超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

TVアニメ 『甘い懲罰~私は看守専用ペット』 トークイベントに山谷祥生、中島ヨシキ、前内孝文登壇!

2018/7/3


中島ヨシキ、山谷祥生、前内孝文
 6月30日(土)にスペースYホールにて、アニメ『甘い懲罰~私は看守専用ペット』のイベントが開催された。上映会の前には、中島ヨシキ(通常版・比嘉大和役)と、前内孝文(通常版・五十嵐健役)の2人が登場し、比嘉一派を応援するミニうちわとミニフラッグを手渡しするお渡し会が開催。

 お渡し会の後には、通常版アニメ第1話~第12話までを一挙上映する応援上映会がスタート。観客が色とりどりのサイリウムや応援グッズを手にして映像を楽しんだ。明神亜貴の命令に「はーい!」と観客全員で元気良くレスポンスしたり、それぞれのキャラクターの登場シーンで歓声が上がるなど、とてもにぎやかな上映会に。また、シリーズ中でも人気のエピソードとなる第5話「脱獄」では、通気口を使い脱獄を試みるヒロイン・陽菜に観客全員で「頑張って!」とエールを贈ったり、突然顔を現す明神の登場シーンで「ひょっこりはん」と声を揃えて叫ぶなど、大盛り上がりとなった。また、同枠で放送されたアニメ『僧侶と交わる色欲の夜に…』の応援上映イベントでおなじみの木魚を持参するファンも集まり、昂るシーンで木魚をポクポクと叩く音や、チーンと鈴を鳴らす音がタイミング良く響き渡るユニークな上映会に。

 上映後には、山谷祥生(通常版・明神亜貴役)が登壇。先日誕生日を迎えたばかりの中島に、サプライズで比嘉のイラスト入りのバースデーケーキをプレゼント。山谷、中島と前内の3名でトークショーがスタートした。

 まずは視聴者から寄せられた質問コーナーからスタート。
「自身のキャラ以外で、誰のどんな台詞が印象深いですか」という質問に、中島が真っ先に、陽菜の婚約者・八雲聖徳が叫ぶ「陽菜ァァァァァァァァァァ!!」のボイスを再現。比嘉の低音ボイスに対し、八雲は高音でとの明確なディレクションがあったため、「酒井(広大)さんが抜けるような高い声で演じていたのが印象的でした」とコメント。山谷も同じく、監獄の面会室での八雲の「脱獄するんだ」の台詞を上げ、看守の目の前で大声で脱獄計画を話すシーンが面白く印象的だったとコメント。実はこのシーンは、最初は小声で話していたが、看守が買収されているという裏設定があり、堂々と話すシーンに変わったとのアフレコ時のエピソードも明かされた。前内は、中島演じる比嘉の低音を上げ、「スタッフから『もっと低音にしてほしい』というディレクションを受けて出した声がとてもかっこよかった」とコメント。

 また、「自身が演じているキャラクターになったらやってみたいことは?」との質問に、前内は「原作では五十嵐がオフロードバイクに乗るシーンがあり、自分も乗っているので、そこがすでに共通していると思いました。」と自身の趣味と重ねての発言が。

 続いて、これまで2度に渡って放送されたニコ生の特別番組を映像で振り返るコーナーに。仲の良いキャスト同士のトーク映像が紹介され、会場も大きな笑いに包まれた。中でも、エンドカードを賭けてのイラストバトルでは、中島の描いた本格的なイラストや、前内の吹き出しに入った台詞だけの意表を突いた作品、そして山谷のシュールで個性的なイラストが紹介され、会場でもイラスト現物を公開。自分の描いたイラストをtwitterのアイコンにするという罰ゲームに対し、山谷が「絶対に嫌」と罰ゲームを拒否。そのため、連帯責任ということで、今回のイベントで罰ゲームの身代わりを決める「甘い懲罰クイズバトル」を行うことに。

 そのままクイズコーナーへと突入し、アニメ本編に関連した問題に答えていく。1問目の明神の役職に関しての問題には、全員が「看守課」と答え、見事に正解をゲット。続いて、明神が不在になる期間や、比嘉の背中の刺青の柄、そして、作中で発したキャラクターの台詞についてなど、アニメに関するクイズが出題。最終問題では、最終話で明神が陽菜に命令した「俺の縄をほどけ」の台詞を受けて、陽菜の行動を大喜利で答えるという展開に。山谷がスケッチブックにイラストを描き、「縄跳びを始める」「もっと縄を巻く」「一緒に縄に巻かれる」など、独創的なイラストとともに、次々と大喜利をはじめ、ポイントを大量にゲットしてゆく。

 最終的には中島がギブアップしてしまい、最下位に決定。Twitterアイコンを山谷の描いたイラストにその場で変更させられるという身代わり刑が執行された。

 たっぷりの笑いと拍手に包まれ、イベントは大盛り上がりで幕を閉じた。最後には、ゲスト全員より、ファンの皆さんに感謝の言葉が贈られた。

◆山谷祥生コメント
「皆さんが様々な小道具を持って応援上映を楽しんでいる姿を見て、改めて作品の盛り上がりを感じ、皆さんに愛されている作品だと実感できました。原作コミックも続いている作品ですので、引き続き応援を宜しくお願いいたします。」

◆中島ヨシキコメント
「原作の物語は核心に近づいています。黒翼刑務所を出てからの物語も広がっているので、原作もあわせて引き続き楽しんで頂けたらと思います。」

◆前内孝文コメント
「原作コミックはまだまだ続いていますし、今後、DVDなどの発売もありますので、ぜひ引き続き応援して頂ければと思います。」

■アニメ『甘い懲罰~私は看守専用ペット』応援上映会&応援グッズお渡し会&トークショー 開催概要
【開催日】6月30日(土)
【会場】スペースYホール
【出演】山谷祥生(明神亜貴役)、中島ヨシキ(比嘉大和役)、前内孝文(五十嵐健役)
【司会】団長(NoGod)




〈TVアニメ『甘い懲罰~私は看守専用ペット』作品概要〉
アニメDVD 2018年10月発売予定!!

 <スト―リ―>
明神亜貴に、ひざまずけ。
時は20XX年――無実の罪で刑務所に収監されてしまった陽菜。
そこで待っていたのは、美貌の看守・明神亜貴による冷酷で甘美な支配だった…。
「黒翼刑務所から…このオレから逃れられると思うなよ?」
身体検査で、牢獄で、そして恋人との面会中まで…、ココロもカラダも翻弄されていく陽菜の運命は――!?

<STAFF>
原作:いづみ翔
監督・絵コンテ・演出:熨斗谷充孝
シリーズ構成・脚本:戸田和裕
キャラクターデザイン:ななし
音響制作:Cloud22
音響監督:ひらさわひさよし
制作:ピカンテサーカス
アニメーション制作:マジックバス
製作:彗星社

<CAST>
明神亜貴(通常版CV:山谷祥生)(完全版CV:星野カズマ)
早乙女陽菜(通常版CV:三宅麻理恵)(完全版CV:咲智ゆん)
比嘉大和(通常版CV:中島ヨシキ)(完全版CV:運道開)
八雲聖徳(通常版CV:酒井広大)(完全版CV:霜音太一)
鮫島剛(通常版CV:石谷春貴)(完全版CV:鈴城葉)
五十嵐健(通常版CV:前内孝文)(完全版CV:黒漆黒)

<主題歌>
「Sweet Punishment」(作詞:火ノ岡レイ 作曲・編曲:森田交一)歌:rosukey

公式サイト
http://kanshu.cf-anime.com

公式Twitter
@ComicFestaAnime

(C)いづみ翔/Suiseisha Inc.



PAGETOP