実施。さらには、今泉Pがリスナーに実際に会いに行って何かを一緒にやるという「今、会いに行きます」まで、バラエティに富んだ企画を月~金曜日に渡って“毎日”配信している。

「超!アニメディア」では配信を見逃してしまった方や、今から番組を見てみようという方のために、番組のダイジェストや収録現場のレポートを、毎月2回配信中。

■#56〜60
 今週の放送も、準レギュラーの鷲見友美ジェナと共にお届け。#56では「ねぇねぇ今P」のコーナーで、2月1日開催の「誰ガ為のアルケミスト 4周年記念ファンミーティング」の公開収録時のアンケートで寄せられた質問に答えていく。『タガタメ』で「好きなユニットは?」という質問に、ソルと答えた今泉P。ヴェーダ十戒衆のリーダーであるソルだが、彼の理想を追い求めている姿勢に共感するのだそう。また、十戒衆の仲間を大事にしながらも、一緒にご飯を食べたりはしていなさそうなところも、自分と制作スタッフの関係性に近いとの理由だった。さらにユーザーから、「自腹の課金額はいくらですか?」という答えにくい質問が……。ガラケーの時代からモバイルゲームをプレイしているという今泉Pだが、自腹で課金をすることに対してはかなり抵抗があったという。そこで自分の勤めている会社の社長のクレジットカードを登録して課金をしていたそうで、あまりにも使いすぎて社長のカードが止められてしまったという過去の破天荒なエピソードで爆笑を誘った。
 #57は「今泉Pの最近観たえんタメ話」のコーナーを実施。第92回アカデミー賞で作品賞など4部門を受賞した映画『パラサイト 半地下の家族』(2019年/韓国)についてトークした。プロデューサーとしていろいろな作品を見るという今泉Pが「最後はもう……“ドラマ”というよりは“事件”でした」と語った本作品。放送では物語の核心にせまるネタバレすれすれの話まで飛び出しているので、未視聴の人はご注意を。
 #59〜60は「今、会いに行きます」のコーナーを放送。なんと今回はDJシゲリンのお母さんからの応募を受けて、今泉Pが木村AD、DJシゲリンとともに山形を訪れる。DJシゲリンは3年も実家に帰っていないそうで、お母さんからのつながるリクエスト「息子の仕事している様子を見てみたい」を叶えることになった。まず#59ではみんなでお茶をしながらのトークで、DJシゲリンがgumiに入社した経緯が明かされる。続く#60ではお母さんから息子が学生時代にアルペンスキーや競泳で活躍していた過去が語られ、“シゲ’s ヒストリー”を垣間見られる回となった。

▲やす.さん(写真右から2人目)とDJシゲリンのお父さん(写真左端)と一緒に記念撮影

■#61〜65
 #61〜の週は、先週に引き続き「今、会いに行きます」山形編の模様を放送。今回は秋田から車で4時間かけてやってきたという『ファンキル』ユーザーのやす.さんを、山形駅でお出迎えするところから始まった。そこに「息子の仕事している様子を見てみたい」というリクエストを叶えるため、DJシゲリンのお母さんも同行するという、なんともシュールなシチュエーションで収録は進んでいく。
 まずはお店に場所を移し、みんなで食事をしながらゲームトークに花を咲かせる。難易度の高い『ファンキル』の地上編だが、やす.さんはしばりが多いゲームを攻略するのが大好きらしく、何度もやり直しつつ必死になってプレイしていたという。あまりの難しさに、「ユーザーにシナリオだけを読んでもらうイージーモードを作ったらどうか」という案まであったという運営側の裏話も飛び出した。「ファンキルは、ポジティブに生きるための原動力にもなった」と熱く語るやす.さん。そこまで熱心にやり込んでいるユーザーが相手だからこその、ゲームの成り立ちや今後の展開に関する真剣かつディープなトークは必見だ。
 収録中にDJシゲリンのお姉さんの旦那さんと子どもたちからテレビ電話がかかってくるというアットホームな出来事も挟みつつ、やす.さんから「つながる」の評価を得て充実のトークタイムは終了。ゲームセンターに移動して、「今泉Pと一緒にmaimaiを遊びたい」というつながるリクエストも無事に叶えた。そして#65では、やす.さんも一緒にDJシゲリンの実家をみんなで訪問。お父さんとも挨拶して、DJシゲリンの子ども時代の話を聞きつつ、最後は両親から「つながる」の評価を得ることに成功した。今回の旅ではユーザーのみならず、スタッフのファミリーとも絆を深めた今泉P。本当になにが起こるか予測できない『絶ラジ』の今後から、ますます目が離せない。

▲DJシゲリンの実家での1コマ(写真中央がDJシゲリンのお母さん)

本放送を見逃した方へYouTube「【公式】ファンキルチャンネル」にて全アーカイブ配信中!
https://www.youtube.com/channel/UCKcthlpJVhokaKf7gFopUNA

【番組情報】
『ファンキル・タガタメプレゼンツ 今泉Pの絶!つながるラジオ』

★文化放送「超!A&G+」で毎週月~金曜日、深夜24:57から配信。
https://www.agqr.jp/

★パーソナリティー
今泉潤【いまいずみ・じゅん】/
ドラマや演劇のプロデューサーとして映像制作を手がけた後、2010年7月に株式会社gumi入社。ブラウザゲームを経て『ファントム オブ キル』『誰ガ為のアルケミスト』といったオリジナルタイトルをプロデュース。企画、開発、運営をはじめクリエイティブからプロモーションまでゲーム作りの最前線にてその全ての指揮を執る。

★準レギュラー
鷲見友美ジェナ【すみ・ともみ・ジェナ】/声優。9月5日生まれ。フリー。主な出演作は『ファントム オブ キル』ロストラグナロク編ヒロイン・アルマス役、TVアニメ『ケムリクサ』りな役など。

★公式サイト
http://www.joqr.co.jp/pk_radio/

番組へのメッセージは、こちらのアドレスまで。
pk_radio@joqr.net

コーナーへの投稿は、こちらのフォームから。
https://forms.gle/ZJVfnEcGEyoiETcu6



PAGETOP