超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

オリジナルアニメーション動画『あの日の心をとらえて』がYouTubeで公開、内田真礼・内田雄馬が声を担当

2019/10/31


 日野自動車株式会社は、10月24日(木)より開幕した「第46回東京モーターショー2019」にて、モーターショーにおける当社のテーマ「Transporting Every Happiness」を実現する未来のモビリティ「FlatFormer」を世界初公開している。さらに「FlatFormer」が存在する世界を表現したアニメーション動画『あの日の心をとらえて』もYouTubeで公開。上記ブースにおいて、アニメの世界観を表現した展示も行っている。

 本動画は、『機動戦士ガンダム』『コードギアス』シリーズをはじめとする近未来を舞台とした数々の名作を手掛けているアニメ制作スタジオ「サンライズ」と共に、日野自動車が開発を目指す未来のモビリティ「FlatFormer」が存在する世界を表現したアニメーション動画。物語の舞台は、20XX年の「FlatFormer」をはじめとした先端技術によって自然が保護され、美しい景観が保たれた地方の町。この時代では、モビリティが社会のインフラとして、エネルギー供給から、衣食住などの人々の暮らしに至るまで幅広く支えている。インフラとして「どんなに離れても、この想いを届けたい。」というメッセージの下、離れ離れになってしまった主人公の流斗と幼なじみの美智を「FlatFormer」が時間と空間を超えてつなぐ物語を描く。

 キャラクター原案は、『センコロール コネクト】を手掛けた宇木敦哉が担当。さらに、『ラブライブ!』で監督を務めた京極尚彦(監督)、『ガンダム Gのレコンギスタ』『劇場版シティーハンター<新宿プライベート・アイズ>』の作画監督・田頭真理恵(キャラクターデザイン・作画監督)など、気鋭のクリエイターが集結している。なお、声優には、『中二病でも恋がしたい!』の小鳥遊六花役を担当した内田真礼と、『BANANA FISH』のアッシュ・リンクス役を担当した内田雄馬を起用。現在、動画の再生回数は36万を超えている。

「第46回東京モーターショー2019」は2019年11月4日(月・祝)まで開催。

特設サイトURL
https://www.hino.co.jp/tokyomotorshow2019/
日野自動車株式会社公式Twitter
@HINOJapan

「第46回東京モーターショー2019」開催概要
日程:2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)計12日間
場所:青海エリア~OPEN ROAD~有明エリア(東京ビッグサイト青海・西・南展示棟/MEGA WEB/シンボルプロムナード公園/DRIVE PARK)
※日野自動車のブースは、東京ビッグサイト青海展示棟Aホールとなります。
開催時間

【一般公開日】
10月28日(月)~11月2日(土)10時~20時
11月3日(日)・11月4日(月・祝)10時~18時
入場料
【一般公開日】
・一般 2,000円(前売り1,800円、日曜・祝日除く16時以降【当日会場売】1,000円)
・高校生以下無料
・障がい者手帳をお持ちの方(要手帳提示)、本人及び付添者1名(車いす利用者の場合2名まで)無料

※詳細は、東京モーターショーの公式サイトに記載。

「東京モーターショー」公式サイト
https://www.tokyo-motorshow.com/



この記事のキーワード

PAGETOP