超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【インタビュー】『千銃士』で古銃の化身を演じる八代拓×立花慎之介×梶裕貴&蒼井翔太 「高貴さを表現するのは気持ちです(笑)!」

2018/7/10



 美術品として残された古銃の化身「貴銃士」が、圧倒的戦力の現代銃に戦いを挑む人気ゲームアプリ『千銃士』が早くもアニメ化、いよいよ7月から放送スタート。それに先駆けて、ゲームのメインテーマCDが、6月20日にリリース。ブラウン・ベス役の八代拓、シャルルヴィル役の立花慎之介、ケンタッキー役の梶裕貴による作品と楽曲の魅力を語ったインタビューと、スプリングフィールド役の蒼井翔太からのメッセージが、現在発売中の「アニメディア」7月号に掲載されている。「超!アニメディア」では、誌面では紹介しきれなかったロング版インタビューをお届けする。

男もハマる銃の擬人化
高貴さは気持ちから!

──『千銃士』という作品の印象は?

八代 昔実際に使われていた古銃が、擬人化した作品です。銃それぞれに特徴と歴史があって、それが各キャラクターの個性にも反映されています。本編で描かれる戦いは、古銃VS現代銃というわかりやすい構図も魅力的だなと思いました。

立花 僕は昔から銃関係が大好きだから、「ようやく俺の時代がきたな!」と(笑)。

 立花さんの時代!? 銃の時代じゃなくて(笑)?

立花 どっちも(笑)。僕はサバイバル歴25年で、きっと前世は貴銃士だったんだろうと思います。つまり“リアル千銃士”です(笑)。いままで刀とかいろいろな武器が擬人化されているなかで、ようやく銃の擬人化がきたなと、話を聞いたときはうれしかったです。アプリのときから関わるのが楽しみでした。

 銃について、僕も興味はあれど知識はなかったので、これを機にユーザーや視聴者のみなさんと一緒に、銃のことについて楽しみながら学んでいけたらいいなと思っています。とは言え演じるのは人間なので、銃である部分は大切にしながら、キャラクターたちの内面をしっかり表現していけたらと考えています。

──それぞれが演じるのは、どんなキャラクターですか?

 ケンタッキーはライフルなのでふたりとは戦い方が違っており、遠くからじっくりと狙って狙撃する役。特徴的なキャラクターなのかなと思います。男臭くて好戦的だけど、実は仲間のことをとても大事にしていて、マスターに忠誠を誓っているところは、かっこよくもありかわいげもあって。ただアニメでは、ゲームで見せるマスターに対するデレがほとんど描かれておらず、基本的にツンツンしていて…なかなかデレる瞬間がないのが、ちょっとだけさびしいですね(笑)。

立花 シャルルヴィルはフランスの銃で、貴族じゃないけどちょっと気品があると言うか。甘いお菓子が好きだったり、フランスっぽさが反映されています。軽口なところがあるけど、まじめにものを考えるところがあるキャラクターです。ただ、ゲームよりは少し大人びたところがああって。アニメでは、みんなを仕切っているお兄さん寄りの描き方になっていますね。

八代 僕の演じるブラウン・ベスは、イギリスの銃なので英国紳士的なところがあって。コーヒーよりは紅茶が好きだったり、衣装にタータンチェックがあしらわれていたり、その銃が使われていた国の歴史が感じられるものになっています。ブラウン・ベスはまじめで素直なんですけど、それゆえに人に伝えたりとか相談する前に行動を起こしてしまうことがあって。僕自身も、まずはやってみないとわからないという感じで、とりあえずやってみようと思う性格なので、そこは似ているかもしれないです。

続きを読む



声優になりたい!

PAGETOP