超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

井上喜久子・日笠陽子・福原綾香が『マナリアフレンズ』作品の魅力を語るー「お待たせしてしまいましたが、素晴らしい作品が出来た」

2019/1/18


 2018年12月15日~16日に行われた「CygamesFes2018」の2日目に、2019年1月20日から放送開始するTVアニメ『マナリアフレンズ』の先行上映会「~ずっと待っててくれたの?~」が開催された。イベントには井上喜久子・日笠陽子・福原綾香が登場。第一話「アンとグレア」の世界最速上映と、キャストによるトークショーが行われた。

 イベントは幕張メッセに作られた巨大なステージで、定刻通りにスタート。まずは『マナリアフレンズ』の先行上映が行われた。本作は日笠が演じるアンと福原が演じるグレアのふたりの友情を描いた心温まるストーリーで、美しい映像と音楽も魅力である。上映が終わると、キャストトークショーのコーナーへ。ステージ上に作られた巨大なLEDスクリーンに学園風の映像が映し出されると、「はーいみなさん! 井上喜久子、17歳です!」と、お約束の挨拶で井上が登場。井上はマナリア魔法学院の先生「ミランダ」を演じているため、自身も先生風の衣装で現れた。井上は簡単な挨拶をした後、主演である日笠と福原をステージに呼びこむ。そして、出演者の3人は、いきなりサプライズ企画を行うことを発表した。

 このイベントに集まった観客は、入場時にアンとグレアが片面ずつ描かれたマナリア特製ジャンボうちわを受け取っている。よくある応援グッズかと思いきや、実は配布されたうちわのなかに、5つだけキャストのサイン入りうちわが混ざっており、井上は「みんな確認してください。今日のラッキーさん、おめでとうございます!」とサプライズを打ち明けると、観客から5人の幸運なファンに向けて大きな拍手がおくられた。

 サプライズ企画の後にステージには学園風の教卓と椅子が用意され、『マナリアフレンズ』の紹介コーナーへ移行。物語の概要や、登場キャラクターなどを順番に紹介するなかで、イベントに出演できなかったハンナ役の水樹奈々と、オーウェン役の羽多野歩から、メッセージVTRが上映された。水樹のメッセージによると、ドイツ語でオペラを歌うシーンがあるとのこと。まだ何話に登場するかは明らかになっていないが、『マナリアフレンズ』の見どころのひとつになるだろう。そして羽多野は、2016年のAnimeJapanで『マナリアフレンズ』のステージに出演していたため、今回も「会場に行きたかった!」と残念そうに語っていた。

 作品紹介のコーナーが終わると、教壇の井上がおもむろに「授業をしていきたいと思います」と先生らしく振る舞う。日笠と福原が姿勢を正すと、井上は「いま17歳になったら、なにをしたいですか?」と質問。日笠と福原は、「質問が唐突すぎる(笑)」と首をかしげていたが、「自分は経験してないので受験戦争に挑みたい(日笠)」、「痛バックを持って堂々とお買い物に行きたい(福原)」と返答した。

 さらにこのコーナーでは、話の流れで井上が日頃から布教活動を行っている「17歳教」について熱弁する場面も。井上の口から「17歳は年齢ではなく生き様」と名言が飛び出すと、場内から「おおおお!」と大きな歓声が起こった。日笠が言葉の意味を井上に問うが、「すっごく語りたいんだけど、『マナリアフレンズ』と関係なくなっちゃうから……」とこのくだりは予定されていなかったようで、日笠は「完全に台本に書いていないことを言い出したから、どうしようかと思っています!(笑)」と暴露し、会場の笑いを誘った。なお、本コーナーは、司会であるはずの井上が自由すぎるトークを展開したため、気がつけば日笠がイベントを進行するはめになっていた。

 井上によるフリーダムなトークショーが終わりると告知コーナーへ。スクリーンには、この日に解禁となった第2弾PVが映し出された。映像を見た福原は、「このアニメの見てほしい部分がギュッと詰まっているPVです」と感想を述べた。この他にも3人の出演者は放送情報や『神撃のバハムート』のゲーム内や一部配信サイトで視聴できるエクストラパート、全2巻のBD発売情報、店舗特典情報など、いくつかの告知を行い、イベントはいよいよラスト。3人の出演者はステージ前方で一列に並び、会場に集まってくれたファンに向けて感謝を伝えた。それぞれの挨拶は以下の通り。

井上喜久子
『マナリアフレンズ』は、かわいい女の子たちがいっぱい登場するアニメです。映像がとっても繊細で美しいだけでなく、ちょこっと泣けてきちゃうシーンやギャグもあります。いろいろな要素がギュギュっと詰まった愛情たっぷりのショートアニメなので、たくさんの人に楽しんでいただきたいです。

日笠陽子
お待たせしてしまいましたが、素晴らしい作品が出来たと思います。『マナリアフレンズ』はセリフが少なく、絵で魅せてくれる作品です。まだ放送前ではありますが、ぜひBDでお手元に保管してほしいです。本日はありがとうございました。

福原綾香
2年くらいお待たせしてしまいましたが、さまざまな方の多大なる努力と、こうやって集まってくださったファンのみなさまのおかげで完成しました。『マナリアフレンズ』は、濃厚な大人のアニメです。2019年1月からの放送を、ぜひ楽しんでください。

会場限定のサプライズ企画!

 登壇者の挨拶が終わったのでイベントは終了……かと思いきや、AbemaTVの配信終了後に『マナリアフレンズ』第二話の先行上映会が行われた。これには会場のファンも驚き、大きな歓声が上がった。

 第二話の上映が終わった後、井上、日笠、福原が再びステージに登場。3人は第二話に関するミニトークショーを行った。福原は「グレアのために走り回ってくれるアンが好き」とコメントすると、日笠さんは同感しつつ、「グレアのことを思って行動するアンの姿は、お姫さまと言うよりも騎士みたい」と語る。イベントの最後は井上が司会らしくビシッとしめて、約1時間の先行上映会は幕を閉じた。

画像クリックはこちら。クリックすると拡大します。

 

アニメ『マナリアフレンズ』作品基本情報
◆放送情報
2019年1月20日(日)よりTOKYO MX、BS11、J:COMテレビ、AT-Xにて放送開始

TOKYO MX:1月20日より毎週日曜24:30~24:45
BS11:1月20日より毎週日曜24:45~25:00
AT-X:1月21日より毎週月曜24:30~24:45 ※リピート放送あり
J:COM:1月22日より毎週火曜22:45~23:00
AT-Xリピート放送:毎週水曜16:30~16:45/毎週土曜8:30~8:45
※放送日時は予告無く変更になる場合がございます。

◆配信情報
dアニメストア:1月20日より毎週日曜24:30~放送同時で配信開始
他配信サービス:1月21日より毎週月曜24:00~順次見逃し配信開始
その他配信サイトは公式HPにて。

◆スタッフ
原作:Cygames
監督:岡本英樹
シリーズ構成:関根聡子
キャラクターデザイン:吉田南
美術監督:川本亜夕
撮影監督:米澤寿
色彩設計:角美智子
編集:肥田文
音楽:渡邊崇
音響監督:田中亮
音響効果:風間結花
音響制作:東北新社
アニメーション制作:CygamesPictures

◆キャスト
アン:日笠陽子
グレア:福原綾香
ハンナ:水樹奈々
オーウェン:羽多野渉
ルゥ:こやまきみこ
ミランダ:井上喜久子
ウィリアム:内田雄馬
ハインライン:沢城千春
ジル:中博史
ポピー:Lynn

あらすじ
《人》 《神》 《魔》あらゆる種族が住まう神秘の世界ミスタルシアに存在するマナリア魔法学院。そこは種族に分け隔てなく魔術を教える名門校。そんなマナリア魔法学院に入学し、出逢ったふたりのお姫さま。圧倒的な魔法の才能とカリスマ性で人々を惹きつけるマナリア王国のお姫さまアン。竜と人とのハーフで竜たちの国に馴染めずにいた内気な竜族のお姫さまグレア。この出逢いによってふたりの日々が色づき出す。買い物をしたり、学院内で遊んだり、何気ない日々もふたりでいれば大切な思い出となり、かけがえのない日常になっていく。これは、マナリア魔法学院で過ごしたアンとグレアの日常を描いた物語。

公式サイト
https://manaria.jp
公式Twitter
@manaria_friends

(C)「マナリアフレンズ」製作委員会



PAGETOP