超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

亜咲花がミニアルバム『19BOX』をリリース!「10代最後の“19歳のいろんな亜咲花”を聴いてほしい」【インタビュー】

2019/1/10


 亜咲花が、1stミニアルバムとなる『19BOX』をリリース。「19歳の集大成」と語る本ミニアルバムについて語ったインタビューが『アニメディア1月号』に掲載されている。「超!アニメディア」では、記事内でお届けしけれなかった部分を含めたインタビュー全文をご紹介する。

新曲とシングル未収録楽曲を収録

ーーミニアルバム『19BOX』をリリース。どんなお気持ちでしょうか。
 10代最後の年齢である、“19歳のいろんな亜咲花”を聴いていただこうということで、ジュークボックスとかけて『19BOX』というタイトルを付けさせていただきました。今までシングルしかリリースしていなかったので、こうして集大成と呼べるような作品を出せるのがうれしいです。

ーー新曲の「KILL ME One More Time?」はジャズテイストのかっこいい曲調で、歌声や歌詞の内容も大人っぽいですね。亜咲花さんは作詞も担当しています。
 シングルでは絶対に出せないような色と雰囲気を出したくて、小説を書くような気持ちで、「大人の女性の恋愛」をテーマに、等身大よりも大人っぽい世界観で書かせていただきました。このミニアルバムにはピュアな恋愛ソングも収録されているので、その対比として、重く歪んだ恋愛の曲があっても面白いと思ったので。サウンド的には、私自身ジャズロックをずっとやりたいと思っていて、それを現代風にしてEDMの要素も入れて仕上げていただきました。

ーー作詞は大変でしたか?
 自分の気持ちを書くよりも、想像で書くほうが、客観視できて書きやすかったです。もともと妄想することが好きで、「アニメのこのキャラクターとこのキャラクターが恋愛をしたらどうなるんだろう?」とか、小さいころから非日常的なことばかり想像していたので、その延長上で書くことができました。

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP