超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】「デスマーチからはじまるAnimeJapanステージ」に堀江瞬・河野ひより・津田美波・早瀬莉花・永野愛理・安野希世乃が登壇 – 不正解でも示されたチームワーク力

2018/3/26


 2018年3月24日(土)に東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2018」のavexブースにて、『デスマーチから始まる異世界狂想曲』のステージイベントが行われた。登壇者はサトゥー役の堀江瞬、ポチ役の河野ひより、リザ役の津田美波、ルル役の早瀬莉花、ミーア役の永野愛理、ナナ役の安野希世乃。超! アニメディアでは本イベントの模様をレポートする。

(左から)リザ役の津田美波、ポチ役の河野ひより、サトゥー役の堀江瞬、ルル役の早瀬莉花、ミーア役の永野愛理、ナナ役の安野希世乃

あの武器を持って颯爽と登場! 
 『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』(以下、デスマ)は日本最大級の小説投稿サイト「小説家になろう」で6億超のPVを獲得し、同名の小説とマンガシリーズの累計発行部数も250万部を突破した話題作。異世界に迷い込み、ひょんなことから最強の力と財宝を手にしてしまった主人公”サトゥー”が、 女の子達を助けたり、デートしたり、観光したり、美味しいものを食べたり…という異世界冒険譚だ。

 本イベントは「デスマーチからはじまるAnimeJapanステージ」題し、最終回を間近に控えた本作を振り返っていくというもの。イベントが始まると、堀江から順次ステージへと普通に登場……するかと思いきや、津田が演じているリザが持つ武器を手にして舞台に姿を現す。その堂々すぎる出で立ちに開始早々、会場からは笑いが巻き起こっていた。なお、この武器は『デスマ』の特番「ポチ・タマの異世界観光指南」第一回目で登場したもので、製作費が40万円ほどかかっているもの。その事実を知っている堀江からは「扱いに気を付けたほうがいいですよ……」という声が挙がっていた。

 登壇者が揃った後には、それぞれが改めて自己紹介。その後に行われたのは、「ここが面白いよ! デスマーチ!」と題したコーナーだ。本コーナーは、登壇者が印象に残っているシーンを場面カットと併せて紹介していくというもの。まず、堀江が印象に残っていることとして挙げたのは、「敵キャラクターの存在」。個性的な敵が多く、演じるキャストも爪痕を残そうとしていた、アフレコの度に笑いが起きていたというエピソードを語った。 

 続く河野が挙げたのは、魔法の詠唱ついて。『デスマ』の魔法は、アフレコ時に2つの言葉を収録して、それを組み合わせたものがオンエアされているという。河野は『デスマ』がメインの役を演じるのが初めての作品となり、魔法の詠唱をしている先輩方は噛んでも面白く、噛まなくてもすごいと感じた、というアフレコ当時に抱いていた思いを述べた。

 津田は「それぞれの種族が可愛くて、ご飯が美味しそうで、戦闘はワクワクする」と、多くの魅力があるとコメント。併せて、作品に登場するご飯は美味しそうで、サトゥーの食レポがより一層食欲を掻き立ててくれるという「異世界観光」の面も魅力であると話した。また、リザを演じるうえでは魔法だけでなく、物理攻撃もカッコいいから注目ポイントであると力説。そのコメントから登壇者はポチとタマがどんどん強くなっていく、RPGのような成長の仕方も本作の特徴であるというトークを展開していった。

 そのポチとタマについて早瀬は、ほぼ毎週のようにアドリブの収録をしていたのが印象に残っているという。アドリブについて河野は、タマ役の奥野と話し合って決めていた、中には原作にないやり取りを奥野が提案してくれたという裏話を披露。続けて、早瀬がミーア・ルル・ポチ・タマでアドリブをするシーンでも奥野がそれぞれのセリフを考えてきてくれて感動したという思い出を振り返り、会場を驚かせた。

 対する永野は、サトゥーがロリコンではないというこれまでとは角度が違った魅力をピックアップ。これだけ可愛い女の子が出てくるのに「ロリコンじゃない」と公言するサトゥーだからこそ、安心して見ていられるとのことだ。

 本コーナーのラストを務めた安野は、サトゥー一行が雪だるま式に増えていくのが面白いと回答。加えて、アニメでは最後に仲間となったナナについて、巨乳だけど実はゼロ歳児、だからキャンプでも流動食みたいなものを食べており、サトゥーも「ナナにはちゃんとナナの食べられるものを」と原作のモノローグで語っていると紹介した。

 その他、本コーナーでは、堀江がアフレコ現場でハンドクリームを塗っていたら、津田とアリサ役の悠木碧に匂いが好みじゃないと言われたこと、安野が早瀬とまともに会話したのが安野のマネージャーが投稿したTwitterの話題だったことなど、様々なエピソードを出演者全員が楽しそうに振り返った。

試されるチームワーク力
 本イベントではトークのほか、ゲームコーナーも実施。今回はサトゥー一行のキャストとしてここまで一緒にやってきた登壇者のチームワーク力を図る「意思疎通クエスト」と題したゲームが行われた。このゲームは、答えが6文字になる問題を登壇者が一言ずつフリップに書いて答える、というもの。出題された問題と答えは以下の通り。

「意思疎通クエスト」問題と登壇者の回答一覧 ※順番は一文字目から堀江、河野、津田、早瀬、永野、安野

第一問:サトゥーが異世界に来る前の職業はなに?
登壇者回答:プーエラマー(堀江、早瀬、永野、安野が正解)
正解:プログラマー

第二問:第一話でサトゥーが召喚された場所は?(ひらがなで回答)
登壇者回答:りゅばのたに(堀江、河野、早瀬、永野、安野が正解)
正解:りゅうのたに

第三問:第9話に登場したゼンの奥さんの名前は?
登壇者回答:エるノィアナ(早瀬、安野が正解)
正解:リルティエナ

第四問:今年のアニメジャパンで来場者の皆さんに一番注目してもらいたいブースは?
登壇者回答:エイベックス(全員正解)
正解:エイベックス

 最後は難問を忖度した登壇者が見事に正解し、本コーナーを美しく締めくくった。なお、間違っていても「プーエラマーね!」「りゅばのたにね! 攻略するの難しかったよね」と登壇者がフォローし合っており、不正解の数は多くてもチームワークは見事であった。

 フォトセッションと告知を挟んだ後はイベントも終了の時間。最後は最終回の見どころのほか、アニメ放送終了後もイベントや原作など、まだまだ『デスマ』は展開していくという挨拶を登壇者それぞれが行い、イベントの幕は閉じた。

■イベント「デスマーチからはじまる郊外狂想曲」情報
【イベント名】デスマーチからはじまる郊外狂想曲
【日時】2018年6月2日(土)昼の部 開場:13時30分/開演:14時30分予定、夜の部 開場:17時30分/開演:18時30分予定
【会場】松戸市民会館 ※時間・会場は変更になる可能性があります
【主催】エイベックス・ピクチャーズ
【出演者】堀江瞬 / 高橋李依 / 河野ひより / 奥野香耶 / 津田美波 / 悠木碧 / 早瀬莉花/ 永野愛理 / 安野希世乃 ※都合により、出演者が変更となる可能性がございます。
【チケット】3月30日(金)発売のBlu-ray第1巻をお買い求めの方には先行予約券が封入されます。
【抽選日時】2018年3月30日(金)12時~2018年4月15日(日)23時59分まで
【チケット料金】一般指定:6,800円(税込)
※お一人様最大2枚まで
※3歳以上有料
※3歳未満入場不可



PAGETOP