超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

かわぐちかいじ初の実写映画『空母いぶき』完成披露試写で西島秀俊「子どもが生まれて平和を残せるかを強く感じるように」【レポート】

2019/4/22


 かわぐちかいじ漫画原作の映画『空母いぶき』の完成披露試写会が、4月22日(月)に東京国際フォーラムで行われ、西島秀俊、佐々木蔵之介を筆頭に、本田翼、小倉久寛、高嶋政宏、玉木宏、戸次重幸、市原隼人、片桐仁、和田正人、平埜生成、土村芳、深川麻衣、山内圭哉、中井貴一、村上淳、吉田栄作、藤竜也、佐藤浩市、原作者・かわぐちかいじ、企画の福井晴敏、若松節朗監督が総出演。


 主演の西島は「かわぐちかいじ先生の原作が初実写化ということで、すごいキャスト、素晴らしいスタッフが結集しました。ついに日本映画もここまできたかというリアルな戦闘シーンと深い人間ドラマ。必ず皆さんが感動する作品になっています」と自信を覗かせた。佐々木は「『空母いぶき』を映画化すると聞きまして、怯みました。オファーを受けて怖いなと。でも、プロデューサーが『これは戦争映画じゃない、平和のための映画だ』とおっしゃって、覚悟を持って出演させていただきました」と出演を決めたときの心境を明かした。さらに、玉木は「以前から『空母いぶき』を読んでいたんですが、嵐の櫻井(翔)くんに勧められました」と明かすと、客席から驚きの声が上がった。また市原は「日本人として、この作品に巡り会えたことを誇りに思います。自分の中にある大和魂や愛国心が掻き立てられる作品です」と熱く語った。一方、映画オリジナルのコンビニの店長役で出演する中井は「“艦長”とかいいなと思ったら、“店長”でした。原作には出てこない役なので、映画だけで楽しんでいただければ」と笑顔で語った。

 また、原作者のかわぐちは「日本の映画の中で、自衛隊を描いた映画がありますが、本来の任務できちんと描いた映画は初めてです」とコメント。福井は「架空の国と戦うという話ですが、この企画に全力で取り組んだ結果を見ていただきます」と語り、若松監督は「未来の命に平和を残すという思いで、この映画を作りました。これだけの日本を代表する俳優たちが出ていて、映画がまずかったら僕の責任です」と真摯な言葉で自信を覗かせた。

 作品にちなんで「人生最大の決断は?」という質問に対し、西島は「家庭を持って子どもが生まれたことで、今の平和を残せるかを強く感じるようになりました」、佐々木は「俳優という職業を選んだことです。実家の酒屋(を継ぐこと)を諦めてもらって、俳優になったこと」、戸次は「8年前にマンション買ったこと」、平埜は「劇団を辞めたこと」、市原は「役者を死ぬまでやろうと思ったこと」とそれぞれの大きな決断を明かした。そんななか高嶋が「やはりシルビアと結婚したことが、人生最大の決断」と声高に語ると、藤が「57年前、(高嶋の母)寿美花代さんの宝塚最後の公演を見にきたら、待ち合わせに女の子が遅れてきて。そのとき、スカウトマンに声をかけられて俳優になる決断をしました」と驚きのエピソードを披露すると、客席からもどよめきと拍手が沸き起こった。

 さらに続けて玉木は「16年前にバイトを辞めたとき。俳優の仕事1本で食べていくと自分に言い聞かせて、戻らないという覚悟を決めた」と語ると、村上は平埜に「映画の世界に飛び込んだのと、離婚、どっちがいい?」と逆質問し平埜の勧めで「離婚」と回答。山内は「3年くらい前に犬を飼った」ことを上げ、和田は「一度就職して、25歳でこの世界に飛び込んだこと」と明かした。

 続いて、キャッチコピー「運命の24時間」にちなんで「24時間、何をしてもいいと言われたら?」という質問には、小倉が「気が弱くてふだん電車の中で注意できないことを『やめてください』と遠慮なく言いたい」と語ると、片桐が「そういうことが気にならないように、催眠術をかけてもらっては?」と提案。土村が「リアル脱出ゲームとVRゲームをやり続けたらどうなるか試したい」と明かし、本田は「お墓まいりに行く」とコメント。

 さらに、「平和を感じる瞬間は?」という質問には、佐藤が「まさに、この瞬間。映画を作ってみなさんに見ていただく瞬間」とコメント。吉田は「海に行って浮いてると、心が浄化されて、落ち着く」、深川は「友達と炊飯器の性能について1時間半話していたとき、平和な時間だなと思いました」、中井は「各局、お花見のニュースをやっているのを見たとき、平和な国だなと思いました」と身近なエピソードを明かした。

 最後に佐々木が「この映画は、クリスマスイブを前にした24時間の物語です。誰も戦争したい人は、いないんです。この映画を見た後、平和を噛み締めてもらって、家族、仲間を思っていただければと思います。このエンターテイメントを楽しんでください」とコメント。西島は「試写を観た関係者の方が『泣けた』と言ってくれます。登場人物全員が平和のために戦って、誰もブレなかったのが、泣けるところなのかなと。作品自体は、手に汗握るエンターテイメントで、楽しんでもらえると思います。その後で、平和のために戦っている人たちのことを感じていただければと思います」と語り、挨拶を締めくくった。

 映画は、国籍不明の武装集団に領土の一部を占領された近未来の日本を舞台に、事態収束のため派遣された自衛隊の航空機搭載型護衛艦“いぶき”の乗組員と、周辺の人々の緊迫した24時間が描かれる。映画『空母いぶき』は、5月24日(金)より全国公開される。

※高嶋政宏の「高」の正式表記は「はしごだか」

画像ギャラリーはこちら。クリックすると拡大できます。

 

©かわぐちかいじ・惠谷治・小学館/『空母いぶき』フィルムパートナーズ

 



この記事のキーワード

PAGETOP