超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

和氣あず未がアーティストデビュー、トラウマを抱えるほど苦手意識があった「歌」への想い【インタビュー】

2020/1/29


『アイドルマスターシンデレラガールズ』片桐早苗役、『「ブレンド・S」桜ノ宮苺香役、『みだらな青ちゃんは勉強ができない』堀江青役など、さまざまな作品に出演する声優・和氣あず未。目覚ましい活躍をする彼女が、2020年1月29日(水)に1stシングルとなる「ふわっと/シトラス」を引っさげてアーティストデビューする。

 超!アニメディアでは、和氣さんにインタビューを実施。1stシングルの聴きどころに加えて、自身の音楽に対する想いなどについてお話をうかがった。

ーーアーティストデビューすることが発表された2019年。振り返ってみて、どんな一年でしたか?

 平凡な一年でした。

――……。えぇ!? 色々な作品で和氣さんのお名前を聞くことがあったので、まさか平凡という言葉出てくるとは思っていませんでした。

 確かに、ありがたいことにたくさんお仕事をさせていただき、アーティストデビューすることも発表されるなど、色々なことがありましたね。……そういえば、2018年に占い師さんに占ってもらったら、「来年は落ち着いた一年になります」と言われたんですよ。でも、全然そんなことはなかったです。あれ、平凡じゃないですね(笑)。

――でも、平凡だと思えるくらい日常が楽しかったということ?

 そうですね。毎日が楽しくって!

――Twitterを拝見していてもその楽しさが伝わってきます。

 本当に、あの通りなんです(笑)。悩むこともありましたが、どうしようもなくなってしまうような日はなくって。いま思うと、とても幸せな一年を過ごせたなと思っています。

――それは声優になってからは初めての気持ちだった?

 どうでしょう、声優のお仕事で「どうしたらいいんだろう」って考えることも多々ありましたが、これまでも「それすら楽しい」と思えてきたので。毎年、楽しくはあったんですよね。声優業に慣れたということはないですが、落ち着いて仕事をできるようになってきたのが2019年だったのかもしれません。

――そのなかで、アーティストデビューというのはやはり大きな発表だったかと思います。

 そうですね!

――最初に「デビューしませんか?」というお話をもらったときはどんなお気持ちでしたか?

 2019年の3月くらいにマネージャーさんから「アーティストデビューに興味ない?」と聞かれて。その時は正直に「わたしには、まだレベルが高いかもしれません」と伝えたんです。そもそも、歌は超苦手意識があって、トラウマもあったので。

――トラウマ?

 はい。私、お兄ちゃんが3人いるんですけども、私が幼稚園くらいのときに4人でカラオケへ行ったんです。で、しばらくしたら、勝手にお兄ちゃんが採点モードにしちゃって。そのとき、あまり知らない曲を歌って、7点を出しちゃったんです。

――7点!

 はい。それをお兄ちゃんたちにめちゃめちゃバカにされて! 私が家で歌っていると事あるごとに「7点」みたいに言われていたので、歌にはトラウマがあったんです。

――そんな過去があったとは……。

 でも、この仕事をするようになってから歌う機会が増えて、お兄ちゃんもCDを買ってくれて! それで、トラウマはある程度、克服できました。そういえば、アーティストデビューすることをお兄ちゃんたちに報告したら、働いているけども歌手になりたいって夢も持っている三男から「俺も出してくんないかな」「あず未とコラボできないかな」って言われて(笑)。なんだかお兄ちゃんに認めてもらえたようで、嬉しかったです。

――兄妹でのコラボは日本コロムビアさんにお願いするしかないですね(笑)。

 そうですね(笑)。

――お兄さん方も後押ししてくれるようになっていますが、それでも歌に対して、苦手意識があるんですね。

 そうなんです。歌うことは好きなんですけども、こういう過去があったら人前で歌うことをあんまりしてこなくって。まだ、和氣あず未として人前で歌うことには慣れていないし、苦手な分野なんです。

――これまでも様々なコンテンツで、人前で歌うことがありました。その時とは意識が違う?

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP