超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『斉藤壮馬・石川界人のダメじゃないラジオ】の公開録音イベントに中島ヨシキがゲスト出演、八代拓になりきる【レポート】

2019/4/22


 文化放送インターネットラジオチャンネル「超!A&G+」で放送している『斉藤壮馬・石川界人のダメじゃないラジオ』の公開録音イベントが3月23日に文化放送12Fメディアプラスホールにて開催。パーソナリティーの斉藤壮馬・石川界人に加えて、中島ヨシキがゲストとして出演した。

『斉藤壮馬・石川界人のダメじゃないラジオ』は聞いているあなたを”ダメにしちゃう…”かもしれないラジオ。ムービック作品やグッズなどの最新情報をお伝えしつつ、二人の普段のトークをほぼ実寸大(?)でおとどけしちゃうという番組である。

 公開録音が始まるとまずはMCの二人が登場し、初となる公開録音への感謝の言葉を述べる。その後、ゲストの中島を呼び込み3人の関係などについてのトークを展開した。3人は“肉会”と呼ばれる声優仲間たちとのプライベートの集まりで今でも親交があるが、昔から飲み会などで白熱したトークを繰り広げていた仲だという。また、最近では石川の引っ越しを中島が手伝うなど、普段から関わりが深いことが明らかとなった。

 その後、中島には、番組タイトルにちなんで、斉藤と石川の“ダメ”なところについての質問が。肉会の良心こと中島は斉藤については“酒癖”、石川については”ナイーブ”と包み隠さずダメ出しをする。それも一種の愛なのかもしれない……と、イベント中は勝手に解釈していた。

 3人の関係についてのトークに続いては、メールの質問に答えるコーナーへ。ここでは質問に入る前に、「壮馬“さん”、界人“くん”、ヨシキ“くん”」と、斉藤だけ敬称が“さん”だったことについてのトークが繰り広げられる。斉藤が「さんのあとに界人くんとくると言葉が詰まっちゃう」と発すると、中島は以前にランズベリー・アーサー、小林大紀と一緒にやっていたラジオにて、3人のなかでは最年少なのに自分だけ“さん”とつけられていた経験について言葉にする。それに対して石川は「最初からおじさん感があったからね」と間髪入れずに一言。対して中島は「オブラートに包まないのはお前だけだよ(笑)」と返答し、その後も出会った当時の思い出話などに花を咲かせた。

 敬称についての話もそこそこに、「肉会メンバーについて」綴られたメールの内容についてトーク。2日間連絡がない内田雄馬、話を振らないと会話に参加しない梅原裕一郎など、なかなか連絡がないメンバーがいるなか石川と斉藤はレスポンスがいいほうであること、発起人は斉藤になることが多いこと、畠中祐を介抱しているのは石川であること、年末から蟹を食べに行こうと言っているがまだ実現していないこと、しかし斉藤は蟹をすでに食べてしまったことなど、赤裸々に肉会事情を話した。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP