超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『あさがおと加瀬さん。』2週目舞台挨拶でメインキャスト3人による「見どころ講座」開講!オフィシャルレポート到着

2018/6/17



 6月16日(土)新宿バルト9にて、劇場公開2週目を迎えた「あさがおと加瀬さん。」の舞台挨拶が行われた。この日は、作中で山田と加瀬さんのふたりを見守る三河を演じた木戸衣吹が登壇しMCを担当。山田役の高橋未奈美、加瀬友香役の佐倉綾音のふたりを呼び込む際には、木戸が主題歌「明日への扉」のBGMに合わせて口ずさみ、佐倉から「歌詞、曖昧なのやめてもらっていいですか?(笑)」とツッコミを入れられる場面もあった。

 ステージに上がった高橋と佐倉はそれぞれ「今日は皆さんに作品の魅力を伝えられたらいいなと思っています。よろしくお願いします!」「公開から1週間が経ち、非常に好評をいただいているという噂を耳にしています。今日は、初めて観たという方、何回か観たという方もいらっしゃると思いますが、みなさん1回は観ているということで、作品について忌憚無い話をしていけたらと思っています」とコメントした。


 続いてのコーナーは、『高橋未奈美先生&佐倉綾音先生&木戸衣吹先生による「あさがおと加瀬さん。」見どころ講座』ということで、3人それぞれがお気に入りのシーンや本作の「尊い」ポイントを熱くプレゼン。3人の中で一番観客の心に響いた人にはちょっとしたご褒美があるという。

 トップバッターは高橋先生。お気に入りのシーンは“屋上で加瀬さんが「私ストーカーなの!」と言うところ”。スクリーンに映し出される場面を観ながら高橋は「それまで山田が加瀬さんを追いかける形だったけれど、実は加瀬さんが山田と出会う前に屋上から山田のことを見ていた、興味を持っていたということがわかるシーンなんです。ここでふたりの関係が平等であるということがわかるんです」と熱弁。佐倉は「すごく先生っぽい!ひとりしゃべりが上手」とコメント。高橋は「みんなとしゃべっている方が生き生きしています」と話した。

 佐倉先生がプレゼンしたお気に入りのシーンは、“三河が「でも、山田はめげない」と言うシーン”。「紙パックの飲み物をあげる三河らしい励まし方をした後に、視線をふっとそらして、シリアスな感じでこのセリフを言う。『私知っている』なのか、『そうなんでしょ』なのか、『確信!』なのか、観ている受け手側に委ねるところがすごくいいなと」と佐倉が話すと、木戸があぁ~と同意しながら「私もこのシーンは中間くらいで、微妙なさじ加減で演じたんです」とコメント。佐倉が「伝わってる!感情の機微、すごい機微、機微してた!」と返した。また、このシーンで流れていた劇伴のタイトルが「めげない」であることも明かされた。三河の魅力について話す中で、三河のスピンオフが欲しいという話になり、佐倉が「三河にも相手が欲しいな!」と話すと、木戸が「相手は……女の子ですよね?」とコメントし、「当たり前だろう!」と佐倉が返す場面もあった。三河のスピンオフがもしあったらタイトルは「ひまわりと三河さん。」がいいと木戸が夢を語ったあとは、木戸先生によるプレゼンがスタート。お気に入りのシーンは“山田の部屋で、加瀬さんが山田をベットに押し倒すシーン”。佐倉の「木戸先生、これはいけない授業ですよ!」というコメントに対して、木戸は「愛という名の授業です!」と返答。さらに加瀬さんの余裕のない目がいい、山田の部屋着がいい、加瀬さんのここの胸の膨らみが……とシーンについて語った。高橋は「(木戸さんは)加瀬さんが女の子だなと感じられるシーンが好きなんですよ」とまとめると、佐倉が「木戸ちゃんは胸が好きなんだよ!」と話し、会場は笑いに包まれた。

木戸衣吹

木戸衣吹

佐倉綾音

佐倉綾音

高橋未奈美

高橋未奈美

 3人の講座が終わり、それぞれのプレゼンを観客の拍手の量で評価することになり、同じくらいの拍手を獲得した高橋と佐倉がご褒美をゲット。また、初日舞台挨拶の際に植えたあさがおの種が芽を出し、その写真が公開された。ヒットの芽が出たことを記念して、今回は双葉を模したヘアクリップを観客に投げることに。完成披露試写会、初日舞台挨拶と同様に、佐倉が女子高生に向かってヘアクリップを投げ届けた。先ほどのご褒美として、さらにヘアクリップを投げる権利をゲットした高橋と佐倉は2回目を投げたが、佐倉が投げたヘアクリップが真上に上がり、ステージ上に落ちてしまうハプニングもあったが、仕切り直して見事客席へと届けられた。


 フォトセッションでは、先生風に、あさがおが巻きつけられた指揮棒を持った姿を披露。最後は木戸が「作品の魅力を伝えましたので、もう一度観るときはぜひ注目して観ていただければと思います」と話、佐倉は「初めましての人は、もう一度観ていただいてもいいですし、原作を読んでみてもいいですし、キャラクターソングもあります。まだまだ『あさがおと加瀬さん。』は広がっていきますので、よろしくお願いします」とコメント。高橋が「今日は私たちもとても楽しくお話しさせていただきました。余韻に浸りたい方は、また劇場やOVAで観てみてください!」と語り、3人揃って「ありがとうございました」と挨拶をして、ステージを後にした。


〈『あさがおと加瀬さん。』劇場公開概要〉
新宿バルト9・池袋HUMAXシネマズほかにて期間限定公開中

原作:高嶋ひろみ
監督:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:坂井久太
コンセプトボード:平間由香
美術監督:橋本和幸
色彩設計:岩井田洋
撮影監督:口羽毅
編集:後藤正浩
キャスト:山田結衣役/高橋未奈美、加瀬友香役/佐倉綾音、三河役/木戸衣吹、井上先輩役/寿美菜子、先生役/浅野真澄、コーチ役/内山夕実、?/落合福嗣
音楽:rionos 
主題歌:『明日への扉』 歌:山田結衣(CV:高橋未奈美)&加瀬友香(CV:佐倉綾音)
アニメーション制作:ZEXCS
配給:ポニーキャニオン

物語:どうか加瀬さんが、私の事を好きでありますように―――…。
高校生の山田は、緑化委員の内気な女の子。同じ学年の加瀬さんは、陸上部のエースで美人な女の子。山田が植えたあさがおをきっかけに、言葉を交わしたことがなかった二人の距離が少しずつ縮まっていく。

キャストについて触れている監督インタビューはこちら
→https://cho-animedia.jp/anime/48653/

登壇者3人のインタビュー記事はこちら
https://cho-animedia.jp/actor/48762/

登壇者3人による初日舞台挨拶の模様はこちら
https://cho-animedia.jp/event/48959/

『あさがおと加瀬さん。』公式サイト
http://asagao-anime.com

©2018 高嶋ひろみ・新書館/「あさがおと加瀬さん。」製作委員会



PAGETOP