超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】『あさがおと加瀬さん。』高橋未奈美・佐倉綾音・木戸衣吹がオーディション・アフレコ時の思い出を語る -「いちゃいちゃシーンは誰もブースから出て行かなかった」

2018/6/8


 2018年6月9日(土)より期間限定で劇場公開される『あさがおと加瀬さん。』。本作は緑化委員の活動に励む内気でおとなしい高校生・山田結衣と山田と同じ高校に通う陸上部のエースで学校の人気者・加瀬友香のピュアな恋愛模様と青春を描いた作品だ。

 今回は山田結衣役の高橋未奈美、加瀬友香役の佐倉綾音、三河役の木戸衣吹にインタビューを敢行。作品の魅力に加えて、オーディションやアフレコ時のエピソードなどを、赤裸々にお話いただいた。

(左から)山田結衣役の高橋未奈美、加瀬友香役の佐倉綾音、三河役の木戸衣吹

あさがおと加瀬さん。キービジュアル

オーディションでお見合い?

――本日はよろしくお願いします。まず、『あさがおと加瀬さん。』がどういう作品なのか、教えてください。

佐倉:では、代表して高橋さんお願いします。

高橋:人と人との、恋愛映画です。

――なるほど。

高橋:山田と加瀬さんがとってもウキウキしている……恋愛映画です。

――恋愛映画というのを繰り返しますね(笑)

木戸:(笑)。

佐倉:補足しますと…女性同士の恋愛を描いたいわゆる百合作品です。ただ、女性同士だからというところには重きを置かず、人と人が出会って恋愛しているという模様を爽やかに、キラキラと描いた作品ですね。

高橋:さすが佐倉さん!!

――では、そんな作品において、それぞれが演じるキャラクター教えてください。

高橋:私が演じる山田結衣は花を愛する、引っ込み思案な女の子です。最初にこのキャラクターと出会ったとき、素直で人当たりがよくて、好感が持てました。ただ、何か特別な力があるわけではない普通の女の子ですね。

佐倉:私が演じる加瀬友香は何でもできる、とてもよくできたクールな女の子です。ただ、山田と出会うことで心を揺さぶられ、気持ちが大きく動かされるんですよ。そういう気持ちの動きを見ていると、普段はクールで何でもできる人間だけれど、普通に可愛らしい女の子だなと感じます。

――完成披露上映会では高橋さんが「佐倉さんはそのまんま加瀬さん」とおっしゃられていました。私もそう感じます。

佐倉:色々なところで言われますが、自覚は全然ないです。

高橋:顔が似ている。

木戸:髪型も似ている。

佐倉:髪型はたまたま一緒だっただけだよ(笑)。

高橋:あと、加瀬さんも佐倉さんも顔が美形なんですよね。

佐倉:私は美形じゃないよ!(笑)。

高橋:造形がアニメやマンガっぽい。

佐倉:顔が濃いから?

木戸:お肌もキレイですよね。今まで出会った人のなかで一番キレイです。

佐倉:それは世界が狭すぎる (笑)。

――続いて、木戸さんが演じる三河はどのようなキャラクターでしょうか?

木戸:三河は明るくて元気でクラスのムードメーカーみたいな存在です。三河を演じる際はあまり作らず、ナチュラルに芝居ができました。佐藤監督からも「普段の木戸さんで大丈夫です」と言われていたので、演じやすかったです。

――完成披露上映会で山田役のオーディションを受けていた際に三河も演じてみてほしいといわれたと、聞きました。

木戸:実は加瀬さんも受けていました。

佐倉:みんな二役受けるタイプのオーディションだったんですよね。私も山田も受けましたよ。

高橋:同じくです!

――なるほど。以前のインタビューで監督は「木戸さんは最初山田候補で来ていただいたけれど、三河を演じてもらったらあまりにピッタリだった」とお話されていました。

佐倉:名俳優だ!

木戸:2018年で一番嬉しい!!(天井を見る)

佐倉:なんで天を仰いでいるの(笑)。

木戸:嬉しすぎて!! 声優やっていて本当によかった!

――オーディション時にほぼ即決のような形で「三河は木戸さんでいいんじゃない」という話になっていたみたいですよ。

木戸:そうだったんですね! 私、どんなオーディションが終わった後でもマネージャーさんに「どんな感じでしたか?」と聞くのですが、今回のオーディションではマネージャーさんのほうから、「木戸さん、三河かもしれないですね」「これは、イケるかもしれないです!!」と言われたんですよ。

佐倉:なんかほっこりする。

高橋:すごくいいエピソード。この話は原稿に書いてください。

――わ、分かりました。先ほどは木戸さんのお話でしたが、加瀬さんに関しても「佐倉さんしかいないだろう」と監督は感じたみたいですよ。

高橋:流石、佐倉さんです。

――併せて、最初に佐倉さんが加瀬さん役として決まったともうかがいました。

佐倉:そうなんです。オーディション用のテープを送った後、わりと早くにマネージャーから決定の連絡を受けました。続けて、「山田役が決まっていないみたいで、山田役のオーディションで使う加瀬の声を録ることになった。佐倉と山田候補の人の相性をみて決めるみたい」と言われたんです。すごくドキドキしましたね。

――ドキドキ?

佐倉:私との相性を考えて決めるなんて、お見合いみたいじゃないですか! だから、誰に決まるのか、ドキドキしながら山田役のオーディション用のテープを録った記憶があります。その後マネージャーから「高橋未奈美さん」に決まったと聞きました。あんまりご一緒したことがなく、山田とかけ離れた役をやっているイメージがあったので、どんな感じでくるのか楽しみでしたね。

――実際に掛け合ってみていかがでしたか?

佐倉:本当に山田でした! 幼くも聞こえるけど、ちょっと落ち着いても聞こえる、そんな声を聞いた瞬間に「これが山田だ」と腑に落ちましたね。

――監督はテープオーディション時から高橋さんの声が山田のイメージに近いと思っていらっしゃったみたいですよ。

高橋:それは知らないんだ。

佐倉:…「だ」は何なの(笑)。

高橋;ちょっと動揺しちゃって(笑)。ただ、確かにオーディション時に監督から「ほぼ山田なんだよ」と言われた記憶があります。その後、山田に決まり、実際にドラマCDなどで演じてみたら、「高橋っぽさ、高橋っぽい言動を抑えるように」と言われたんですよ。それからは感情を表に出し過ぎない、大きいリアクションを取らないよう意識するようになりました。元々山田を演じていて違和感はありませんでしたが、意識するようになってからは山田がより自分の中に入ってきた気がします。今では意識しなくても山田がスッと自分の中に入ってきますね。

いちゃいちゃシーンでは誰もブースから出て行かない 

――先ほど高橋さんからディレクションのお話がありましたが、アフレコ時に印象に残っているディレクションはありますか?

佐倉:本作で佐藤監督は音響監督も兼任されているので、お芝居の指示をされるのも佐藤監督だったんです。「とにかく肩の力を抜いて」、「ここで一気に切り替えて欲しい」などのオーダーをいただいたのが印象に残っていますね。佐藤監督は独特のディレクションをされる方なので、リズムをつかむのが大変でした。

高橋:多くを語らず、演者の感じるままのお芝居を受け入れてくれる監督さんですよね。「相手の芝居を受け取って、感じたことが演じるキャラクターのお芝居だから」とおっしゃられていたのが印象に残っています。「こういう芝居をしてほしい!」とかそういうディレクションはあまりありませんでした。

木戸:私は感じたまま芝居をするのが好きなのでとても演じやすかったです。

――そのお芝居が作品にどのように反映されているのかも注目ポイントですね。その他、アフレコ時に印象に残っていることはございますか?

佐倉:私が印象に残っているのは山田と加瀬がいちゃいちゃしているシーン! 誰もブースから出て行かなかったよね。

木戸:二人がいちゃいちゃしているところを見たくて、見たくて仕方なかったんです(笑)

佐倉:ギャラリーの目がすごかった……カットがかかった瞬間にみんなが「ヒュー!!」って言うんですよ。

高橋:本当は佐倉さんと二人きりで録りたかったのに!

木戸:どうぞお気になさらず……という感じでブースにいちゃいました(笑)。

佐倉:言っておくけど、こっちは真面目に仕事していたんだからね!

高橋:本当、誠心誠意やっているだけなのにね(笑)。

ーーここまでお話をうかがっていて3人の仲の良さはよく伝わってきましたが、作品に関わる前はお互いにどういう印象をお持ちでしたか?

佐倉:私、二人とここまでがっつりとご一緒するのが初めてなんですよ。二人は最初から仲が良かったよね?

木戸:そうですね。たかみな(高橋さんの愛称)は本当に元気で愉快(笑)。私とノリが似ているので、波長が合うんですよ。

高橋:嬉しい! 木戸ちゃんは……たまーにおかしなことを言っちゃう子(笑)。

佐倉:木戸さんはアフレコ現場ではすみっこに座っていて黙々と芝居をしていたから、寡黙な人なんだろうなと思っていたんです。でも、イベントや取材で急に前のめりになるからビックリした。この業界でたまに見る愉快な人(笑)。そのなかでもトップクラスかな。

高橋:でも、ちゃんとしたらできる人なんですよ!

佐倉:それも分かる! 頭いい人のはず。

木戸:いやいや、偏差値はたぶん低いです(笑)。

高橋:でもそういうところが三河っぽい。最初は木戸ちゃんが三河と聞いて驚きましたが、アフレコをしているうちに近いものがあるなと感じるようになりました。例えば雰囲気を察して色々と話かけてくれたりとか、人のことを傷つけない明るさを持っていたりするところとか。今回のアフレコで木戸ちゃんがずっと私の隣でよかったなと何度も何度も思っていました。

木戸:嬉しい!

――お二人は、佐倉さんに対してどういう印象を持っていましたか?

木戸:佐倉さんは職人ってイメージがありました。いつも落ち着いていて、冷静でキャピキャピしていない大人。お芝居も上手ですごい方だなと思っていました。

高橋:そう、佐倉さんは、すごい人なんですよ。

佐倉:何それ(笑)。

高橋:すごい人なので、なんだか緊張しちゃって。最初はあまり喋りかけられなかったんですよ。

佐倉:私もきっと怖がられているんだろうなと思って、高橋さんと仲がいい人に当時、高橋さんの様子を話してみたら「それは怖がっている」と返答がきました(笑)。

高橋:だって、すごい人だから! お芝居も上手で、顔も可愛くて、みんなから愛されていて、写真集も出していて。そういうのを知っているから自分とはちょっと違うステージにいる人だと思っていたんですよ。でも実際は本当に気さくな方で、より憧れの方になりました。あとは語彙力や言葉の選び方がすごい。

木戸:語彙力すごいよね!

佐倉:そんなにないよ(笑)。

高橋:私は「すごい」という表現に対して「すごい」という言葉しかもっていないのに、佐倉さんはその「すごい」を形容する言葉をたくさん持っている。「一線を画している」とかなかなか出てこない。

木戸:わかります。

佐倉:私はむしろ二人に憧れていますよ。このとっつきやすさは私には出せない。無条件に人を明るくする雰囲気作りや壁を作らないところとか……。私もそういう人生を歩みたかったです。

――最後に『あさがおと加瀬さん。』の注目ポイントなど読者の方々へメッセージをお願いします。

木戸:初めて山田のお家に加瀬さんが行くところなどのドキドキするシーンが見どころのひとつだと思います。皆さんきっとキュンキュンすると思いますので楽しみにしていてください。三河としてはただ面白いというだけでなくて、ちゃんと山田のことを考えている、友達思いな一面があるので、そこに注目していただけると嬉しいです!

佐倉:青春のキラキラや爽やかなときめきを音・絵・声などで表現するというスタッフさんたちの気概を感じる一作になったと思います。女性同士の恋愛を描いた作品ではありますが、普通のデートムービー、恋愛青春映画として一人でも、友達や恋人と一緒でも楽しめるようになっていますのでぜひ劇場に足を運んでみてください。また、山田と加瀬として主題歌も歌っていますので、作品ともども楽しんでいただけたら嬉しいです。

高橋:皆さんが暖かな気持ちになれる作品です。この作品に関わるスタッフさん、キャスト、キャラクターたちの愛や友情を劇場でたくさん受け取っていただければ嬉しいですね。『あさがおと加瀬さん。』を何卒よろしくお願いします!

■プロフィール■
高橋未奈美
【たかはし・みなみ】12月20日生まれ。東京都出身。俳協所属。主な出演は『ウマ娘 プリティーダービー』エルコンドルパサー役、『エロマンガ先生』山田エルフ役、『アイドルマスター ミリオンライブ!』馬場このみ役 ほか。

佐倉綾音【さくら・あやね】1月29日生まれ。東京都出身。アイムエンタープライズ所属。主な出演は『新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION』速杉ハヤト役、『僕のヒーローアカデミア』麗日お茶子役、『ご注文はうさぎですか?』ココア役、『のんのんびより』越谷夏海役 ほか

木戸衣吹【きど・いぶき】11月14日生まれ。青森県出身。ホリプロ所属。主な出演は『アイカツフレンズ!』湊みお役、『エロマンガ先生』神野めぐみ役、『アイドルマスター ミリオンライブ!』矢吹可奈役 ほか

〈『あさがおと加瀬さん。』作品情報〉
2018年6月9日(土)より期間限定で劇場公開

原作:高嶋ひろみ
監督:佐藤卓哉
キャラクターデザイン:坂井久太
コンセプトボード:平間由香
美術監督:橋本和幸
色彩設計:岩井田洋
撮影監督:口羽毅
編集:後藤正浩
キャスト:山田結衣役/高橋未奈美、加瀬友香役/佐倉綾音、三河役/木戸衣吹、井上先輩役/寿美菜子、先生役/浅野真澄、コーチ役/内山夕実、?/落合福嗣
音楽:rionos 
主題歌:『明日への扉』 歌:山田結衣(CV:高橋未奈美)&加瀬友香(CV:佐倉綾音)
アニメーション制作:ZEXCS
配給:ポニーキャニオン

物語:どうか加瀬さんが、私の事を好きでありますように―――…。
高校生の山田は、緑化委員の内気な女の子。同じ学年の加瀬さんは、陸上部のエースで美人な女の子。山田が植えたあさがおをきっかけに、言葉を交わしたことがなかった二人の距離が少しずつ縮まっていく。

■『あさがおと加瀬さん。』入場者プレゼント
【第1週目(6/9〜6/15)】
原作 高嶋ひろみ描き下ろし漫画小冊子「その後のおべんとうと加瀬さん。」

あさがおと加瀬さん。入場者特典1
【第2週目(6/16~6/22)】
キャラクターデザイン 坂井久太描き下ろし特製イラストコースター(山田&加瀬さん/全2種ランダム)

あさがおと加瀬さん。入場者特典2

あさがおと加瀬さん。入場者特典3
【第3週目(6/23~6/29)】
原作 高嶋ひろみ描き下ろし漫画小冊子「その後のラブソングと加瀬さん。」

あさがおと加瀬さん。入場者特典4
【第4週目(6/30~7/6)】
キャラクターデザイン 坂井久太描き下ろし特製イラストコースター(山田&三河 or 加瀬さん&井上先輩/全2種ランダム)
※特典は無くなり次第終了となりますのでご注意ください。
※お一人様1回のご鑑賞に対して1つ、もしくは1枚のプレゼントとなります。

あさがおと加瀬さん。入場者特典5

あさがおと加瀬さん。入場者特典6

■『あさがおと加瀬さん。』2週目舞台挨拶情報
【実施日】616日(土)
【実施劇場】新宿バルト9http://kinezo.jp/pc/wald9
【実施時間】9:40の回上映終了後/11:40の回上映開始前【Pコード:558-644
【登壇者(予定)】高橋未奈美 佐倉綾音 木戸衣吹 

 【実施日】616日(土)
【実施劇場】109シネマズ川崎(http://109cinemas.net/kawasaki/
【実施時間】13:35の回上映終了後 【Pコード:558-645
【登壇者(予定)】高橋未奈美 佐倉綾音 木戸衣吹

【実施日】616日(土)
【実施劇場】横浜ブルク13http://kinezo.jp/pc/burg13
【実施時間】15:25の回上映終了後【Pコード:558-646
【登壇者(予定)】高橋未奈美 佐倉綾音 木戸衣吹
※登壇者は予告なく変更する場合がございますこと、予めご了承ください。

【チケット料金】通常席:1,800円(税込)均一
【チケット販売】「チケットぴあ」にて販売 ※チケットは、すべて「チケットぴあ」にて、お一人様1枚までとさせていただきます。

 ◆一般発売
69日(土)AM1000
・インターネット購入:http://w.pia.jp/t/asagao-anime/ ※PC・モバイル共通・店頭直接購入:「チケットぴあ」店舗 / サークルK・サンクス / セブン-イレブン
・電話予約:0570-02-9999

 【注意事項】
※内容はすべて予定です。登壇者及び内容は、予告なしに変更する場合がございます。
※ムビチケカードはご使用いただけません。
※特別興行の為、各種割引(シニア・学生・小人等)・各種招待券は、ご使用いただけません。
※全席指定・定員入替制での上映となり、専用のチケットをお持ちでない方はご覧になれません。
※転売・転用を目的としたご購入は、固くお断りいたします。
※転売・転用防止のため、当日会場にて本人確認をさせていただく場合がございます。予めご了承の上、来場者の名義でお申し込みください。営利目的でない転売・転用もお断り致します。
※いかなる事情が生じましても、ご購入・お引換後の鑑賞券の変更や払い戻しはできません。
※場内でのカメラ(携帯電話を含む)・ビデオによる撮影・録画・録音等は、固くお断りいたします。保安上、入場時に手荷物検査を行う場合がございますこと、予めご了承ください。
※当日、マスコミ・メディアの撮影が入る場合がございます。その際、お客様が映像等に映り込む可能性がございますこと、予めご了承ください。

■音楽商品情報
◇「あさがおと加瀬さん。」主題歌『明日への扉』
発売中
CD収録内容>
1.明日への扉
作詞・作曲:ai 編曲:谷口尚久
歌:山田結衣(CV:高橋未奈美)&加瀬友香(CV:佐倉綾音)
2.明日への扉(instrumental
3.エピローグミニドラマ「明日と加瀬さん。」
【出演】山田結衣(CV:高橋未奈美)、加瀬友香(CV:佐倉綾音)
【内容】劇場OVA本編エンディング後のオリジナルストーリーをミニドラマ化!
【収録分数】約7
キャラクターデザイン坂井久太描き下ろしアニメイラストジャケット仕様
価格:926円+税 品番:PCCG-70421
※視聴はこちらhttps://youtu.be/EgArrHA0eGo 

◇「あさがおと加瀬さん。」カバーソング&オーディオドラマアルバム
発売中
1. あ~よかった
作詞・作曲:こじまいづみ 編曲:谷口尚久
歌:山田結衣(CV:高橋未奈美)
2. 走れ!
作詞:INFLAVA 作曲:Koji Obamichitomo 編曲:藤本功一
歌:加瀬友香(CV:佐倉綾音)
3. あ~よかった(instrumental
4. 走れ!instrumental
5. オリジナルオーディオドラマ「夏祭りと加瀬さん。」
【出演】山田結衣(CV:高橋未奈美)、加瀬友香(CV:佐倉綾音)、三河(CV:木戸衣吹)ほか
【内容】3年生の夏夏祭りに打ち上げ花火、ふたりのドキドキ浴衣デートを描いた
オリジナルストーリーをオーディオドラマ化!
【分数】約27
6. 小さな恋のうた
作詞:上江洌清作 作曲:MONGOL800 編曲:浜田山ドンガンズ
歌:山田結衣(CV:高橋未奈美)&加瀬友香(CV:佐倉綾音)
キャラクターデザイン坂井久太描き下ろしアニメイラストジャケット仕様
価格:2,778円+税 品番:PCCG-01672

 ◇「あさがおと加瀬さん。」オリジナルサウンドトラック
発売中
<音楽>rionos
CD収録内容>
「あさがおと加瀬さん。」劇場OVAとドラマCDシリーズに使用された背景音楽全32曲を完全収録
☆特製12Pブックレット
音楽rionosによる全曲ライナーノーツ収録
価格:2,778円+税 品番:PCCG-01671

 ※法人別オリジナル特典など商品の詳細な情報は公式HPでご確認ください。(http://asagao-anime.com/product/cd/

 ■原作情報
高嶋ひろみ「加瀬さん。」シリーズ (新書館「Wings」連載中)
最新刊第5巻「さくらと加瀬さん。」好評発売中
【通常版】 定価:850+
【数量限定特装版】 定価:2400+
◇録り下ろしのオリジナルドラマCD&特製SDキャラクリアファイル付き
◇高嶋ひろみ描き下ろし特製ボックス入りの特別仕様
<オリジナルドラマCD「緑化委員と加瀬さん。」>
【出演】山田結衣(CV:高橋未奈美)、加瀬友香(CV:佐倉綾音)、井上先輩(CV:寿美菜子ほか
【内容】二人が出会う前、加瀬さんが山田を見つけた時の物語、
「緑化委員と加瀬さん。」(原作第4巻収録)をオーディオドラマ化!
さらにおまけトラックとして「三河っちと加瀬さん。」も収録。
【収録分数】約18

◆高嶋ひろみ「加瀬さん。」シリーズ好評販売中
1巻:「あさがおと加瀬さん。」
2巻:「おべんとうと加瀬さん。」
3巻:「ショートケーキと加瀬さん。」
4巻:「エプロンと加瀬さん。」(通常版・Blu-ray付き特装版)

キャストについて触れている監督インタビューはこちら
→https://cho-animedia.jp/anime/48653/

公式サイト
http://asagao-anime.com

©2018 高嶋ひろみ・新書館/「あさがおと加瀬さん。」製作委員会



声優になりたい!

PAGETOP