超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

ネギを持って登場し、会場を全力疾走で駆け抜けラーメンを食べた後にポップアップで飛んでメインステージへ!「ANIMAX MUSIX」で”らしさ”を発揮した鈴木みのりにインタビュー

2019/3/29


 アニメ専門チャンネルのアニマックスが主催するアニメミュージックライブイベント「ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA」が2019年1月19日に大阪城ホールにて開催された。毎年さまざまな企画で駆け付けた方々を盛り上げる本イベント。ことし40周年を迎える『ガンダム』シリーズに焦点を当てた「ガンダムSELECTION」、”魔法”を題材とした作品の主題歌を特集した「魔法アニメSELECTION」、そして、平成最後のANIMAX MUSIXということで、平成のアニソンを振り返る企画などを行った。

 数多くいる出演者のなかで、鈴木みのりは、ソロアーティストとしてTVアニメ『ラーメン大好き小泉さん』のOPテーマ曲「FEELING AROUND」、TVアニメ『カードキャプターさくら クリアカード編』の新EDテーマ曲「リワインド」の2曲を披露。ネギを手に持ちトロッコに乗って登場したかと思えば、会場を全力疾走で回り、メインステージまで駆け降りる途中でラーメンを食べ、ポップアップでステージに登場するなど、”変わったことがしたい”という彼女のポリシーと魅力を如何なく発揮する。かと思えば、TRUEとコラボレーションし、TVアニメ『創聖のアクエリオン』のOPテーマ曲「創聖のアクエリオン」をカバーした際は伸びが心地よい、透明感のある歌声を会場に響かせた。

 超!アニメディアでは、ソロでのステージを終えたばかりの彼女にインタビューを敢行。初めて出演した「ANIMAX MUSIX」の感想や今後、コラボレーションしてみたいアーティストのことについておうかがいした。 ※『創聖のアクエリオン』のコラボについてはご出演前だったため、インタビューの内容には含まれておりません。

――ソロのステージお疲れ様でした。初めての「ANIMAX MUSIX」……とは思えないくらいにさまざまな演出・企画で会場を盛り上げていましたね。

 トロッコ、全力疾走、ラーメン、ポップアップで飛ぶ……色々とやらせていただきました。

ーー観ている側もお腹いっぱいになるくらいの満足度でした。

 良かったです!

ーー今回の企画はどなたからのご提案だったのでしょうか?

「ANIMAX MUSIX」のスタッフさんがリハーサルのときに「こういう演出やりませんか?」と提案してくださいました。私のアーティスト活動を支えてくれているスタッフさんとは、変なことをしたいとアルバムで謳ったり、MVを作ったりしていたから、「鈴木みのりならこんな演出もやってくれるだろう」と思ってくださったのかなと話していました(笑)。

ーーなるほど(笑)。演出が盛りたくさんだったので、移動だけでも大変だったのでは?

 今までで一番息はあがりましたが、すごく楽しくて! なかなか曲のなかで一回舞台から消えてまた登場するなんてこと滅多にできないですよ(笑)。貴重な経験をさせていただきました。また、学生時代に部活で走っていたので、その経験がようやく活かせる日が来たなという気持ちも個人的にはありましたね。

ーーさすが、陸上部で足腰を鍛えて、今も体を鍛えていらっしゃる鈴木さんです。

 実は最初、ポップアップで飛んで出る予定はなったんですよ。ただ「飛べるんだったら飛んでみますか?」とご提案いただき、リハーサルで試してみたところ案外いけることが判明して。普段から体幹を鍛えておいてよかったです。

ーートロッコから走ってメインステージへ向かう途中にラーメンを食べるという演出も斬新でした。

 美味しかったです。醤油ラーメンで、王道な味がしました。

ーーあとはネギ。トロッコで登場されたとき、いつも通りにネギを持っていらっしゃったので思わず笑ってしまいました。

 これまでのネギは本物やおもちゃのものなどを自分で用意していたのですが、今回は「ANIMAX MUSIX」さんが、食品サンプルをご用意して下さいました! 遠目から見たら本物のネギにしか見えないくらい素敵な仕上がりでした。

ーーあれは「ANIMAX MUSIX」さんがご用意されたものだったんですね!

 そうなんです。打ち合わせのときに「……で、ネギはこれを……」と差し出してくださいました(笑)。しかも、「これからもぜひ使ってください!」とおっしゃっていただけたんです。もうネギを買う手間がなくなったので助かりました(笑)。

ーーなるほど(笑)。ネギという点でいえば、登場されたとき会場に駆け付けた方々がペンライトを一斉に緑に変えていましたね。

 そうなんです! あの緑色しかない景色はとても綺麗でした。あと、「リワインド」のことをMCで話し始めたときにペンライトの色をピンクに変えて下さる方もいて。私の曲をこんなにも知ってくださっている方がいるんだと感じられたので、嬉しくてたまらなかったですね。

ーー今回もでしたが、鈴木さんはライブで本当にいつも楽しそうに歌われていますよね。

 ライブはとても楽しいですし、しかも今回は素敵な演出もたくさん用意してくださったのでより気持ちが高ぶっていました。あと、私は生バンドだと気持ちが入ってリミッターが外れるみたいなんです。今回のイベントも生バンドだったので、気持ちが入りました。

ーー生バンドというのも「ANIMAX MUSIX」さんの特徴ですよね。「ANIMAX MUSIX」さんならではという点では例年、大阪公演が大阪城ホールで行われているという点も挙げられると思います。今回、大阪城ホールに一ソロアーティストとして立たれましたが、いかがでしたか?

 トロッコに乗っていたということもありますがお客さんの顔がよく見える会場だなと思いました。

ーー色々なコンテンツで横浜アリーナやナゴヤドームにも立たれています。今回は大きな会場にお一人で立たれましたが、緊張はされましたか?

 この会場だから緊張する、ということはないです。むしろ大きな会場でやらせていただけると走り回れる場所が増えるので、私の体力の見せ所だなという気持ちになります。

ーーそこはやっぱり見せたいところなんですね!

 そうです! ライブハウスはライブハウスでアットホームな感じがいいんですけども、ドームやホールなどにはまた違った魅力が色々とあります。会場が広い以外の点だと、ペンライトの光。多くの方が振ってくださるあの光がすごく力になるんですよ。今日も大きな力となりました。あと、フェスだと皆さんが着ているTシャツをチェックして楽しんでします。今日は『バンドリ!』のアニメTシャツがとても可愛いなと思いながら、皆さんに手を振っていました。

ーーめちゃめちゃ余裕ありますね。

 いえいえ! 気を抜くと歌詞を間違えるので気を付けています。

ーー気を抜きすぎないようにされている。

 はい(笑)。

ーー生バンド、会場に加えてもうひとつ「ANIMAX MUSIX」の魅力といえばコラボレーション。今後、こういう方とコラボレーションをしてみたいなど願望はございますか?

 これは人生の夢なんですけども、一ファンとして坂本真綾さんといつか一緒に歌えたらなと思っています。楽曲の詞も提供していただいたことがあるので、恐れ多いですがいつか実現する日が来ればいいな。あとは色々なグループのなかに交じって踊ってみたいですね。

ーーその時も体力の見せ所……。

 ですね! ダンスの良し悪しはともかく、体力だけは付いていけるんじゃないかな。

ーー今後、ソロアーティストとしてももっとダンサブルな曲に挑戦していきたい?

 そうですね。私は「こういう路線の曲」と方向性を決めつけず、さまざまな曲を歌っていきたいと思っています。ダンスも色々なコンテンツで舞台に立つときにやらせていただく機会があるのですが、好きだなといつも感じているので今後もやっていきたいですね。

ーー最後に、読者の皆様にメッセージをお願いします。

 小さいころから家でアニマックスさんの放送が流れているという環境で育ってきたので、今回、「ANIMAX MUSIX」さんに参加できたのは何ともいえない、かけがえのない経験となりました。私はアーティストとしても声優としてもまだまだスタートしたばかり。今後、アニマックスさんで放送してもらえるようなアニメにまた出られるよう声優としても頑張りたいですし、何度でも「ANIMAX MUSIX」さんに呼んでもらえるようアーティストとしても頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします!

 鈴木さんも出演された「ANIMAX MUSIX 2019 OSAKA」の模様は、アニメ専門チャンネルのアニマックスにて4月7日(日)にPart1、14日(日)にPart2が放送される。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大します。

 

アニマックス公式サイト
https://www.animax.co.jp/



この記事のキーワード

PAGETOP