超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

超!アニメディア

  • RSS
  • twitter

MENU

ニュース

【レポート】6つ子たちが再び集結! 舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』公開記者会見

2017/12/4


 本日12月4日(月)に舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』の公開記者会見が行われ、6つ子役、6 つ子のイケメン ver.である F6 役を務めるメインキャスト 12 名が登壇した。超!アニメディアでは本イベントの様子をレポートする。

 記者会見は、6つ子役のキャストたちと6 つ子のイケメン ver.である F6役のキャストたちでの2バージョン行われた。最初の6つ子役の記者会見には、高崎翔太(おそ松役)、柏木佑介(カラ松役)、植田圭輔(チョロ松役)、北村 諒 (一松役)、小澤 廉(十四松役)、赤澤遼太郎(トド松役)が登場。新衣装となるラグランパーカーに身を包んで登場した6人は、「かわいい」「ちょっと薄手だから(舞台は動いて暑くなるので)涼しくていいかも」など、着た感想を口々に述べた。今回の舞台に向けての意気込みについては、赤澤は「わりと体格がいい方なので、肩幅を削ぎ落とそうと思って頑張りました!」とストイックに役作りに取り組んだことを明かし、小澤は「舞台で僕は口を開けっぱなしで口が渇くので、第2弾が決まったときは加湿器を買おうと思いました」とノドのケアについて触れた。続く北村は「お尻のケアをしなきゃなと思いました」と話し、植田は「場の規律をしっかりと正す役目をできれば」とまとめ役を買って出た。すると小澤が「植ちゃんがいないときの俺らひどいもんね(笑)」と明かすと他の4人も同調し、会場は笑いに包まれた。また、柏木は「パワーアップした衣装が楽しみ」と話し、高崎は「会場のキャパが前回の2倍でお客さんの笑顔も2倍見られる!」と、前作よりもさらに気合いの入った公演になることを示唆した。

 「おそ松さん」という作品だからこそ、今回の舞台を通してやってみたいことについて司会者から聞かれると、高崎は「じょし松さんとか、TVアニメの二期でやっていたげんし松をやってみたら面白いんじゃないかと思います」と言うと、「げんし松さんほとんどしゃべらないけどね(笑)」とすかさず他のメンバーから指摘されるひと幕も。他には「すごい太ったときの回」(柏木)、「カラ松のサマー仮面」(植田)が挙がり、続く北村が「全裸で舞台の上手から下手まで走り抜けたい」と話すとすかさず他のメンバーからツッコまれていた。また、赤澤は「F6みたいなカッコイイ系のダンスをこの6人でやりたい」と話し、実は高崎が舞台裏でF6のダンスを踊っていることを暴露した。

高崎翔太(おそ松役)

柏木佑介(カラ松役)

植田圭輔(チョロ松役)

北村 諒 (一松役)

小澤 廉(十四松役)

赤澤遼太郎(トド松役)

 そんな憧れの(?)「F6にお願いしたいことは?」という質問に高崎は、この6人の中で一番自分が年上なこともあってみんなで食事に行くと、必然的に奢ることになるパターンが多いそうで、「F6には俺より年上の人もいるので、ご飯のときに保護者としてついてきてほしい」と切実に訴え、6つ子キャストによる会見は終了した。

 続く6 つ子のイケメン ver.である F6 たちによる会見は、井澤勇貴(F6 おそ松役)、和田雅成 (F6 カラ松役)、小野健斗(F6 チョロ松役)、安里勇哉(F6 一松役)、和合真一(F6 十四松役)、 中山優貴(F6 トド松役)によるライブからスタート。「Forever 6ock You」を激しいダンスとともに披露し、会場を魅了した。

 今回の舞台でやってみたいことを聞かれると、中山は「第一作目はダンスも歌もお芝居もたくさんやらせていただいたんですけど、今回の第二作目は、さらにパワーアップして来てくれた皆さんを魅了したいと思います」と気合い十分な様子で語った。それに続いて和合も元気よく意気込みを語ろうとするもF6を「エフヒックス」と噛んでしまい、他のメンバーたちから総ツッコミを受ける羽目に。気を取り直して「F6の魅力というのはどんなところでも皆を楽しませるところだと思うので、誰も想像できないところでパフォーマンスをしてみたいなと思います」と語った。今回の舞台上演決定にともない、プロデューサーに一番最初に銭湯のシーンがあるかどうかを聞いたという安里は「まだ教えてくれなかったので、どうなるか楽しみです」と語った。そのほか小野は「6つ子の中にまざってみたい」、和田は「ティッシュを配りたい」と話し、井澤は「6つ子みたいに普通の服を来て、普通の会話をしたい」というイケメンすぎるF6ならではの(?)願望を明かした。

 また、「6つ子にお願いしたいことは?」という質問には井澤は「僕たちがリハーサルで踊っているのを6つ子たちは見ていて覚えていると思うので、あの6人が踊っているところを見たい」と話した。さらに6つ子キャストで見てみたいところとして「銭湯のシーン」が挙がると、井澤が「俺たちはどっちかっていうと海ってイメージだからね」とイケメンぶり(?)をアピールした。

井澤勇貴(F6 おそ松役)

和田雅成 (F6 カラ松役)

小野健斗(F6 チョロ松役)

安里勇哉(F6 一松役)

和合真一(F6 十四松役)

中山優貴(F6 トド松役)

 その後、6つ子のキャストたちも合流し、ここで本作に関する新情報が発表となり、TVアニメ「おそ松さん」のキャラクターデザインを担当する浅野直之氏が本舞台のために描きおろしたイラストと、3月11日(日)の東京公演千秋楽のライブビューイングが決定したことが明かされた。

 そして、マスコミ、来場者からの質疑応答の時間に。セッティング中、高崎が「6つ子の子守り唄を歌います!」と待っているお客さんたちに対して生歌を聴かせるサービスも。しかし、実際に歌わされたのは柏木と和田のカラ松コンビ。恥ずかしながらも歌いきる姿に会場からは拍手が起こっていた。

 準備が終わり、「個人的に歌ってみたい曲」を質問されたF6は、「お客さんとコール&レスポンスができる盛り上がれる曲」(中山)、「バンド形式でロック」(和合)、「アカペラでハモりたい」(安里)、「R&B」(小野)、「バラード」(和田)、「バチバチに踊りたい。オシャレでかっこいい振りの中にみんなで踊れるような振りも入れたい」(井澤)と思い思いの回答をしていた。「第1弾の時から成長したと思うこと」について聞かれた6つ子は、小澤が「バッティングフォーム!」とフォーム付きで答えたほか、北村が「健康的な生活をするようになったので、ボディは成長していると思います」と回答。柏木は、前回の舞台のときは赤澤が未成年だったが、今回の舞台では成人しており、「みんなでお酒を飲めるのがうれしい」と話すと、「お酒だけのつながりってどうなの?」と高崎からのキビシイ(?)一言が。タジタジになりつつも「仲良く頑張ろうと思います!(笑)」と続けた。このほか、「ニートになったら何がしたい?」という質問には、赤澤が「ひたすら引きこもりたい」と話すと、「それがニート!」と他のメンバーからすかさずツッコまれ、「おいしいものを食べたい!」に変更。高崎は「ボランティアですかね」とキリっとした表情でカッコつけて話すと、こちらも全員からツッコまれていた。F6の方は和田が「旅行に行きたい!」と話したほか、井澤が「YouTuberになって『踊ってみた』とかやってみたい」と話すと「それなら今からもでやれるんじゃない?」と言われ、「じゃあ…事務所に聞いてやってみようかな(笑)」と思わぬ副業宣言(?)が飛び出した。

 その後、フォトセッションのセッティングの間、まだ話し足りないといった様子の6つ子たち。高崎は楽屋でも久々の再会だったこともあり、みんなでずっとしゃべっていたことを明かし、6つ子キャストでスーツを着て、フレンチを食べに行く約束までしたエピソードを披露した。

 フォトセッション後、最後に今日の感想を求められ、植田が「楽しかった人ー?」と聞くと、キャスト全員が挙手。その後、舞台袖からケーキを持った高崎が登場し、本日30歳の誕生日の安里へのバースデーサプライズが行われることに。ケーキのロウソクを吹き消した安里は「30歳になって1発目の舞台が本作なので、6つ子とF6がひとつになって、最高の舞台にできればと思います。楽しみにしていてください!」と力強く語った。最後に高崎が「こんなゆかいなメンバーでやれることがうれしいです。全力で笑って最後は泣けるような舞台を目指してやっていけたらと思います。僕達も全力で楽しみますので、お客様が笑顔になるような舞台にしたいです!」と挨拶し、笑顔とお祝いムードに包まれる中、イベントは終了した。

<舞台『おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME 2~』情報> 
2018年2月23日(金)~26日(月)梅田芸術劇場 メインホール
2018年3月1日(木)~11日(日)TOKYO DOME CITY HALL にて上演

東京公演千秋楽のライブビューイングが決定!
2018年3月11日(日)16:55上映開始
チケット料金:3,800円(税込/全席指定)
チケット受付方法:
<公式HP先行一次受付>
URL: http://osomatsusan-stage.com/
エントリー期間:12月4日(月)17:30~12/17(日)23:59

オフィシャルHP 
 http://osomatsusan-stage.com/

オフィシャルTwitter
@osomatsu_stage

©赤塚不二夫/「おそ松さん」on STAGE製作委員会2017

 



PAGETOP