超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『ダメプリ』イベントで石川界人がDAIGOのガチファン告白!最後は全員で「DPA(『ダメプリ』愛してる!)」

2018/7/22



 『ダメプリ ANIME CARAVAN』のイベント「ダメプリ ANIME CARAVAN大収穫祭」が、7月22日に舞浜アンフィシアターで開催。超!アニメディアでは、夜の部の様子をお届けする。

 暗転した舞台の中央からキャストが登場。白馬に乗ったナレク役の石川界人とリュゼ役の斉藤壮馬以外、メア役の木村良平、リオット役の武内駿輔、クロム役の竹本英史、テオ役の前野智昭は馬のポーズ(?)で登場すると、客席からは笑いと拍手が沸き起こった。アニ役の矢作紗友里、グリまる役の齋藤彩夏も加わり、あっという間に賑やかな雰囲気となり竹本の司会でイベントはスタート。

 朗読劇の前に、劇中の選択肢を先に決めることに。選択肢として表示されたのは「レジャーシート」と「人間レジャーシート」の二つ。客席の拍手で決めるのだが、ほぼ全員が「人間レジャーシート」を選択。一体どんなストーリー展開になるのか…というところで、朗読劇が始まる。

 『「三国×祝賀会」前編』というタイトルの朗読劇は、祝賀会に集まった一同が、愛のパワーが強すぎて異世界の遊園地に飛ばされてしまう。元の世界に戻るには、カギが必要ということがわかり…という内容。某遊園地を彷彿とさせるアトラクションに興味津々な一行の様子に、場内は爆笑に次ぐ爆笑の展開に。ちなみに「人間レジャーシート」は、パレードを見る際に、リュゼが座るためにクロムが召喚するのが「人間レジャーシート」と呼ばれるものだった。


 そして、次のコーナーは「みんなが選ぶダメ王子傑作シーン」。スタッフがピックアップした『ダメプリ』の名シーンを裏話を交えて紹介するコーナーへ。10話でアニが見せた「ドラゴンジャンピングアッパー」のシーンについて矢作が「可愛いパターンも収録した」と明かすと、 “可愛いパターン”を生で披露することに。また、12話でヴィーノが劇画調になるシーンでは、ヴィーノ役の梅原裕一郎の絶妙な演技に、矢作が笑いを堪えきれなかったというエピソードが語られた。

 続いて「イナコ主催 収穫対抗戦」では、矢作と齋藤に司会がチェンジ。石川、武内、前野のミリドニアチームと、斉藤、木村、竹本のセレンファーレンチームに分かれ、クイズで対決。しかし「イベントのメインイラストキャラクターが持っている野菜で、ビタミンCの含有量が一番多い野菜と少ない野菜をあげなさい」や「メインビジュアルのグリまるの数」などの問題に、全員が苦戦しつつ回答していく。

 そして、アニメの主題歌「D×D×D」を歌うBREAKERZが登場。DAIGOはナレク、SHINPEIはリオット、AKIHIDEはヴィーノの衣装で登場し、客席を煽り盛り上げる。ライブ後ステージに登壇した石川は、DAIGOの大ファンだと告白。聞きたいことはないかと言われ質問を投げかける石川に、DAIGOは「AGH(あとで楽屋で話します)」と回答。大喜びで帰ろうとする石川に、キャスト陣が「まだ終わってない」とツッコむ一幕も。


 ライブの後は、いよいよ朗読劇の後半がスタート。カギを探しいよいよ元の世界へ戻るという時になって、グリまるから愛のパワーが足りないと言われる一同。ひとりずつ大切な人への想いを告白することになると、会場からは悲鳴に近い歓声が上がりムードは一変。

 最後は全員が登壇し、ひとりひとりがイベントの感想を。キャスト陣は口々に支えてくれるファンへの感謝、そして石川が「次は全員でステージに立ちたい」と想いを明かし、最後はDAIGOの「DPA(『ダメプリ』愛してる)」の言葉を客席と全員で叫び、イベントを締めくくった。



PAGETOP