超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

LiSA『鬼滅の刃』の主題歌2曲について語る「『紅蓮華』の歌詞は、炭治郎を自分の中に憑依させて書いたんです」【インタビュー】

2019/7/27


 TVアニメの放送も2クール目に入った『鬼滅の刃』。そのOPテーマ「紅蓮華」を7月3日にリリースし、EDテーマ「from the edge」を“FictionJunction feat. LiSA”として歌唱するのが、ロックシンガー・LiSAだ。その2曲についてのインタビューが発売中の「アニメディア8月号」に掲載されているが、「超!アニメディア」では記事内でお届けしきれなかった部分も含めた、インタビュー全文をご紹介。LiSAの『鬼滅の刃』へと寄り添う姿勢を、より深く知っていただければ幸いだ。

時間をかけて、世界観からじっくり作り上げられていったのが「紅蓮華」

――LiSAさんが『鬼滅の刃』の原作を読んだときに、一番強く感じたエッセンスなんでしたか?

 主人公である炭治郎の運命の過酷さと、それでも禰豆子を希望にして仲間を作りながら自分自身も「強くなりたい」っていう一心で頑張っていく、炭治郎の素直さみたいなものを、とっても強く感じました。

――本当に、炭治郎はまっすぐな子ですよね。

 そうですね。他人のことを悪く言いもしないし、最初は鬼に対する姿勢さえも「やさしすぎる」って言われちゃう子なんですよね。でも、お話が進んでいくにつれて、そのやさしさがすごく彼の強みになっていっているなと思うんですよ。

――原作は、先のほうまで読まれているんですか?

 はい。もう、すごく面白くて。こんなに登場人物が出てくるのに飽きないし、みんなそれぞれ個性があって。それぞれのキャラクターがこんなにいろんなことを教えてくれる作品って、なかなか無いなって思うんですよね。

――アニメの放送は鼓屋敷のエピソードまで終わりましたが、それまでの中でとくに印象深かったシーンを挙げるなら?

 やっと炭治郎・善逸・伊之助の3人が集まって、これから頑張っていくので、この先もっと面白くなるんですけど……(笑)。でもやっぱり、最初の炭治郎が雪の中を歩いてるシーンがすごく好きですね。悲しみを抱えながら、炭治郎がもがいている感じがあって……私が初めて『鬼滅の刃』を読んだときから、その雪の中を歩いている炭治郎っていうのがすごく印象的だったんですよ。あと、声優のみなさんのお芝居にも引き込まれますよね。とくに、鱗滝(左近次)さんがヤバくて。

――大塚芳忠さんが。

 はい。私、鱗滝さんが出てきたときの、「ああ、この子は駄目だ。思いやりが強すぎて決断できない……」というセリフのシーンで完全に引き込まれて。原作のときから好きなシーンはいっぱいあるんですけど、そのシーンのこのセリフでこんなにも人の心を持っていくって、すごいなって思いました。

 

続きを読む



この記事のキーワード

PAGETOP