超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

映画『ラブライブ!サンシャイン!!』にAqours感涙!紅白出場へ向けて伊波杏樹「9人でしかできないパフォーマンスを披露したい」と意気込みを!

2018/12/28



 12月28日(金)に映画『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』の完成披露試写会が行われ、Aqoursの伊波杏樹(高海千歌役)、逢田梨香子(桜内梨子役)、諏訪ななか(松浦果南役)、小宮有紗(黒澤ダイヤ役)、斉藤朱夏(渡辺曜役)、小林愛香(津島善子役)、高槻かなこ(国木田花丸役)、鈴木愛奈(小原鞠莉役)、降幡愛(黒澤ルビィ役)が登壇。

 完成したばかりの作品を初めて観た降幡は「開始何秒かわからないところで泣いてしまって、もう劇中の楽曲でも毎回も泣いてしまう状況で。本当に涙なくては見れない作品だなと改めて思いました」と感想を。また、エンドロールで泣いたという逢田は「知っている名前がたくさん流れてきて、たくさんの方達の力で映画が作り上げられたんだなと思うと、感謝の気持ちや、たくさんの感情がこみ上げてきてしまいました」と語った。諏訪は「沼津やイタリアの綺麗な景色も見られて、1回観ただけじゃ足りないなと。たくさん見どころがあるので、何回も見て、いろんなところを発見してもらえたらと思います」と、作品をアピールした。

 TVシリーズで卒業を迎えた3年生を演じている小宮は「観に来てくださる方は、3年生がどうなるのか、Aqoursの今後がどうなるのか、ドキドキしながら観に来てくださると思うのですが、そこは楽しみにしていただきたいです。どんな形であってもAqoursは終わらないというのが伝わると思います」とコメント。また、食いしん坊なキャラクターを演じる高槻は「イタリアで“ボーノ”な食べものが出てきて、観ていてよだれが出そうでした。風の噂では、食べ物が美味しそうなアニメはいいアニメだと聞いたことがあるので、100点だと思います」と笑顔で語った。さらに小林は「善子ちゃんは、ずっとおちゃらけな感じで、雰囲気をまろやかにする女の子です。Aqoursは未来に向かって進んで行くけど、ヨハネはずっとヨハネです」と、自身が演じる役をアピールした。

 イベントには、酒井和男監督からのメッセージが披露された。「テレビから引き続き千歌達の出した答えがサンシャインの新しい道になるようなスクールアイドル映画です。楽しみに待っていて下さい!」というコメントが寄せられた。

 また、12月31日の「NHK紅白歌合戦」出場に向けて、意気込みを尋ねられると鈴木は「鈴木家は絶対に毎年見ていたので、そんな番組に出演させていただけるなんて、まだ実感が沸かない。それくらい夢の場所なので、立たせていただくからには、世界中の方々に、Aqoursの良さを広げたい」と語り、斉藤も「紅白歌合戦は、ただただ全力で、Aqoursや『ラブライブ!』という作品を届けたい」と、意気込みを明かした。伊波は「紅白歌合戦という夢のような場所で、始まりの曲を歌わせていただくことができるという、人生何があるかわからないと思うようなことが起きています。それもひとえに、皆さんがAqoursを応援してくれたおかげです。感謝の気持ちを込めて、この9人でしかできないパフォーマンスを全力で披露して、素敵な年越しを一緒に過ごしたいです」と、決意を語った。

 最後の挨拶では、キャストを代表して伊波が「これからAqoursの物語を、全国のみなさんにお届けできるのが楽しみです。それぞれのユニットで舞台挨拶があるので、素敵な作品をお届けできるよう頑張ります」と、映画公開へ向けて意気込みを明かした。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

 

〈完全新作劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!The School Idol Movie Over the Rainbow』〉
2019年1月4日全国ロードショー!!
配給:松竹

劇場版『ラブライブ!サンシャイン!!』スペシャルサイト
https://lovelivesunshinemovie.jp/

©2019 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!ムービー 



PAGETOP