超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

特集

【インタビュー】『リズと青い鳥』みぞれ役・種﨑敦美×希美役・東山奈央スペシャル対談[前編]-「台本を最後まで読み切ったときは泣いてしまうほどでした」

2018/4/1


 京都の北宇治高校吹奏楽部を舞台にしたTVアニメ『響け!ユーフォニアム』(以下『ユーフォニアム』)。その劇場版三部作の第2弾となる『リズと青い鳥』は、3年生になった鎧塚みぞれと傘木希美の物語。TVシリーズの第2期では疎遠な状態から始まり、黄前久美子や吉川優子たちの助けも借りて和解したふたりの未来は、どのように描かれていくのか。みぞれ役の種﨑敦美と希美役の東山奈央が、その思いを語る。

 アイスクリームを持ったみぞれと希美のふたりが描かれた「超!アニメディア」トップイラストと同時に公開するのは、対談の前編。
 後編は、劇場版公開日の421日(土)にアップされる予定だ。後編には公開後にしか話せない内容も含まれているが、まずは前編を読んで、本作の内容にぜひ想像をふくらませていただきたい。


――まず、『ユーフォニアム』の劇場版の新作第2弾がみぞれと希美の物語になると聞いたときの感想を教えてください。

種﨑 完全なサプライズだったのですが、聞いた瞬間はみぞれと希美、二人の物語の続きが見られる嬉しさで溢れました。でもその後すぐにTVシリーズで雨降って地固まったはずの二人の続きということは…?と。その時にみぞれとしての思いは出し切ったつもりだったので、またあれほどの熱量が出せるだろうかという不安も感じました。本当にストーリーの予想が全くつかなかったので()

東山 私は、続編の決定をSNSで知ったんです。宇治で行われた『ユーフォニアム』のイベントにうかがうことができなかったので、イベントが終わったあとにチェックしてみたら発表されていて。「新作? 3本? みぞれと希美!?」と驚きました。それと同時に、TVシリーズ第2期の新キャラクターだったみぞれと希美でまるまる1本の映画を作るということには、プレッシャーもありました。

――実際に台本をもらって、物語に触れてみていかがでしたか?続きを読む



PAGETOP