超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『映画刀剣乱舞』ついに出陣!鈴木拡樹ら刀剣男士が初日を迎えて鏡開き「皆様に愛を込めていただきたい」【レポート】

2019/1/18



 1月18日公開の『映画刀剣乱舞』舞台挨拶が、東京・TOHOシネマ六本木で開催。鈴木拡樹、荒牧慶彦、北村諒、和田雅成、岩永洋昭、定本楓馬、椎名鯛造、廣瀬智紀、耶雲哉治監督が、舞台挨拶に登壇。

 刀剣育成シミュレーションゲームを原案に、これまで舞台、ミュージカル、アニメなど様々なメディアミックス展開が成功を納め、昨年年末の「NHK紅白歌合戦」にミュージカルの“刀剣男士”が出演。そんな人気コンテンツが、満を持しての実写映画化。京都・本能寺を舞台に、歴史修正主義者が送り込む時間遡行軍と戦うため、刀剣男士たちは過去へ出陣する。

 約1年前に行われた撮影について尋ねられると、キャスト陣は一様に「寒かったけど、楽しかった」と口をそろえる。耶雲監督も「こんな(和気あいあいとした)ムードで撮影できた。鈴木くんを座長としたみんなが、スタッフを引っ張ってくれて、楽しい現場でした」と、キャストへの感謝を語った。

 映画と舞台の違いについて、荒牧が「外で砂利道などで立ち回りすると、足を取られたり難しかったですが、よりリアルな殺陣ができていると思います」とコメント。北村も「自分たちがリアルな景色の中に存在するのを見て、嬉しくなりました」と満足げに語った。

 映画が作品への初参加となる定本は「舞台から演じているキャストが多いので、溶け込めるか不安でしたが、ぐいぐい来てくれて。どんどん仲良くなれました。気持ちよく、のびのびできる現場でした」と語った。そんな中、同じく初出演の廣瀬が、定本を「ふうまたん」と呼び、一同から「そんな呼び方してた?」とツッコまれ、会場が笑いに包まれる一幕も。

 イベントの最後は、酒樽で鏡開きを実施。振る舞われた甘酒で乾杯し、鈴木が「映画は完成しましたが、ここからもう1段、2段と成長するためには、皆様に観ていただき、愛を込めていただくのが必要だと思います」と、真剣な眼差しでアピールした。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

〈『映画刀剣乱舞』情報〉
2019年1月18日(金)公開

■原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus) 
■監督:耶雲哉治  
■脚本:小林靖子
■配給:東宝映像事業部

『映画刀剣乱舞』公式サイト
touken-movie2019.jp 

『映画刀剣乱舞』Twitter
@toukenmovie2019

©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus



PAGETOP