超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

「温泉むすめ」の楽曲「追伸、ありがとう」配信記念! 阿蘇ほむら役・髙橋麻里にインタビュー、感謝の気持ちを伝えたいのは“ファンの方々”と“徳井青空さん”

2019/4/26


 日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、歌と踊りで人々に“笑顔と癒し”を与えるアイドル活動を行うプロジェクト「温泉むすめ」。北は北海道、南は鹿児島でイベントを行うなど、プロジェクトのコンセプト通りに全国を盛り上げている。プロジェクトが始動してから約2年。本コンテンツに関わり支えてくださった方々に感謝を伝えたい、という想いからある楽曲が制作された。タイトルは「追伸、ありがとう」。「手紙」をテーマにした「歌」でぽか旦那やぽか女将(「温泉むすめ」を応援する方々のこと)をはじめとするコンテンツに関わる方々への感謝を伝える。

「追伸、ありがとう」は2019年4月26日(金)より配信スタート。今回は過去に大きな震災を経験した地域の温泉むすめたちから代表して、福島県の温泉むすめ・飯坂真尋役の吉岡茉祐、二度の震災に見舞われた熊本県の温泉むすめ・阿蘇ほむら役の髙橋麻里と人吉青井役の青山吉能が本曲を歌唱し、各地を応援する。

 超!アニメディアでは、配信のスタートを記念して、阿蘇ほむら役の髙橋さんにインタビュー。演じる温泉むすめのこと、そして、声優になった理由や、今「ありがとう」を伝えたい人についてもお話をうかがった。

阿蘇ほむら役の髙橋麻里

――髙橋さんが演じられる阿蘇ほむらについて紹介をお願いします。

 熊本県・阿蘇温泉の温泉むすめ、阿蘇ほむらと申します! ほむらちゃんはお昼寝が大好きで常に枕を持ち歩いていて、どこでもすぐに寝ちゃう女の子です。ただ、ステージに立つと歌姫として覚醒するっていう、すんげー子なんですよ! そのギャップが素敵です。私もお昼寝も歌うことも大好きなので、ほむらちゃんと似ている部分が多いなと感じています。

――お昼寝が好きなんですね(笑)。 

 好きです(笑)。

――熊本県・阿蘇の温泉むすめですが、実際に行ったことはございますか?

 実はまだなくて……。行きたくて仕方ないです。熊本はもちろんですが、温泉地に旅行に行きたいですね。温泉に入りたい!

――温泉は好き?

 好きですね。宿泊のお仕事のとき、大浴場に入るのは楽しみのひとつです。

――そんな温泉地を温泉むすめたちが歌と踊りで人々に笑顔を与えるアイドル活動を行うというコンセプトを元に展開しているのが本コンテンツです。髙橋さんも以前、「Dorothy Little Happy」というガールズユニットでアイドル活動をされていましたよね。

 はい。高校1年生のときにデビューしてずっとアイドル活動をしてきました。アイドルであることに誇りを持っていましたね。

――そんな髙橋さんが声優を目指した理由は?

 元々アニメが好きで声優という仕事にも興味がありました。ただ、ずっとアイドルとして活動をしていたので、なかなか一歩を踏み出すことができなかったんです。そんなとき、『ラブライブ!』という作品に出会いました。『ラブライブ!』からアイドルとして大切なものも教えてもらいましたし、μ’s(ミューズ)さんを見て、声優という仕事にもより興味を持つようになりました。特に声優の仕事をしたいと強く思うようになったのは、東京ドームで行われた「ラブライブ!μ’s Final LoveLive!〜μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜」を観たとき。あのキラキラとした輝きは忘れられません。それから、すごくミーハーなのですが、μ’sさんの9人といつか共演して、「ありがとう」という気持ちを伝えたいと思って、声優になることを決意しました。『ラブライブ!』に出会ったことで、ずっと興味のあった声優という道の一歩を踏み出せたんです。

――アニメが好きで声優という仕事も元々意識していたときにμ’sさんに出会った。

 そうです!

――まさに女神と出会ったんですね。

 そうですね! μ’sさんのなかでも徳井青空さんが演じられている矢澤にこちゃんが大好きなんです。だから、「温泉むすめ 4th LIVE“ NOW ON☆SENSATION!! ” 〜聖夜にワッチョイナ Vol.2〜」で徳井さんと共演できたときは、リハーサルのときから泣いていました。ただ、お会いして「ファンです!」って伝えるのはミーハーすぎるかなって思って、そのことは黙っていたんです。そうしたら、その日の帰り道に徳井さんと一緒に帰ることになって! もう感情が抑えきれなくなってしまって、「徳井さんに憧れて声優になりました」という自分の気持ちをすべて伝えました。

――徳井さんはどういう反応をされていましたか?

「ほんとに!?」と言って、泣くほど喜んでくださいました。徳井さんはいい人すぎます。しかも、その日は、にこちゃんとコラボしたスニーカーを履いていらっしゃったんです。徳井さんがずっとにこちゃんのことを思ってくれているということが分かると、ファンとしては嬉しくて仕方ありませんでした。靴を履き替えるところをずっと見てしまいましたね(笑)。今回、憧れの方と共演できて、作品に対する愛や意識を感じて、刺激にもなりました。

 ――かけがえのない思い出となった?

 なりました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP