超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』初日舞台挨拶オフィシャルレポートが到着!

2018/1/14


 1月13日(土)より公開された『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』。日本が誇るロボットアニメ「マジンガーZ」の記念すべき伝説復活の時であり、新たな伝説誕生の日となった公開初日に、マジンガーZのパイロットで本作の主人公・兜甲児役の森久保祥太郎、兜甲児の恋人であり、光子力研究所の新所長を担う弓さやか役の茅野愛衣、物語の鍵を握るアンドロイド・リサ役の上坂すみれ、兜甲児の弟で現在は統合軍パイロットとして活躍する兜シロー役の花江夏樹、悪の天才科学者Dr.ヘルと共に復活を遂げた大人気の悪役キャラクター・あしゅら男爵の男性側を演じた宮迫博之、そして志水淳児監督が一挙登壇する初日舞台挨拶が行われた。

 壇上に上がると森久保は、開口一番で「今日という日を僕も楽しみにしてました!みなさん楽しんでいただけましたでしょうか?」と客席へ問いかけると、大きな拍手が沸き起こり、のっけからテンションMAXで舞台挨拶がスタート。キャストそれぞれのひとことあいさつの後、志水監督は「スタッフみんなで情熱を持って作り上げました!ありがとうございます。」と場内を埋め尽くしたお客さんに感謝を述べた。

 続いてここで、記念すべき「マジンガーZ」の完全復活を祝して、原作者の永井豪先生、そしてオープニングテーマを担当する水木一郎も登場。永井は「またマジンガーをスクリーンで観られて自分でも幸せです。本当に楽しんで観て、自分が観たかったマジンガーはこれだったと、本当に感動しました!みなさんありがとうございました」と感謝を述べ、水木は「まさか45年以上と経って劇場版で歌えるとは思っていませんでした」と感動しきり。

 「シビレましたね!脳天にきました!(笑)」と森久保が演じた兜甲児のセリフの感想を口にした永井に森久保は「嬉しいです!」と笑顔を見せながら、「(自分がこのセリフを)言っちゃっていいんですか!?」と、恐縮しつつも挑んだというアフレコ当時を振り返り、また「声優を20年以上やらせていただいてますが、実はロボットに乗ったのは今回が初めてだったんです。そういう意味でもすごく感慨深いです」と、あらためて主人公を演じた想いと感謝の想いの内を語った。

 そして茅野は「日本だけでなく世界中で人気がある作品ということはもちろん知っていましたし、本当に驚きでした。まさに光子力ビームがでてしまう勢いで!(笑)」と冗談を交えつつ、ヒロインの弓さやか役に決まった当時を振り返る。

 45年ぶりに、新作のマジンガーZ劇場版でオープニングテーマを務めることになった水木は「感謝のひとことです。奇跡に近い。45年経ってまたこうして歌えるなんてことはアニメ史上ない事だと思います。マジンガーをずっと愛してくれたみなさんに本当に感謝です」と感激を隠せない様子。

 そんな水木に対し宮迫は「いまこうして水木さんと並んで同じステージにいるだけで感動して泣きそうです」と、水木のことを慕い、芸人になる前はアニソン歌手になりたかったという夢を打ち明けつつ、「恋焦がれ憧れたあのマジンガーZに関わることができて本当に光栄です」と少年に戻ったように澄んで目で感動を噛み締めつつ、「ちっちゃい頃、残念ながら自分ではマジンガーZのおもちゃを買ってもらうことはできなくて、友達のおもちゃで遊んでましたね。僕がその友達のマジンガーの片手を(ロケットパンチで)飛ばしちゃって失くすなんて事件もありましたけど(笑)」と当時の失敗談を語ると爆笑に包まれた。

 上坂は「たまたま高校生の頃に古本屋で出会ったマジンガーZにこうして新作で参加することができて胸がいっぱいです。原作も『インフィニティ』も全く違った楽しみがあります」と答え、演じたリサについて「永井先生の作品に出てくるアンドロイドというと・・・最終的に悪者になったり、胸のあたりがパッカーンと開いたり、色々なキャラクターがいますけど、アンドロイドだけど純粋で人間の心を持った、新しいタイプのキャラクターになったと思います」と語り、会場の笑いを誘いつつ想いを語った。

 花江は「生まれる前からある、これだけ長い歴史のある作品に参加するということでのプレッシャーはありました」と語り「(アフレコ収録時に)監督やスタッフのみなさんから『構想から10年以上かかった作品なので、よろしくお願いします』と言われ、やはり緊張しましたね」と当時を振り返った。

 そしてここで、水木による本作オープニングテーマ「マジンガーZINFINITYバージョン」の生ライブに!永井、森久保、宮迫をはじめとする登壇者全員、そしてお客さんも交えて会場一体となって、フルコーラスで大合唱。ライブ会場さながらの熱狂と大きな拍手に包まれた水木は「幸せです!」と絶叫、映画の舞台あいさつ史上これ以上ない盛り上がりをみせた。

 遂に公開を迎え完全復活を遂げたマジンガーZ。舞台あいさつの最後に「日本が世界に誇るアニメーション。その最初の作品と言えるのがこのマジンガーZと言われています。昭和から平成へ伝える、その一端を担えたことが本当に幸せです。これからもマジンガーを応援してください!」(森久保)、「この作品のまたみなさんに語りつづけてくれたら嬉しいです!」(永井先生)と熱いマジンガー愛こもったメッセージが投げかけられ、新たなマジンガー伝説誕生の瞬間となった公開初日舞台あいさつを終えた。

 また、1/20(土)、新宿バルト9にてキャスト舞台挨拶付き大“Z”叫応援上映会の開催が決定しました!当日は、本作のメインキャラクターを演じた豪華キャストとプロデューサーが“Z”叫応援上映の楽しみ方を解説!入場者プレゼントとして、“Z”叫応援上映マニュアルを配布します。
劇中のあの名シーン、名セリフにあわせて!そしてマジンガーZの数々のド派手な武器にあわせて!絶叫を超える”Z”叫でみんなで叫びたおそう!

< 『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』キャスト舞台挨拶付き大“Z”叫応援上映会情報>
●会場:新宿バルト9
17:00の回 上映前 舞台挨拶
《舞台挨拶登壇者(予定)》
森久保祥太郎、茅野愛衣、上坂すみれ、花江夏樹、金丸裕(プロデューサー)

●チケットご購入について
座席指定券は劇場窓口ならびにKINEZOでの発売となります。
・KINEZO販売(インターネット):1月16日(火)00:00~ (※1月15日(月)24:00~)
※販売日より上映日3日前まではクレジットカード決済・ムビチケカードのみのご利用となります。
※KINEZOのご利用には、事前に「オンラインチケット予約KINEZO」(http://kinezo.jp/pc/wald9)の会員登録が必要です。
・劇場窓口販売:1月16日(火)劇場OPENより販売(残席がある場合のみ)
詳細は劇場ホームページをご確認くださいませ。(https://kinezo.jp/pc/schedule?ush=140feb4

●チケット料金
1枚につき一般:1800円、大学生:1500円、3才~高校生:1000円、シニア:1100円、障がい者手帳をお持ちの方: (付き添い1名様まで同額) 1000円
※前売券利用可

<『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』情報> 
2018年1月13日(土)全国ロードショー

◆ストーリー 
あれから10年―。新たな運命が人類を待ち受ける。 
かつて悪の科学者Dr.ヘル率いる地下帝国によって滅亡の危機に瀕した人類は、兜甲児が操るスーパーロボット・マジンガーZや光子力研究所の仲間の手によって、悪の野望を阻止し、平和を取り戻した。 
あれから10年-。パイロットを離れ、祖父や父のように科学者の道を歩み始めた兜甲児は富士山の地中深く埋まった超巨大構造物と謎の生命反応に遭遇する-。新たな出会い、新たな脅威、そして新たな運命が人類を待ち受ける。かつてのヒーロー・兜甲児の下す未来への決断とは。 
それは神にも悪魔にもなれる―  
再び人類の未来を託されたマジンガーZと人々の激闘を描く、壮大なアクション巨編!

声優:森久保祥太郎 茅野愛衣  上坂すみれ 関俊彦 小清水亜美 花江夏樹 高木渉 山口勝平 菊池正美 森田順平 島田敏 塩屋浩三 田所あずさ 伊藤美来 石塚運昇 藤原啓治 石塚運昇 石丸博也 松島みのり /おかずクラブ(オカリナ・ゆいP)/ 宮迫博之

原作:永井豪  
監督:志水淳児 脚本:小沢高広(うめ)  
メカニックデザイン:柳瀬敬之  
キャラクターデザイン:飯島弘也  
美術監督:氏家誠(GREEN)  
助監督:なかの★陽 
音楽:渡辺俊幸  
オープニングテーマ:水木一郎  
制作:東映アニメーション  
配給:東映

公式サイト 
mazinger-z.jp

©永井豪/ダイナミック企画・MZ製作委員会



PAGETOP