超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

舞台「夢王国と眠れる100人の王子様〜On Stage〜」榊原徹士と竹中凌平が語るお互いの印象【インタビュー】

2019/1/30



 1月31日(木)から始まる舞台「夢王国と眠れる100人の王子様〜On Stage〜」から、アヴィ役の榊原徹士とキエル役の竹中凌平を直撃。見どころやお互いの第一印象など語ってくれた。

――出演が決まった時の感想をお聞かせください。

竹中 そもそも王子様なので「俺、王子様できないよ」って。「いやー、大丈夫かな」という感じで、とても不安でした。でも、決まったからには頑張って王子様になろうって思いましたけど。

榊原 めちゃくちゃ(王子様に)なってるよ。

竹中 でも、いつもメイクや衣装を着ける前って、怖くないですか? 「似合わなかったらどうしよう」って。

榊原 確かに(笑)。ウィッグ被るとき、ドキドキした。僕は、すぐに声優さんが浮かんで、「あ、鈴村健一さんだ」と。一度、ラジオに出させていただいたことがあったので、「失礼のないようにしないと」と。大人気声優さんなのはもちろん、面識のある方だし、めちゃめちゃプレッシャーを感じてドキドキしました。

竹中 決まってからはお会いされたんですか?

榊原 いや、お会いできてないけど、(鈴村さんと一緒にラジオに出ている)神谷浩史さんには伝えた(笑)。

――それぞれ、演じる役について、どう捉えて演じていますか? ご自身と似ているところはありますか?

榊原 アヴィは、「ザ・王子様」みたいなことを言うんです。自ら「王子」と名乗ったり、身の証の指輪を見せたり。プライド自体は高いんですけど、キエルと一緒にいるうちに変わっていく様子が描かれているので、そこを咀嚼して演じられたらと。似ている部分は、プライドが高いところや頑固なところもあると思うんですけど、誰かが言葉に詰まると、すぐにツッコみたくなるところが似ているかな。

竹中 キエルは人懐っこくて、天真爛漫で、めちゃめちゃ明るいんですけど、その裏に、ピュアゆえの繊細な部分もあって、それをひた隠しにしているんです。それをどう乗り越えていくかという部分を、核として大事に演じたいなと…(手元にあったキエルの剣を抜く)。

榊原 待って、今なんで剣抜いたの?(笑)

竹中 話がうまくまとまったから、キタっと思って(笑)。あー、あと、僕と似ているところは、真っ直ぐというか、自分の興味のあるところに一直線になるところは、とても似ていると思いますね。

続きを読む



PAGETOP