超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

鈴木Daichi秀行など豪華制作陣が参加 ライバーチーム「LaLa」所属の宇佐美えりがアーティストデビューが決定!

2019/8/14


 ライバーチーム「LaLa」に所属する声優の宇佐美えりが、豪華制作陣のバックアップを受けてアーティストデビューすることが決定した。作曲・編曲は、絢香、家入レオ、YUIなどを手掛ける鈴木Daichi秀行が担当。作詞は、内田彩、伊藤美来など有名声優の作詞を手掛ける金子麻友美が宇佐美えりと共作。そしてレコーディングエンジニアは、Dragon Ash、SCANDALなどを手掛ける飛澤正人が担当する。 


 ライバーチーム『LaLa』に所属する声優の宇佐美えりは、2019年2月より本格的にライバーとして活動を開始。翌月3月の新人大会では、300万ポイントを獲得して日本1位で優勝。そして10月に開催予定のライバー世界大会では、日本代表として出場することが決まっている。そのようなトップライバーへ向けて、ライバーチーム「LaLa」では「LaLaポイント」という新たなライバー育成プランの提供開始を発表する。ライブ配信での獲得ポイントの一部が、タレント育成のプロデュース費用として自動的に貯蓄。ライバーの枠を超えて活躍できるタレント人材の育成を目指すための制度となっている。

 そしてこの度、宇佐美えりが「LaLaポイント」を使ってアーティストデビューすることが決定した。ライバーをきっかけに、アーティストとしてのプロデュースを行う。また、宇佐美えりのデビュー曲については、国内でも著名な制作陣が協力。絢香、家入レオ、YUI、ハロー!プロジェクト、ジャニーズグループなど著名アーティストを手掛ける鈴木Daichi秀行が作曲・編曲を担当。また作詞は、内田彩、花江夏樹、伊藤美来、村川梨衣など有名声優の作詞・作曲を手掛ける金子麻友美が、宇佐美えりと共同で制作。そしてレコーディングエンジニアは、Dragon Ash、GACKT、SCANDAL、鬼束ちひろなどを手掛ける飛澤正人が担当する。今回のデビューについて本人からコメントが届いている。

宇佐美えりコメント
 ライバーとして本格的に活動を始めてから約半年。こんなに素敵なデビューをさせて頂けるなんて夢のようです。夢が現実になっていく幸せを日々感じます。ライバーから夢を掴んでいく姿を見守って頂けたらと思います。私の人生はここから!今まで長い間待たせてしまったファンの方々にも恩返しができるよう頑張っていきます!

■宇佐美えりプロフィール
 ライバーチーム「LaLa」に所属するライバー。声優事務所S運営の養成所「Pines」テレビCMの出演や、ブラジルの大型アニメフェス「Ressaca Friends」の公式レポーターで出演するなど、2018年にタレント業を本格的に開始。そして2019年3月、スマホアプリゲーム『イカロスM』にアンジェラ役、アンナ役、パオー役で声優デビュー。ライバー活動は2月に本格始動すると、3月には新人イベントにて日本1位になる。10月のライバー世界大会では日本代表として出場することが決定している。

宇佐美えり公式Twitter
https://twitter.com/usamieri_

宇佐美えり公式Instagram
https://www.instagram.com/eriusami_/ 

■LaLaとは
 ライバー500名以上が所属する国内最大級のライバーチーム。ライバー世界大会で優勝経験のある「あーるちゃん」と共に、トップライバーを育成している。国内イベントで優勝経験のある「アリエルな」や「宇佐美えり」などトップライバーが所属する。運営はライバーライツ株式会社。

「LaLa -ライバー育成コミュニティ-」公式サイト
http://lalaliver.com/



この記事のキーワード

PAGETOP