超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】『鹿楓堂よついろ日和』『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』ジェンコ新作アニメステージでキャストたちが語る作品の魅力

2018/3/25


左から林勇、釘宮理恵、内田真礼、小澤亜李

左から中村悠一、諏訪部順一、前野智昭

  3月24日(土)に東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2018」会場内【REDステージ】『鹿楓堂よついろ日和』と『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のジェンコ新作アニメステージが行われた。ステージには、『この世の果てで恋を唄う少女YU-MO』からは小澤亜李(ユーノ役)、林勇(有馬たくや役)、釘宮理恵(島津澪役)、内田真礼(波多乃神奈役)、『鹿楓堂よついろ日和』からは諏訪部順一(主人公スイ役)、中村悠一(ときたか役)、前野智昭(八京役)、オープニ ング主題歌「桜色クリシェ」を担当するakiが登壇した。

 

 最初は2クールTVシリーズの決まった『この世の果てで恋を唄う少女YU-MO』のステージから。キャスト1人ずつ挨拶した後、監督からのメッセージVTRが流れた。名作アドベンチャーゲームとして名を馳せる本作だが、アニメ版ではゲームにはないたくやをめぐる女性キャラ同士の人間関係が見どころだそう。澪のツンデレ感が増していたり、神奈のミステリアスなところがさらに深まっていたりと、キャラクター設定もゲーム版からパワーアップしているとのこと。なお、ユーノについてはまだ現時点で内緒だそうで、続報が楽しみだ。

 その後、アニメ版のキャラクター設定線画がスクリーンに映し出される中、キャストたちがそれぞれを演じる役について説明を行った。林は「やんちゃなところもあるけど、優しいところもあっていろんな表情がある」と自らが演じるたくやを解説。澪役の釘宮は「有馬くんのことを好きな澪がアニメでどう描かれていくのか楽しみ」と語り、ミステリアスな神奈を演じる内田は「(神奈は)何を考えているか分からない、そこが魅力」とコメント。まだユーノ役の小澤は「元気で明るい素直な女の子です」と現時点で謎に包まれている部分が多い自身の役について話した。

 続く『鹿楓堂よついろ日和』のステージでは、冒頭に作品のPVが流れた後、キャストたちが作品のことや自らが演じる役についてのトークを繰り広げた。和風喫茶「鹿楓堂」 を舞台に、店主でお茶担当のスイ、ラテアート担当のぐれ、料理担当のときたか、スイーツ担当の椿がお客さまを「おもてなし」しながら、時に悩みを解決するハートフルストーリーである本作。キャストの3人は、それぞれの役について、天然なところもあり、猫が大好きな店主スイ、「鹿楓堂」の4人のスタッフのお母さん的存在のときたか、「鹿楓堂」に新しい刺激を与え、いいスパイスとなる八京と分析。また、これまで他作品での共演も多いキャスト陣だが、バイオレンスの描写の多い作品が多かったため、今回のようなほのぼのした作品での共演は新鮮であることも明かした。

 アフレコ現場でのエピソードについて聞かれると、諏訪部から作中でおいしいお菓子の描写があり、見ているうちにお腹がすいてきてお腹の音が鳴ってしまうという思わぬ苦労(?)が語られるひと幕も。その他、作中に出てきそうな和菓子が差し入れでよく登場したり、同じ事務所の前野と鳥海浩輔(角崎英介役)が、デビュー当時からよく知っている事務所の後輩、山下大輝(椿役)の成長ぶりを今回の作品で感じたエピソードなどが披露され、作品同様和やかな雰囲気でアフレコが進んでいることが伺えた。また、イタリア人と日本人のハーフのぐれ役の小野大輔は、“イタリア感のあるアドリブ”をスタッフから要求されたそうで、みんなでどういうイタリア語があるのか調べてアドリブに挑戦したことも明かされた。

 その後、本作のオープニ ング主題歌「桜色クリシェ」を歌うakiが登場。「アニメの世界観がふんだんい盛りこんだ楽曲。作品を彩っていけたら」と楽曲についてコメントした。

 最後の挨拶では、「(八京と)スイとの関係性を放送で確認してもらえたら」(前野)、「お休み前に見ていただくときっと穏やかな気持ちで休みことができる作品だと思います」(中村)と語り、最後に諏訪部が「放送が夜なので、観終わった後はお腹が空いてしまうかもしれません。いいんだよ、食べても。糖質、大好きー!」と客席に語りかけ、ステージは終了した。

<TVアニメ『この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO』情報>
数多くの名作アドベンチャーゲームを世に送り出した故・菅野ゆきひこ氏の代表作のひとつ。 テレビシリーズアニメーションは2018 年放送予定。

◆「この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO」ゲームストーリー
主人公・有馬たくやは幼少期に母を亡くし、 歴史学者である父も二ヶ月前に事故で亡くしてしまった。 全てにおいて活力を失ってしまった高校生最後の夏休み。 ある日、 用途不明の丸い鏡とガラス玉のはまった妙な物体が入った小包が届けられる。 同梱されていた手紙には父親が生きていると思わせる内容が…?! 「今夜 10 時に、 この物体を持って剣ノ岬(三角山)へ行け」 指示に従いその場へ向かうと、 謎の女性が倒れていた。 そこには学園長と謎の転校生の姿も。 瞬間、 地響きとともに光に包まれる…。 並列世界を駆け巡る旅が、 今、 始まる。

[キャスト]
ユーノ:小澤 亜李
有馬 たくや:林 勇
島津 澪:釘宮 理恵
波多乃 神奈:内田真礼

[スタッフ]
アニメーション制作:feel.

公式サイト
http://yu-no.jp/anime/

<TVアニメ「鹿楓堂よついろ日和」情報> 
2018 年 4 月より放送予定

◆イントロダクション 
ここは和風喫茶「鹿楓堂」 店主でお茶担当のスイ、ラテアート担当のぐれ、料理担当のときたか、スイーツ担当の椿。 それぞれのスペシャリスト 4 人が働く隠れた人気店。 彼らはお客さまを「おもてなし」しながら、時にはお客さまの「悩み」を解決することも。 喫茶店を舞台に、素敵な 4 人が織り成すハートフルストーリー。 さて本日のお客様は…?

[キャスト] 
スイ(東極 京水):諏訪部 順一 
ときたか(永江 ときたか):中村 悠一 
ぐれ(グレゴーリオ ヴァレンティーノ):小野 大輔 
椿(中尾 椿):山下 大輝

[スタッフ] 
原作:清水ユウ(新潮社「ゴーゴーバンチ」連載) 
監督:神谷 友美 
シリーズ構成:赤尾 でこ 
アドバイザー・音響監督:佐藤 卓哉 
キャラクターデザイン:安食 圭 
料理デザイン:伊藤 憲子 
美術監督:小倉 宏昌 
プロデュース:GENCO 
アニメーション制作:ZEXCS 
製作:鹿楓堂よついろ日和製作委員会 

公式 HP 
http://rokuhoudou-anime.jp

公式Twitter 
https://twitter.com/RokuhoudouAnime

©MAGES./GENCO  
©清水ユウ・新潮社/鹿楓堂よついろ日和製作委員会



PAGETOP