超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『映画刀剣乱舞』撮影現場で鈴木拡樹が「お菓子配るおじさん」に!?驚きの“大ヒット”エピソードも!?【レポート】

2018/12/28



 12月27日、東京・TOHOシネマズ六本木で、『映画刀剣乱舞』の完成披露試写会を開催。鈴木拡樹(三日月宗近役)、荒牧慶彦(山姥切国広役)、北村諒(薬研藤四郎役)、和田雅成(へし切長谷部役)、岩永洋昭(日本号役)、定本楓馬(骨喰藤四郎役)、椎名鯛造(不動行光役)、廣瀬智紀(鶯丸役)、監督の耶雲哉治が登壇。

 これまで舞台で上演されてきた本作だが、今回が初の映画化。鈴木は撮影について「今まではセットの中で、僕らも想像しながら演じていましたが、映画では360度広がっている世界なので、色々なことを初めて体感しました。砂利道が戦いにくいとか」と語った。今回初参加の岩永は「初日10時間待たされて、慣れないカツラが痛くて唸ってたら、初日で槍を折りました」と、現場でのハプニングを明かした。

 また、撮影の休日の話を振られた廣瀬は「趣深い話していいですか?」と話題を変更。キャスト発表の1年前“鶯”というタイトルのブログを書いていたことを話出すも、「鶯を見つけて写真を撮って『鶯だよね』って書いたら、コメント欄に『これ、メジロだよ』って…」と天然っぷりを披露し、観客の笑いを誘った。

 衣装が短パンの椎名は「血を吸う虫がたくさんいたんです。ヒルだと思ったらブヨで、あいつら針で血を吸うんじゃなくて、皮膚を…」と具体的な話を始め、和田が「そんな話聞きたくないわ!」とツッコミを。寒さ対策については「スタッフさんが、愛のあるレッグウォーマーを用意してくれて。スタッフさんの愛を感じました」と北村が感謝を明かした。

 初めて殺陣を経験した定本は「先輩方が、休憩時間に教えてくださったり」と語ると、鈴木から「飲み込みが早いし、一番練習もしていた」と明かされ、照れ笑いを浮かべた。

 撮影現場のエピソードを振られた和田は、「拡樹さんが、僕らがお腹を空かせてると思って、お菓子を配ってくれたんです」と語ると、荒巻も「夜の現場だとカイロも持っていて、『寒いよね』って配ってくれて」と続けた。鈴木は「自分でもネタにしてましたね、“お菓子配るおじさん”って」と、笑顔で明かした。

 また、主題歌を歌う西川貴教について耶雲監督が「西川さんがノリノリで曲を作ってくださって、続編があったら“刀剣男士”で出たいと言ってました」と驚きのエピソードを披露し、「衣装は短パン?」など妄想で盛り上がる一幕も。

 最後に鈴木が、ドローンでの撮影時に「最後の最後のシーンで、ドローンを射抜いてしまい、“大ヒット”しております。ドローンが1台失われてしまいましたので、取り返すためにも頑張りたいと思います」と意気込みを明かし、観客を沸かせた。

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

〈『映画刀剣乱舞』情報〉
2019年1月18日(金)公開

■原案:「刀剣乱舞-ONLINE-」より(DMM GAMES/Nitroplus) 
■監督:耶雲哉治  
■脚本:小林靖子
■配給:東宝映像事業部

『映画刀剣乱舞』公式サイト
touken-movie2019.jp 

『映画刀剣乱舞』Twitter
@toukenmovie2019

©2019「映画刀剣乱舞」製作委員会 ©2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus



PAGETOP