超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

ニコ生ラジオ「弱虫ペダル グローリーレディオ」出張版イベントレポート!宮野真守、内田雄馬、佐伯ユウスケがゲスト登壇!

2018/5/17



 5月4日(金・祝)にTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、ニコ生にて毎月放送中のアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』のWEB番組「弱虫ペダル グローリーレディオ」出張版イベントが開催に。生放送となる今回のイベントでは、パーソナリティの山下大輝(小野田坂道役)と代永翼(真波山岳役)、ゲストの宮野真守(葦木場拓斗役)と内田雄馬(新開悠人役)がステージに登壇。

 今年で原作コミックス連載開始10周年、アニメシリーズが開始してから5周年を迎える『弱虫ペダル』。まずゲストの2人は『弱虫ペダル』の作品の印象について聞かれると、宮野は「オーディションを受ける際、原作コミックを夢中になって読んだのですが、熱く感動する物語に涙してしまいました。それぞれのキャラクターが抱えている想いや、作品自体のテンションの熱さを感じました。この熱さを先輩方から引き継ぐような思いで、本気でアフレコに臨みました」と感想を語り、内田は「僕はTVアニメから入ったんですが、熱さのある作品の雰囲気を感じていました。各校様々な想いを背負った男たちの戦いが描かれていて、キャスト陣が気持ちをぶつけ合い、皆で作品を研ぎ澄まして作り上げていく現場だなと感じました」と、アフレコの様子についても触れた。

 作品やキャラクターについて語った後、ラジオの最初のコーナー「グローリーレディオネームをつけよう!」がスタート。『弱ペダ』のキャラクターのように、自身の声優としての通り名を付けるコーナーで、山下は「ビジネス若手」という通り名を、そして代永は「業界一の気遣い屋」という通り名がすでに付けられている。今回ゲストとして登場した宮野と内田についても、会場とニコ生の視聴者とともに名前を考えることに。

 ユニークなアイディアが飛び交う中、宮野は劇場版で演じた別キャラクターの吉本進の口癖で、熊本弁で頑固者を表す方言の「もっこす」と、自身がTVアニメで演じている葦木場の必殺走法「メトロノームダンシング」の2つをかけ合わせた「もっこすメトロノーム」に。そして、内田は「答えはYESですか?」という自身が演じるキャラクターの悠人のセリフと所属事務所の名前になぞらえ「アイムイエスマン」というインパクトある通り名に決定。通り名を交えて自己紹介をする4名に、大きな笑いと声援が贈られた。

 続いてのコーナーでは、スペシャルゲストとして、第2クールオープニングテーマを歌うアーティストの佐伯ユウスケが登場。新オープニングテーマの「ダンシング」は、これまで爽やかな楽曲が多かった『弱虫ペダル』のテーマ曲にないような攻めた雰囲気の楽曲。佐伯曰く、「少し毒のある熱さにチャレンジしてみました」と紹介。アニメのOP映像でも、巻島と東堂が歌詞にあわせて口ずさむシーンが印象的で、楽曲と見事にシンクロして表現されている映像についても感想を語った。歌詞に関しては「これまで御堂筋くんをイメージしたようなフレーズはあまり楽曲で使用していなかったので、今回の曲の中では「Phase(フェイズ)」など、御堂筋くんが口にする言葉を入れてみました。歌詞でも攻めています」と楽曲を紹介した。

 そして、ここで佐伯も含めて、スピンバイクで最高時速を競うチャレンジコーナー「弱ペダスプリントバトル」を行うことに。現在のランキングでは、代永が第1位。その記録を超えるために5名が挑戦する。まずは山下が「行きます!」という力強い掛け声とともに、坂道並みにペダルをぐるぐると勢い良く回す。そして、首位の記録更新に期待がかかる代永、続いてゲストの佐伯がスピンバイクにチャレンジ。高回転でペダルを回し健闘した。

 そして、内田もチャレンジし、汗だくになりつつも「まだまだ!」という元気な声で叫び、記録を目指した。また、宮野は身長が高いため、サドルの位置を最大の高さに調整したものの、それでもハンドルに膝がぶつかってしまうことに……。ハンデを背負った状態でチャレンジだが、かなりの好成績をキープ。結果、63.1kmの記録を出した山下が見事1位を獲得し、会場から大きな拍手が贈られた。

 そして、この後、佐伯のライブコーナーに。新オープニングテーマ「ダンシング」を迫力の歌声で披露。リズミカルでダンサンブルな楽曲が会場中に響き渡り、観客全員が手拍子を贈る白熱したステージを展開。

 キャスト同士の仲の良さが伝わるステージに、終始観客から大きな笑いと歓声が上がるイベントの最後は、山下が代表してファンへの挨拶を。

「『弱虫ペダル』の作品を改めて観ていただき、熱さを感じていただけたのではないでしょうか。キャスト陣が一緒に楽しいことをして、仲の良さも伝わったのではないかなと思います。今後の放送でも、総北高校、箱学学園、京都伏見高校のそれぞれのチームの熱い展開が待っています。ぜひ放送を観ていただき、これからも一緒に走り続けていただけたらと思います。ありがとうございました!」



<TVアニメ『弱虫ペダル GLORY LINE』情報>  
・テレビ東京:毎週月曜深夜2:05 
・テレビ大阪:毎週月曜深夜2:05 
・テレビ愛知:毎週月曜深夜3:05 
・テレビせとうち:毎週水曜深夜2:10 
・テレビ北海道:毎週火曜深夜2:35 
・TVQ九州放送:毎週月曜深夜3:00 
・NBC長崎放送:毎週日曜深夜1:20 
・AT-X:毎週金曜夜8:00~8:30 
(リピート放送:毎週日曜朝6:30/毎週月曜昼12:00 /毎週水曜深夜4:00)

<イントロダクション> 
 前年の全国大会<インターハイ>を制した主人公・小野田坂道が所属する総北高校。チームを引っ張った先輩たちが卒業・引退し、新たな世代のチームとして始動した彼らは、互いに刺激し合い、支え合い、高め合いながら、連覇を目指してインターハイの切符を勝ち取った。そして迎えた決戦の時。ライバルであり王座奪還を狙う箱根学園、怪物レーサー御堂筋を擁する京都伏見、そして全国の強豪たちが一堂に集い、優勝を目指して激しくぶつかり合う!選手全員が各々に秘める想い。直線を疾走するスプリンターとして、山を制すクライマーとして、そしてチームを勝利に導くエースとして… 栄光へのそれぞれのゴールライン=“GLORY LINE”を最初に駆け抜けるのは、果たして誰なのか―!?

原作:渡辺航(週刊少年チャンピオン)
監督:鍋島 修 シリーズ構成:砂山蔵澄 キャラクターデザイン:番 由紀子 
音楽:沢田 完 音響監督:高寺たけし 編集:坂本久美子 
アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

<キャスト(声)> 
山下大輝 鳥海浩輔 福島潤 岸尾だいすけ 松岡禎丞 下野紘 宮田幸季 羽多野渉 中村悠一 代永翼 阿部敦 野島健児 
宮野真守 小野大輔 内田雄馬 遊佐浩二 福山潤 安元洋貴 森久保祥太郎 伊藤健太郎

公式ホームページ 
http://yowapeda.com

公式twitter 
http://twitter.com/yowapeda_anime/

(C)渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会



PAGETOP