超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】『魔法少女サイト』主役の大野柚布子&茜屋日海夏に聞く作品・キャラクターソング・OPテーマ曲の魅力 – 「普段から彩って呼びそうになる」「大野ですよ、奴村さん」

2018/5/3


 2018年4月6日(金)よりMBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム”枠ほかにて好評放送中のTVアニメ『魔法少女サイト』。本作は少年チャンピオンにて好評連載中、シリーズ累計100万部を超える人気コミックスを原作としたアニメだ。壮絶な過去を持っていたり、不幸な状況に陥っていたりしている少女たちが「魔法少女サイト」という不気味なサイトと出会い、魔法の力を手に入れるという物語で、魔法少女ものながら“死”や“憎悪”などハードな題材を扱う作品でもある。

 今回はそんな作品において、主役である朝霧彩役の大野柚布子、奴村露乃役の茜屋日海夏にインタビューを敢行。今後の見どころなどに加えて、2018年6月20日(水)に同時発売となる二人のキャラクターソング「赤イ涙の先」と「believe again」、そしてOPテーマ曲「Changing point」についてもお話いただいた。

朝霧彩役の大野柚布子

奴村露乃役の茜屋日海夏

キラキラではない魔法少女、でも憧れていたカッコよさ
――今回お二人が演じる朝霧彩・奴村露乃がどういった少女なのか教えてください。

大野 私が演じている朝霧彩ちゃんは中学2年生の女の子です。すごく自信がない子で、何事もネガティブに考えてしまう子なんですよ。そんな性格が災いしてか、学校ではいじめを受け、家でもお兄ちゃんから虐待されているという、味方がいない、とても不幸な女の子です。ただ、お話がすすんでいくと露乃と出会い彩ちゃん自身が変わっていく、そんな姿が描かれていきます。

茜屋 私が演じる露乃ちゃんは彩ちゃんの同級生で、あまり表情が変わらないポーカーフェイスな女の子です。どんな状況でも冷静に判断ができる、淡々とした子ですね。彼女は時間を止める魔法の力を持つステッキを手にしており、一話でもその力を使って躊躇なく彩をいじめていた雫芽さりなの喉を切り裂きました。でも、そんな冷酷ともいえる性格になったのには過去に家族と自分に辛いことがあったからなんです。それから笑顔も無くなってしまったのですが、彩と出会い、関わっていくことで彼女の心も少しずつ開いていきます。この作品で一番心が動いていくキャラクターなんじゃないかな。

――そんな彩と露乃を演じるうえで、原作は読まれましたか?

大野 オーディションを受ける前に読みました。

茜屋 私も同じく。

ーー読んでみてどうでしたか?

大野 もう最初から悲惨なシーンばかりなので「うぅ……」となりました。ただ、読んでいると、中学生時代って多かれ少なかれ、また大きさが違っても相手を傷つけてしまうようなことってあるなと思ったんです。自分の過去を思い返しても『魔法少女サイト』で描かれているのと同じような気持ちになったことがあったので、自然と彩ちゃんの心情も「わかるな」と思うようになっていきました。あとは、いつも話がいいところで終わるので先が気になって、一気に原作を読んだ記憶があります。

茜屋 わかる。私も気づいたら一読者になっていて、当時出ていた最新刊まで一気に読んだ。

――ハードな展開の作品ですが、その点は大丈夫だった?

茜屋 本作のようにちょっと目をそむけたくなるシーンがある作品を読むこともこれまであったのでそこは大丈夫でした。ただ、それでもどの子も状況が辛すぎて……。本当にこんなことあるのかと思っていたのですが、大野ちゃんが言っていたように実は度合いは違えど、同じような気持ちを抱えながら生きていることもあるなと。本作ではそういうことが凝縮されていると感じました。

――身近でも起こりうることかもというお話が出ましたが、お二人はどのような中学生活を過ごされていましたか?

大野 中学生の頃はあまり気が合う友達に出会えなくて。とても人見知りであんまり人と話せず、明るい性格の中学生ではありませんでした。本当、彩ちゃんみたいに暗かった。

茜屋 私は少しハッちゃけた中学生でした(笑)。学校はやんちゃな人がたくさんいることで少し有名でしたが、私のクラスはどんな性格の人でもあまり分け隔てることなく、みんな仲が良かった気がします。ただ、友達と一対一の喧嘩を一度したことがあって……。それがきっかけでクラスの全員が対立するという事態になってしまったことがあります。

大野 えぇっ!?

茜屋 派閥みたいなものができて、半年~1年くらい相手の派閥の子とは口を聞かないという期間がありました。ただ、それも中学校にいる間に仲直りして、中学3年生の頃にはみんな普通に喋れるようになっていましたね。

――多感な時期ですからね。

茜屋 確かに。思春期だったから、感情的になっていたのかも。

――ここまでご自身の経験などリアルなお話をうかがってきましたが、タイトル通り本作は“魔法少女”というファンタジーな要素もあります。この作品と出会うまで“魔法少女”とはどのような存在だと思っていましたか?

大野 私は魔法少女が出てくるアニメが昔から大好きなんです! 小さい頃は特に『おジャ魔女どれみ』が好きでした。また、年上のいとこから昭和のアニメのことも教えてもらい、『魔法の天使クリィミーマミ』や『魔法のプリンセス ミンキーモモ』も観ていましたね。自分が好きということもありますが、魔法少女は可愛くて強い、女の子の憧れというイメージを持っていました。

――魔法少女ってキラキラしているイメージがありますよね。

大野 そうなんです! 同性でも憧れるような存在なんです。

茜屋 私も『おジャ魔女どれみ』は全シリーズテレビで観ていました。グッズも買い集めて、i☆Risで活動していくうえで私のイメージカラーが紫だと知ったときに「おんぷちゃんだ! やった!!」と思ったくらい大好きです。

大野 私もおんぷちゃん好き!

茜屋 憧れだよね! そんな大好きな作品にも登場する魔法少女は私にとって、本当にキラキラしている存在でした。大人になってからまさか、こんな魔法少女のダークサイドを見ることになるとは思いませんでしたが(笑)。

――確かに“魔法少女”のキラキラなイメージで見ると本作はギャップがありますね。

大野 そうですね。ただ、魔法を使って少女たちが戦うシーンは、私がカッコいいと思っていた魔法少女の姿に通じるところがあるので、本作のそういう部分にも注目していただけたら嬉しいです。

すごく彩だった、すごく露乃だった

――作品やご自身の過去についてお話いただきありがとうございました。続いて、本作の音楽面のことについておうかがいできればと思います。まずは6月20日に同日発売となる彩と露乃のキャラクターソングについてお話をうかがわせてください。

茜屋 私が演じる露乃ちゃんのキャラクターソング「believe again」は彼女が彩と出会ってからの経過を追っていく歌になっています。曲調は露乃ちゃんのクールでポーカーフェイスな面からすると意外なロック。だから、初めて聞いた時は「こっちの方面でいくのか」とビックリしました。しかも、まだアニメのアフレコが始まる前に歌の収録をしたので、自分がそれまでに組み立てていた役作りは守りつつもディレクターさんなどとお話しながら、徐々に心を開いていく露乃ちゃんを表現できるようにしました。

――今回のキャラクターソングでは歌だけでなく、MVに茜屋さんご自身が出演されていますね。

茜屋 てっきり露乃ちゃんがMVにも出てくれると思っていたので、私が出ると聞いた時はビックリしました(笑)。ただ、出るからにはなるべく表情などを露乃ちゃんに寄せたいという思いを持ちながら、MVの収録に臨みましたね。本当は髪も切って金髪に染めようかとも思っていたんです。

――そんなに!

茜屋 やるからにはとことんキャラクターに寄せたいんですよね。実際は金髪にはできなかったのですが、露乃ちゃんに極力寄せている私をMVでは是非注目して欲しいです。

――そんなMVの収録で印象に残っていることは?

茜屋 頑張ったのはダンスですね。特にいまショートMVでも公開されているダンサーさんを携えて足をパカパカさせる、通称、“足パカ”の振りつけの部分は難しくて大変でした。収録全体を通してとても緊張していましたが、きっとここでしか体験できない貴重な経験ができたと思います。

 

――大野さんのほうかいかがですか?

大野 私が演じる彩のキャラクターソング「赤イ涙の先」はとても『魔法少女サイト』の雰囲気にあったシリアスな楽曲です。歌詞の内容は彩が露乃と出会い変わっていく様子やその心境が表現されています。歌の冒頭はとても暗いイメージなのですが、徐々に明るくなっていくんですよ。それがアニメ・原作の流れに沿っているので、作品を凝縮したような仕上がりになっています!

――茜屋さん同様、大野さんもキャラクターソングのMVに出演されていますが、収録はいかがでしたか?

大野 MVに出演させていただいたのが初めてだったので、撮影は何から何まで新鮮でした。また、本格的なダンスをするのも初めてだったので、ものすごく緊張しました、しかもバックダンサーの方がプロ! もうどうしようかと……。

茜屋 うん、やっぱりそうだよね、そうなるよね(笑)。

大野 もう、ダンサーさんについていくだけで必死で! 同じ動きをしているはずなのに、全然同じにならない(笑)。細かい動きやリズムもたくさんあってダンスの深さを改めて知りました。ただ、当時は必死でしたが、最後に完成したMVを見たらとてもカッコよく撮影してもらえていたので少し安心しました(笑)。『魔法少女サイト』らしさを感じる仕上がりになっているので、その点に注目していただけると嬉しいです。

――ちなみにお互いのキャラクターソングは聞かれましたか?

大野 聞きました!

茜屋 すごく、彩だった。

大野 すごく露乃だった~! ダンスもカッコよかった。

茜屋 ありがとう!!

――私もMVを拝見しましたが、まさしく彩と露乃に見えました。

茜屋 大野ちゃんは本当にそのまんま彩ですよね! 普段から彩って呼びそうになる。

大野 大野ですよ(笑)。奴村さん。

茜屋 えー、へへへ(照)。

大野 ふふっ(笑)。

茜屋 ……いつも二人でいるときはこんな感じでやっていまーす(笑)。

――仲が良いですね(笑)。お互い似ていると思ったとのことですが、ご自身ではどう思いますか?

茜屋 どうだろう?

大野 私は似ているところがとても多いです。アフレコ現場でお会いする方からもよく似ていると言われます。

――先ほどお話をうかがった芹澤さんも大野さんと彩がシンクロしすぎているとおっしゃられていました。喉をケアするためのシロップのお話もされていましたよ。最後の一本だったのにも関わらず、喉の調子が悪い芹澤さんに自身が舐めた直後だったものを「これでよければ……」と差し出したと……。

大野 あの、作品は暗い雰囲気なのですが、だからこそみんなとは仲良くなりたいと思って! だから、折角喋りかけてくれたのに、「あぁ、私は何で持っていないんだろう、何てポンコツなんだ」と思っちゃって、そういう行動に出てしまいました。

茜屋 こういうところが彩ですよね。

――まさしく。

大野 こういうところが、そうなのか!

――ラジオのパーソナリティもお二人でやられていますが、作品で共演してみてお互いどういう印象をお持ちですか?

茜屋 最初はすごく人見知りなのかなと思っていましたが、仲良くなったら大野ちゃんのほうから話しかけてくれるようになって! 大野ちゃんとは今回の現場で初めて共演するのですが、コミュニケーション能力が実は高めの子だなと思いました。共演できてすごく嬉しいです。

大野 私、茜屋さんをとってもクールな方だと思っていたんですよ。i☆Risさんのアーティスト写真を見るととてもシュッとされていて。

茜屋 あのアー写を見たら、そう見えるよね(笑)。

大野 あのアー写はカッコよくて好きです! そういうイメージもありつつ、露乃を演じるということでそのイメージが重なってクールな方なんだろうと思っていました。でも実際はすごくお喋りでしかも面白い方だったんです! しかも笑いのツボが浅い(笑)。思い出し笑いでツボにハマったらもうずっと笑っているんですよ。

――それだけ笑っていたら、周りが幸せになりますね。

大野 本当にそうなんですよ! 愉快な方だなと思いました。

茜屋 静かな間に耐えられないタイプで……とにかく間を埋めようとしちゃうんです(笑)。

――今日の会話からも仲の良さがうかがえますが、茜屋さんは大野さんの特技、知っていますか?

茜屋 えっ、突然!? 特技……なんだろう。

――間違いさがしなんです。

茜屋 何その可愛い特技!!

大野 そっか! そういえば「超! アニメディア」さんの企画で金剛力士像の間違いさがしを披露させていただいたんですよね!

茜屋 こ、金剛力士像……難しそう。

――映像自体はシュールでしたが、間違いなく特技と呼べるものでした。

大野 間違いさがし、得意なんです。いつか披露できる機会があれば……。

茜屋 見たい見たい! 見たいです!!

大野 間違いさがしを見つけたときは大野までご一報ください(笑)。

茜屋 うん、何かあったら送るよ(笑)。

「Changing point」は『魔法少女サイト』にピッタリな楽曲

――キャラクターソングの話から特技のお話までしていただきありがとうございました! 音楽面でいえば、今回、茜屋さんはi☆Ris としてOPテーマ曲「Changing point」も歌っています。こちらはどのような楽曲に仕上がっていますか?

茜屋 「Changing point」は『魔法少女サイト』にグッと寄せた曲になっています。例えば、ジャケット写真。今までは可愛い衣装を着てジャケット写真を撮影することが多かったのですが、今回は黒基調の大人な雰囲気が漂うカッコいい路線のものになっています。また、ダンスにも彩の拳銃型のステッキをモチーフにした振り付けや、撃った時に出るハートを取り入れているんですよ。歌声もメンバー全員が今までとは違う感じで、「闇から這い上がっていく」という作品に沿うような表現をしています。そういう意味ではi☆Risを知ってくださっている方にも全然違う楽しみ方をしていただける曲に仕上がったんじゃないかな。

――実際に披露されたときも今までとは違ったパフォーマンスを期待できそうです。

茜屋 そうですね! これまで何回か披露させていただきましたが、イメージとは裏腹にライブでは皆さんがノッてくださるので、意外とノリやすい曲なのかなとも思います。これからもライブで披露するのが楽しみな曲ですね。

大野 私もイベントで聞かせていただいたことがあるのですが、とても『魔法少女サイト』のイメージにピッタリな曲だなと思いました。本作のPVでも流れていましたが、アニメの絵にこの曲が合わさると華やかになって、ぞわっと鳥肌が立つくらい素敵な曲ですよね。

――ちなみに大野さんは共演されている茜屋さん・芹澤さんも所属しているi☆Risさんをどういうグループだと思っていらっしゃいますか?

大野 可愛い曲をたくさん歌うアイドルというイメージがありましたが、間近でダンスを見て「カッコいいアイドルだ!」とも思うようになりました。女性も憧れるようなカッコよさと可愛さがあって、とても素敵なグループですよね。

――別作品にはなりますが、大野さんはこれからアイドルコンテンツに関わり、アイドルを演じる機会も増えてくると思います。声優とアイドルのハイブリットユニットであるi☆Risに所属するアイドルの先輩とも呼べる茜屋さんに聞いてみたいことは?

大野 あの、ダンスはどうやったら覚えられますか?

茜屋 ダンスは……覚えられない(笑)。私たちも徐々にそれぞれのソロ活動が増えて、全員で振り付けを合わせる時間が少なくなっていて……。でも、もう追い込まれたらやるしかないみたいな精神でやっていたら、できるようになってた(笑)。

大野 あ、追い込まれることが大事なんだ。

茜屋 大事……なのかもしれない(笑)。

大野 わかりました! 追い込んでいきます。

――ただ、追い込みすぎると、『魔法少女サイト』に出会ってしまうかもしれないです。

大野 あーー!

茜屋 確かに、出会っちゃうかもしれない(笑)。

――気を付けてください(笑)。本日は作品のことに加えて音楽面のこともお話いただきありがとうございました。最後に改めて作品の今後の見どころを一言ずつお願いします。

茜屋 本作ではちょっと目をそらしたくなるようなシーンもたくさん出てくると思います。ただ、その奥にある芯の部分は友情や絆という、みんながいつも大切に思っている部分なので、最後まで見続けていただきたいです。また、彩と露乃の友情も今後描かれていくので、その点にもぜひ注目していただきたいですね!

大野 新しい登場人物も出てきて目まぐるしく展開していきますので、目を離さず見ていただけたら嬉しいです。今後もTVアニメ『魔法少女サイト』の応援をどうぞよろしくお願いします!

※『魔法少女サイト』のこと、また現在発売中のキャラクターソングキャラクターソング「…私だけ見てて♡」とOPテーマ曲「Changing point」について穴沢虹海(あなざわにじみ)役を演じる芹澤優さんにお話を聞いたインタビュー記事も公開中! ⇒https://cho-animedia.jp/actor/43999/

実は同日に取材させていただきました。記念のスリーショットです

◆プロフィール
大野柚布子【おおの・ゆうこ】11月2日生まれ。愛知県出身。マウスプロモーション所属。主な出演は『天使の3P!』五島潤役、『このはな綺譚』柚役、『音楽少女』雪野日陽役、『楠芽吹は勇者である』国土亜耶役、『ラピスリライツ ~この世界のアイドルは魔法が使える~』カエデ役 ほか

茜屋日海夏【あかねや・ひみか】7月16日生まれ。秋田県出身。81プロデュース、エイベックス・ピクチャーズ所属。主な出演は『プリパラ』真中らぁら役、『Dance with Devils』立華リツカ役、『ミイラの飼い方』茂木朝役 ほか。声優とアイドルの活動の両立を目指す、ハイブリッドユニット「i☆Ris」のメンバーとしても活動中

<TVアニメ「魔法少女サイト」情報>
◆放送情報
4月6日よりMBS/TBS/BS-TBS“アニメイズム”枠他にて好評放送中!
・MBS:毎週金曜26:25~
・TBS:毎週金曜25:55~
・BS-TBS:毎週土曜24:30~
・SBS:毎週火曜日25:58~
・ATV:毎週月曜日25:28~
・AT-X:毎週水曜22:30~
(※リピート放送:毎週金曜14:30~/毎週火曜6:30~)
Amazonプライム・ビデオにて日本・海外独占配信!
※放送日時は変更になる可能性がございます 。

◆振り返り一挙配信決定!
5月4日(金)16時より、ニコニコ生放送にて第1話~第4話の振り返り一挙放送が実施決定!
http://live.nicovideo.jp/gate/lv312720240

◆CAST
朝霧 彩:大野柚布子
奴村露乃:茜屋日海夏
潮井梨ナ:鈴木愛奈
穴沢虹海:芹澤 優
雫芽さりな:山崎はるか
雨谷小雨:原 由実
燐賀紗雪:M・A・O
泉ヶ峰みかり:本渡 楓
水蓮寺清春:松井恵理子
滝口あさひ:Lynn
朝霧要:岡本信彦
美炭貴一郎:鈴木達央
サイト管理人 漆:中尾隆聖
サイト管理人 弐(ひょっとこ):悠木 碧
サイト管理人 捌(おかめ):キズナアイ
直戸圭介:安里勇哉

◆ハッカドールタイアップ実施中!
ニュースアプリ「ハッカドール」とのコラボレーション企画実施中! 詳細は特設ページをご覧下さい。

ハッカドール×『魔法少女サイト』特設サイト
http://blog.hackadoll.com/2018/04/mahoushoujyo2.html?mss=4

<i☆Ris 16thSingle:「Changing point」リリース情報>
発売日:5月9日(水)
[CD+DVD] 16thシングル「Changing point」(CD+DVD) EYCA-11869/B ¥1,800(税抜)
[CD] 16thシングル「Changing point」(CDのみ)EYCA-11870 ¥1,200(税抜)
★DVDには「Changing point Music Video」そして「Changing point-Off Shot Movie-」を収録予定!
【CD+DVD】 CD全4曲収録予定
CD
01 Changing point
02 アメコイ
03 Changing point (instrumental)
04 アメコイ(instrumental)

DVD
01 Changing point-Music Video02
Changing point-Off Shot Movie-
【CD only】 全6曲収録予定
01 Changing point
02 アメコイ
03 卒業式 ★作詞・作曲:友希
04 Changing point(instrumental)
05 アメコイ(instrumental)
06 卒業式(instrumental)
★「卒業式」はi☆Risのメンバー友希(若井)作詞作曲を担当!

<CD盤>

<CD+DVD盤

魔法少女サイトキャラクターソング 「赤イ涙の先」情報
歌唱:朝霧彩役(CV:大野柚布子
発売日:6月20日(水)
<CD+DVD>¥1,800+税
<CD>¥1,200+税

魔法少女サイトキャラクターソング「believe again」情報
歌唱:奴村露乃(CV:茜屋日海夏)
発売日:6月20日(水)
<CD+DVD>¥1,800+税
<CD>¥1,200+税

アニメ公式サイト
http://mahoushoujyo-anime.com/

アニメ公式Twitter
@MGSanime

i☆Ris公式HP
http://iris.dive2ent.com/

i☆Ris公式Twitter
@iris_official_

大野柚布子さんが間違い探しを披露されている動画はこちら→http://nico.ms/1506666606

©佐藤健太郎(秋田書店)/「魔法少女サイト」製作委員会



PAGETOP